キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動報告方針

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)は、ウェブサイトとPDFそれぞれのツール特性を考慮した上で最適な報告方針を定め、より伝わりやすいCSR報告を目指しています。

報告方針

キヤノンMJグループでは、2007年からCSR報告書(冊子およびPDF)を発行し、ステークホルダーの皆さまへの情報開示を進めてきました。2010年より、環境に配慮し、冊子(紙媒体)としての発行からウェブサイトでの報告に切り替えました。

報告事項についての考え方

報告事項についての考え方

ステークホルダーの皆さまから寄せられるご意見や国連グローバル・コンパクト、ISO26000、日本経団連の企業行動憲章を参考として、ステークホルダーの皆さまとキヤノンMJグループの双方にとって重要度の高い情報を掲載しています。

ウェブサイト・PDF(ダイジェスト版)における報告範囲

ウェブサイトでは、幅広いステークホルダーの皆さまからの開示期待に応えるために情報の網羅性と更新性の側面を重視し、またPDF(ダイジェスト版)では当社グループのCSR活動の全体像をわかりやすくお伝えするために、より重要な取り組みや特長的な取り組みを中心に編集しています。
2015年度より、事業を通じた社会課題を解決する取り組みや商品・サービスなどをタイムリーに発信する、CSR情報ポータルサイト「Business with CSR PORTAL(BwC)」を開設しました。

「CSRサイト」トップページ

PDF(CSR報告書ダイジェスト版)表紙

「BwC」トップページ

Business with CSR PORTAL(BwC)は、こちらのページへBusiness with CSR PORTALのページへ
経済面での報告は、こちらのページへ会社情報のページへ
環境面・社会面での報告は、本報告書へCSR活動のページへ

報告対象期間

2016年1月~12月を基本とし、ウェブサイトでは、それ以降の情報に関してもステークホルダーの皆さまにとって重要と判断した情報については、適宜更新していきます。

前回の報告

2016年6月

報告サイクル

毎年1回

報告対象会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社およびキヤノンマーケティングジャパングループ会社

グループ会社については、こちらのページへグループ会社一覧のページへ

本報告書にはGRIサステナビリティ・レポーティング・ガイドラインによる標準開示項目の情報が掲載されています。

情報開示における工夫

このページのトップへ