キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動 ビジネスパートナーとの関わり調達活動

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)は、次のとおり調達業務の基本方針を定め、調達活動を実施しています。

キヤノンMJグループ「調達基本方針」

  1. 円滑かつ競争力のある事業活動の推進を目的として、安全性と品質を追求し、顧客の要望に応じた適正な価格の製品・サービスの安定的な調達に努めます。
  2. 地球環境保全活動を目的として、より環境負荷の低減に配慮した製品・サービスを優先的に調達する「グリーン調達」を実践します。
  3. 法令および社会規範に則り、公平な取引機会の提供と公正な評価に基づいた調達を推進します。
  4. 持続可能な社会形成実現に向け、お取引先との相互理解を深め、CSR調達活動を遂行します。

キヤノンMJグループでは、持続可能な社会形成実現に向け、サプライチェーンを通じてCSR調達活動に取り組むことが重要と考えています。
当社グループの考え方の指針となる調達基本方針に基づき、環境保全、安心安全な社会づくり、職場の安全衛生、人権尊重などの社会的責任を果たすことにより、社会の生産性向上や人々の豊かな暮らしの実現を目指します。
また、調達部門を対象に調達基本方針の理解と徹底のため定期的な学習会を実施し、基本方針に基づいたCSR調達の推進に努めています。

お取引先へのお願い

キヤノンMJグループでは、サプライチェーンを通じてCSR調達活動を推進することにより、社会の生産性向上や人々の豊かな暮らしの実現を目指します。お取引先の皆さまには以下の項目への取り組みをお願い申し上げます。

  1. 社会の生産性向上と、人の暮らしを豊かにする価値の提供
    • サプライチェーンにおけるコストの最適化に常に取り組み、市場において優位性のある価格での製品やサービスの提供を実現する。
    • 品質の維持・向上に努め、納期を守り、安全・確実に供給できる体制の構築に努める。
  2. 地球温暖化対策、環境保全への取り組み
    • キヤノングリーン調達基準書を遵守し、製品に含有する有害化学物質の排除に努める。
    • 環境保全に配慮した生産・供給体制の構築に努める。
    • 環境負荷の少ない商品の開発や優先購入を推進する。
  3. 安心安全な社会づくり
    • 自由な競争を尊重し、公正で透明度の高い取引を行う。
    • 反社会的な個人・団体との取引は行わない。
    • お客さまに対して事業活動や品質、製品の安全に関わる情報を適切に開示する。
    • 製品安全に関連する法令に従い、製品の安全性を確保する。
    • 取引を通じて知り得た個人情報・機密情報を厳密に管理する。
    • 外部からの不正アクセスを防止し、コンピューターおよびネットワーク上の脅威に防衛策を講じる。
    • 独占禁止法、下請法、外為法や労働関連法規、環境関連法規などの事業活動に適用される法令などを遵守する。
    • 著作権、特許権などの知的財産権を尊重し、侵害しない。
  4. 職場における安全衛生
    • 従業員が安心して働ける安全で清潔な職場環境を提供する。
    • 労働災害および労働疾病への適切な措置を講じるとともに防止策を設ける。
  5. 人権の尊重
    • 基本的人権を尊重し、不当な差別や各種ハラスメントを行わない。
    • あらゆる形態の強制労働、および児童労働を排除する。

主なCSR調達活動

グリーン調達の推進

キヤノンMJグループでは、キヤノングループで定めた「キヤノングリーン調達基準書」に基づいた有害化学物質の廃絶活動を行っています。
お取引先に対して製品化学物質管理体制に関する定期的な自己チェックをお願いし、製品化学物質管理体制が維持されていることを確認するとともに、生産委託品の原材料や部品・副資材に至る環境影響物質を調査し、適切に管理しています。
また、キヤノンMJグループの調達部門を対象にした学習会の実施や社内イントラネットを通じた注意喚起により、「キヤノングリーン調達基準書」の理解と徹底に努めています。

紛争鉱物問題への取り組み

キヤノンMJグループでは、キヤノングループの一員として紛争鉱物問題に取り組んでいます。
お客さまが安心してキヤノン製品をお使いいただけるよう、製品に使用される鉱物の来歴の確認と紛争鉱物の不使用に向けた取り組みへの協力を要請しています。

調達コンプライアンスの徹底

キヤノンMJグループでは、取引の適正化・公正化への取り組みとして行動指針や調達関連法令・法規の教育を実施しています。
特に下請法については、定期的な連絡会やイントラネットを利用した情報発信、注意喚起を行うなどして「親事業者の義務と禁止事項」の理解と徹底に努めています。

このページのトップへ