働きがいステークホルダーとの関わり取り組み事例

働き方改革を支援するテレワークセミナーを開催

SNSサービスでこのページを共有する

写真
セミナーの様子

生産性の向上や多様な人材の活躍を目的とした働き方改革が注目されている中、改革の施策の一つとなるテレワーク制度についても、社会の関心が高まっており、政府は2017年から2020年までの毎年7月24日を「テレワーク・デイ」と発表するなど、本格的に取り組み始めています。

このような状況を受け、キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)では、2017年6月15日、テレワーク制度の本格導入を検討されている企業のご担当者を対象としたセミナー「テレワークを加速させるために!~日本テレワーク協会・テレワーク推進賞受賞のJALの取り組みとは~」を開催しました。
講演は三部構成で行われ、第一部ではテレワークを広く社会に普及・啓発することを目的に活動されている日本テレワーク協会に、働き方改革の必要性やテレワークがもたらす効果、テレワーク導入にあたって必要なプロセスや要素などについて、お話しいただきました。
第二部は日本テレワーク協会が実施している「第17回テレワーク推進賞」で、最も優れた取り組み企業に与えられる会長賞を受賞した日本航空株式会社により、ワークスタイル変革の概要とこれからの取り組みについてお話をしていただきました。

講演概要

講演講師
≪基調講演≫テレワークの今/企業における導入方法 一般社団法人 日本テレワーク協会 事務局長 富樫美加 様
多様な人財の活躍推進とワークスタイル変革 日本航空株式会社 執行役員 人財本部
人事教育担当(兼)人事部長 植田英嗣 様

第三部では、キヤノンITSが提供している、顔認証技術でテレワークを支援する「テレワークサポーター」について、キヤノンITSの担当者がデモンストレーションを交えながらご紹介しました。

当日は150名を超える方にご来場いただき、テレワークに対する社会の関心の高さを知る機会ともなりました。

キヤノンマーケティングジャパンは、今後もステークホルダーの皆さまとのかかわりを重視しながら、さまざまなサービスやソリューション提供を通じて、働き方改革の支援をしてまいります。

  • ※ テレワーク月間ウェブサイトより

Business with CSR PORTALトップへ

このページのトップへ