キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動国連グローバル・コンパクト対照表

国連グローバル・コンパクトの10原則 掲載箇所
人権 原則1 企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。 CSR活動方針と推進体制
従業員との関わり | 人権と多様性の尊重
原則2 人権侵害に加担しない。 CSR活動方針と推進体制
ビジネスパートナーとの関わり | 調達活動
従業員との関わり | 人権と多様性の尊重
労働 原則3 組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。 従業員との関わり | 仕事のやりがい向上
原則4 あらゆる形態の強制労働を排除する。 ビジネスパートナーとの関わり | 調達活動
従業員との関わり | 人権と多様性の尊重
原則5 児童労働を実効的に廃止する。 ビジネスパートナーとの関わり | 調達活動
従業員との関わり | 人権と多様性の尊重
原則6 雇用と職業に関する差別を撤廃する。 ビジネスパートナーとの関わり | 調達活動
従業員との関わり | 人権と多様性の尊重
環境 原則7 環境問題の予防的なアプローチを支持する。 CSR活動方針と推進体制
CSR行動計画
環境ビジョン「未来の森」2020
環境マネジメント
キヤノンマーケティングジャパングループ環境方針
ビジネスパートナーとの関わり | 調達活動
原則8 環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。 CSR活動方針と推進体制
CSR行動計画
環境ビジョン「未来の森」2020
キヤノンマーケティングジャパングループ環境方針
未来につなぐふるさとプロジェクト | プロジェクトについて
原則9 環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。 事業所での取り組み
CO2削減活動
認定・表彰事業所
物流での取り組み
環境配慮製品・サービスの提供
製品の使い方提案
製品の回収・リサイクル活動
腐敗防止 原則10 強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。 コーポレート・ガバナンス
コンプライアンス
ビジネスパートナーとの関わり | 調達活動
このページのトップへ