情報セキュリティー安心・安全お客さま満足度の向上商品・サービス

IT管理者不在の中小企業の情報セキュリティー課題解決を支援

SNSサービスでこのページを共有する

キヤノンシステムアンドサポート株式会社(以下、キヤノンS&S)は、情報セキュリティーの脅威が増す中、危機管理対策に課題を抱えている中小企業のお客さまに対し、安心・安全な情報システム環境の構築を総合的に支援しています。

高度化する情報セキュリティーの脅威からビジネスを守るソリューションサービス

近年、オンラインバンキングからの不正送金、フィッシング詐欺、標的型攻撃、情報漏洩といった情報セキュリティーのリスクが高まっており、その脅威は日々多面的に拡大、高度化しています。しかも、被害や攻撃を受けているのは大企業に限らず、中小企業も例外ではありません。資金や情報資産といった大切な経営資源を守るためには、高度な情報セキュリティー対策の必要性に迫られています。キヤノンS&Sでは、専任のIT管理者が不在の中小企業のお客さまが抱えている経営課題に対して、企業ネットワーク全体を保護する情報セキュリティーシステムの導入から運用までを、切れ目なく、総合的にサポートするソリューションサービスを通じて解決を支援しています。

UTM(統合脅威管理)を基軸に、安心・安全な環境構築をバックアップ

キヤノンS&Sが展開する中小企業向け情報セキュリティー・ソリューションサービスは、従来のウイルスやスパイウェアを駆除する対策ソフトに加えて、複数のセキュリティー機能を統合したUTM(統合脅威管理)の「FortiGate」を基軸に、導入時のコンサルティング、設置・設定サポート、ヘルプデスクなど、高度な情報セキュリティー環境を維持するために必要なソリューションを一貫して提供しています。

豊富な経験を活かし、事業規模・内容に適した課題解決を実現

ロゴ

写真

キヤノンS&Sでは、2005年より情報セキュリティ-・ソリューションサービスを提供しており、FortiGateの累計販売台数は、2016年2月時点で42,000台を超えています。中小企業と一口に言っても、事業規模、内容はさまざまで多岐にわたっていることから、これまでの豊富な経験と実績を活かし、情報セキュリティー環境の設計・構築はカスタマイズして提案するなど、お客さまにとって最適な情報セキュリティー対策の実現をサポートしています。こうした実績が認められて、キヤノンS&Sは、2014年にFortiGateを開発したFortinet社よりゴールドパートナーとして認定されています。今後も、開発メーカーとの協力体制と当社グループの専門知識・ノウハウを活かし、安心・安全なネットワークシステムの構築を通じて、中小企業のお客さまの課題解決とビジネスの成長を支援していきます。

お客さまの声:株式会社真永通商・株式会社ジィトップ ゆうゆう倶楽部様

写真
代表取締役 千葉 専司様
写真
経営管理部部長 今村 ルミ子様

当社は、介護付き有料老人ホームや訪問介護など、高齢者介護事業を展開し、現在、事業拠点は20カ所、約170名の介護職員で運営しています。私たちの事業では、職員の個人情報や事業に関する機密情報だけでなく、利用者様の身体状況や利用者様のご家族の個人情報など、万が一外部に漏えいしたら、多大なご迷惑をおかけしてしまうだけでなく、当社の信用を失ってしまうセンシティブな情報も取り扱っています。しかもマイナンバー制度も始まり、情報の安全管理にいっそう厳格に取り組まなくてはなりません。そのような中で、キヤノンS&Sさんのセキュリティーサービスを導入しました。
それまでは、情報を一元管理している本部のサーバーへのセキュリティー対策は行っていましたが、各拠点とはインターネットを通じて情報をやりとりすることが多いため不安がありました。今回、キヤノンS&Sさんにお願いしたことで、情報を管理する機器類の保守管理も含めて、万全なセキュリティー対策が整い、不安が解消されました。(今村部長)

情報セキュリティーを強化するというのは、外部に漏れないように安全管理するだけではなく、情報を積極的に活用していくという面でも非常に重要なことだと捉えています。特に当社は、利用者様の介護度が軽くなることを目指してケアに取り組んでいます。一般的には介護度が高いほうが経営面へのメリットが高いと考えられていますが、当社は違います。どんなケアをしたら介護度が下がり、長く、健康で暮らしていただけるかを追求していますので、その成功事例と介護ケアの知見を全職員で共有して、日々の業務に活かしています。介護度が改善した方の情報には、これまでの生い立ち、病歴を含めた人生の情報が含まれ、それを社内のイントラネットで共有していますから、活用していく上でセキュリティー対策は必須であるわけです。しかも、介護というのは、早番・日勤・遅番・宿直という勤務シフトを組み、複数のスタッフで一人の利用者様の24時間365日の生活のお世話をするわけです。拠点ごと、スタッフごとにバラつきのない、均質なサービスをご利用者様に提供できる組織とするには、情報共有のための環境整備は欠かせません。その意味では、セキュリティーの強化によって、キヤノンS&Sさんにはいろんな角度から当社の事業の発展に貢献してくれていると感じています。
当社の介護職員は、他社に比べて非常に定着率が高いのですが、つまるところ、利用者やそのご家族に満足していただけるということは、従業員の満足にもつながっているのだと思います。その意味では、サービスの均質化だけでなく、サービスを向上させていくという面でもキヤノンS&Sさんには期待しています。キヤノンさんはモノづくりをはじめ、グループでいろんな会社があるのですから、ご利用者やご家族だけでなく、介護サービスの利用を検討中の方々も含めてニーズを先取りし、素早く提供できるような提案をしてほしいですね。セキュリティーサービスについて、非常にスピーディーなレスポンスで対応してもらったので、今後も大いに期待しています。(千葉代表取締役)

Business with CSR PORTALトップへ

このページのトップへ