キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

メッセージ

いつでもそばにいて、
いちばん頼りになる存在をめざして。

  • キヤノンマーケティングジャパン株式会社 代表取締役会長 村瀬治男
  • キヤノンマーケティングジャパン株式会社 代表取締役社長 坂田正弘

2016年は、個人消費や設備投資の回復の遅れなどにより、景気は停滞基調で推移しました。
そのような経済環境のもと、私たちは2020年までの5か年計画である「長期経営構想フェーズIII」を策定し、「先進的な“イメージング&IT”ソリューションにより社会課題の解決に貢献する」というミッションのもと、新たなスタートを切りました。キヤノンの強みであるイメージング技術とITを組み合わせたソリューションを展開することで、グループの総合力を発揮したビジネスを行っています。

そして2017年、私たちキヤノンマーケティングジャパングループは、2020年のあるべき姿に向けた変革を加速させていきます。業種業態に即したお客さま中心の組織体制へのシフトを進め、ネットワークカメラや商業印刷などの成長領域の事業拡大と全事業領域におけるITを基軸としたソリューションを強化します。さらにオフィス向け複合機などの主要製品事業のシェアアップを図り、長期経営構想フェーズIIIの実現に弾みをつけてまいります。

こうした活動のベースとなるのは、私たちの不変の行動指針である「顧客主語」です。
常にお客さまの立場で課題を考えて行動し、最良のソリューションを提供する―これを社員一人ひとりが徹底し実践していきます。社会環境が大きく変化する中、これまで以上に社会課題の解決に貢献するために、私たちはお客さまを深く理解し、お客さまとともに発展する企業グループを目指してまいります。