キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動 CSRマネジメントCSR活動方針と推進体制

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)では、CSR委員会が中心となってCSR活動の諸施策を定め、キヤノンMJ各部門・グループ各社が組織的に実行できる体制を整備しています。

CSR活動方針

キヤノンMJグループでは、「共生」の理念のもと、ステークホルダーの要請・期待に応え、明確な方向性を持ってCSR活動を推進するために、「キヤノンMJグループCSR活動方針」を制定しています。

キヤノンマーケティングジャパングループCSR活動方針

キヤノンマーケティングジャパングループは、持続可能な発展に向け、企業としての使命を果たしていくために、以下の方針に基づいた活動を行います。

方針

  • 安心安全で豊かな社会づくりに貢献します。
  • 事業活動すべてにおいて、信頼される品質を提供します。
  • よりよい社会の構築を担える人づくりに貢献します。
  • ステークホルダーとの対話を重視し、公正で誠実な事業活動を行います。
  • 健康で安全に働ける職場環境づくりを推進します。
  • 環境や生物多様性の保全に貢献します。
  • 人権を尊重します。

制定日:2009年8月1日
改訂日:2014年1月1日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
代表取締役社長
社長執行役員

坂田正弘

CSR推進体制

キヤノンMJは、CSRに関する方針や規定、施策を審議するなど、グループのガバナンスを強化するとともに、広範囲にわたるCSR活動を推進していくために、「CSR委員会」を設置しています。
また、委員会で決定した諸施策は、キヤノンMJ各部門・グループ各社のCSR推進担当者を構成メンバーとする「CSR推進部会」を通じて、それぞれの組織で推進されています。

CSR推進体制図(2015年4月現在)

キヤノンMJ CSR委員会 構成メンバー

委員長
社長
副委員長
社長が指名
委員
全取締役
社長が指名するグループ会社社長
社長が指名する者
オブザーバー
全監査役
グループ総合監査室長
アドバイザー
当社顧問弁護士

キヤノンMJグループのステークホルダー

キヤノンMJグループは、さまざまなステークホルダーとの相互理解を深めるとともにその要請や期待を事業活動・CSR活動の意思決定に活かしていくために、継続的なコミュニケーションの強化に取り組んでいます。

ステークホルダーとの関わりのページへ
このページのトップへ