情報セキュリティー安心・安全取り組み事例

「第14回情報セキュリティEXPO春」に出展

SNSサービスでこのページを共有する

写真
ミニセミナーの様子
写真
会場ブースの様子
写真
会場ブースの様子

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下キヤノンMJグループ)は、2017年5月に東京ビッグサイトにて行われた、情報セキュリティー対策のあらゆる製品が一堂に集まる専門展「第14回情報セキュリティEXPO春」に出展しました。

会場ブースでは、ウイルス対策ソフト「ESET」や総合情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」、中小オフィス向けIT支援サービス「HOME(ホーム)」など、さまざまな製品・ソリューションを展示するとともに、多数のミニセミナーを開催しました。
その中でも、「今すぐ取り組むべきサイバー犯罪者を妨害する10の方法」や「事例で紹介するランサムウェア対策・標的型攻撃対策のすすめ」など、最新情報に基づいた対策方法に関するセミナーが注目を集め、社会の関心の高さがうかがえました。

現代社会においては、情報通信技術の発展が大きな恩恵をもたらす一方で、情報セキュリティー上のリスクは拡大しています。キヤノンMJグループは、それらのリスクをお客さまごとに把握し、多様なソリューションの提供によってトータルで解決することで、安心安全なIT環境の構築に貢献していきます。

また、今後もステークホルダーの皆さまとのかかわりを重視し、イベントやセミナーなどさまざまな機会を通じて、最新の脅威や、それらへの対策など、社会に役立つ情報を提供してまいります。 

Business with CSR PORTALトップへ

このページのトップへ