DreamLabo 5000を導入された理由は?

当社のフォトブック事業、そしてフォトブックの市場を広げたいと考えたとき、DreamLabo 5000が一番適していたからです。CMYKでなくRGBデータのまま出せるというのもフォトブックには向いていました。これまではRGBで作られたデータをCMYKに変換してもらうことが多かったのですが、DreamLabo 5000になればそういうことはなくなり、「モニタで見た色と同じ色が再現できますよ」と言えるようになりますし、モニタの写真がそのまま出てくるということは、ユーザーのイメージ通りのものが届くということにもなります。

アートブック作成サービス
「TrueART」
TrueArtで出力されたの作品 (c)redjuice, MikaPikazo
TrueArtで出力された作品 (c)MikaPikazo

DreamLabo 5000がほかのデジタル印刷機と比べてすぐれていると感じる点はどこですか?

これまでの印刷方式に比べて、全体的なクオリティが非常に高いのですが、特に黒やグレーの発色がすばらしいですね。黒はCMYKベースのデジタル印刷機よりも深みがありますし、グレーも非常にニュートラルです。色の転びや不安定さがないので、部数の多い出力や、追加注文による再印刷でも、安定した色を出すことができます。単純な印刷スピードではほかに速いデジタル印刷機もあります。しかし、フロー全体を見たとき、トータルではDreamLabo 5000のほうがメリットは大きいと考えています。