業務用高速連帳プリンター「Océ ColorStream 3000 Z」シリーズ発表会(2013年10月)

2011.12昭和情報機器がグループ入り。商業印刷事業を強化

2010年代は「キヤノン成長領域」である商業印刷事業の一層の強化に向け、さまざまな施策を実施した。
2011年12月、昭和情報機器をグループに迎え入れた。同社とは、2010年よりオセ製業務用プリンターの販売で提携を開始し、以来、オセ幕張ショールームでのサポートなどでも、相互の連携を強めてきた。そして、今後の商業印刷市場で競争力強化と持続的成長を遂げるためには、さらに強固な協業体制の早期構築が有益との判断で一致したことから、グループ入りに至った。
2014年4月にはグループ内の商業印刷関連3社を統合し、キヤノンプロダクションプリンティングシステムズを設立。2017年4月には商業印刷で長い歴史を持つ株式会社石田大成社との間で合弁会社コマーシャルプリンティングラボ株式会社を設立。同月には商業印刷機の体験施設「Customer Experience Center Tokyo」をキヤノン下丸子本社敷地内にオープンするなど、矢継ぎ早に事業基盤の整備を進めた。