キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動 Business with CSRAED・地域あんしん基金のご案内~100メートルに1台のAEDを目指して~

現在、AEDの設置は行政によって進められていますが、数が圧倒的に不足しています。
本基金は、AEDで助かる命を救うために、災害時などに避難所となることが想定される地域の公共施設や福祉施設にAEDを複数設置することを進めています。地域貢献を考える企業のご参加、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

「AED・地域あんしん基金」~お客さまの声:株式会社ジャスト様~

左:株式会社ジャスト 加須支店
支店長 増田佳則 様
中:株式会社ジャスト
代表取締役社長 本多均 様
右:公益社団法人 パブリックリソース財団
専務理事・事務局長 岸本幸子 様

株式会社ジャストでは、企業と社員が共に会社を創り上げていく「共創」を企業理念に掲げ、共創実現のために欠かせない「CS(顧客満足)」「ES(社員満足)」「社会貢献」に取り組んでいます。
このたび株式会社ジャスト加須支店は、「AED・地域あんしん基金」を管理しているパブリックリソース財団の協力を得て、この「社会貢献」の一環として、NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークが運営している「まちづくりミュージアム」にAEDを寄贈することにしました。
この「まちづくりミュージアム」は、行田市内を観光する皆さまに市内の見所や飲食店のマップを配布する案内所にもなっており、年間約5000人のご来場者があります。また、特定日を除いて毎日オープンしており、AEDの設置に向いているということで、寄贈先に決定しました。

左:NPO法人 ぎょうだ足袋蔵ネットワーク
代表理事 朽木宏 様
右:公益社団法人 パブリックリソース財団
専務理事・事務局長 岸本幸子 様

さらに今回のAED寄贈に伴い、有事の際にAEDを実際にご使用いただけるよう、まちづくりミュージアムで働く皆さまを対象に、キヤノンMJによる心肺蘇生法講習も行いました。
講習会の受講者からは、「勇気を出して行動することの大切さがわかった」「胸骨圧迫を実際に行ってみて、思っていたより大変なことが判った」などご感想をいただきました。
株式会社ジャストは、営業活動をしている地域に貢献したいと考えておりますが、今までは寄贈先の調査も大変でしたし、寄贈先も自由に決めることが出来ませんでした。今後パブリックリソース財団には、特定の地域に貢献したい企業のためにも、受け入れを表明している施設やNPO法人についてリスト化など視覚化されることを望みます。

AED・地域あんしん基金の概要

名称
「AED・地域あんしん基金」
管理団体
公益財団法人パブリックリソース財団
寄付の方法
  1. スタンダードタイプ
    50万円貯まったら1台寄贈(御社の名前がシールに入ります)
  2. オリジナルタイプ
    基金名が御社の名前になる(年2台、5年連続以上寄贈していただける場合)
  • 寄贈額の一部を寄付し、他の企業や個人の方と共同で寄贈する「支えあいタイプ」もございます。
支援方法
下記をご確認ください。
その他詳細はパブリックリソース財団へお問い合わせください。

AED・地域あんしん基金のしくみ

基金の趣旨にご賛同いただいた場合、パブリックリソース財団に寄付のお申し込みをしていただきます。寄付の形態は一括または積立のいずれかを選択することができます。スタンダードタイプ、オリジナルタイプの場合は、企業単位で寄付金を管理し、一定金額以上貯まると四半期ごとにAEDを地域の公共施設に寄贈します。

寄付からAED設置までの流れ

CSR上のメリット

寄付者のお名前の入ったステッカーを作り、AEDの近くに貼ります

  • 会社や店舗の近くの地域の施設に社名(店名)入りのAEDを寄付することで、顔が見える地域貢献が可能となります。
  • AEDが1台寄贈されるごとに感謝状をお贈りし、御社名を「AED・地域あんしん基金」のホームページに記載し、バナーを掲出します。第三者のホームページに掲載されることで、透明性の高い社会貢献が可能となります。
  • AEDの設置用のシールには御社の社名が入ります。
  • 店先、もしくは設置(寄贈)先でAEDの活用デモンストレーションの実施、講習会の開催など、地域に対して、貢献をPRすることが可能となります。
  • 台数と期間に応じて、御社に冠した基金を作ることが可能になります。
  • 一般寄付金の損金算入限度額とは別に特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認めらます。

寄贈AEDについて

寄贈後の追加負担が少ない「安心パック」つきモデル

AEDは定期的な消耗品の交換などのメンテナンスが必要です。当基金が寄贈するAEDは消耗品の使用期限が切れる前にお届けするサービスを標準でご提供します。さらに救命活動で使用した際のパッド補充も行います。

パワーハート G3 HDF-3000

AED本体

小児パッド1組

一般的名称:非医療従事者向け自動除細動器
販売名:パワーハートG3 HDF-3000
医療機器承認番号:22300BZI00017000
高度管理医療機器、特定保守管理医療機器

寄贈先の設置場所に応じた収納ケース

設置場所に応じて収納ケースは異なります。収納ケースは、3つのタイプがあります。

設置・取付から講習までフォローする体制

設置先に合わせて収納ケース・スタンドの取付けおよびAEDの設定・設置や、講習インストラクターの無償派遣による心肺蘇生法の講習をキヤノンMJが実施します。

このページのトップへ