DreamLabo 5000を導入されたのはなにかきっかけがあったのでしょうか。

大きなきっかけになったのはファインアートタイプの写真集を見たとき、「すごいな、こういうものを作りたいな」と思えたことですね。最初の頃に感じていた“いかにもデジタル”というような違和感もありませんでした。用紙を使い分けることで、これまでの銀塩プリントと同じようにも使えますし、ファインアートタイプのような風合いのある紙を使うことで銀塩プリントとは違った、新しい表現もできる。銀塩プリンターの代わりに導入するメリットは十分にあると考え、導入を決定しました。DreamLabo 5000が銀塩プリンターよりもすぐれていると思うのは、色と解像感ですね。 銀塩ではくすんでしまっていた赤や紫、緑がDreamLabo 5000では“ガン”と出てくるようになりました。暗部の階調表現もDreamLabo 5000のほうがつぶれることなく、正確に再現できていると思います。

記念写真の定番商品・写真集「フォトスクエア」/携帯用に付属する同じ内容のミニ写真集 記念写真の定番商品・写真集「フォトスクエア」 携帯用に付属する同じ内容のミニ写真集
上:DreamLabo 5000と大判インクジェットプリンター・Canon iPF8400(右奥)/下:アルバム製本も自社内で行なうことで、撮影からプリント、製本をワンストップで提供 上:DreamLabo 5000と大判インクジェットプリンター・Canon iPF8400(右奥) 下:アルバム製本も自社内で行なうことで、撮影からプリント、製本をワンストップで提供

品質面以外でDreamLabo 5000導入のメリットを感じる点はありますか。

色の安定性にすぐれているということですね。業務用の銀塩プリンターは、現像液の温度が1℃違うだけでプリントの色が変わってしまいます。もちろん機械側でも管理されていますが、朝出したものをもう一度夕方出すと色が違うということがあるんですね。複数冊作る写真集で1冊だけ色が違うとか、1枚だけ色味が違うというのは品質管理上ありえませんから、そういうときはすべて出し直さなくてはいけない。とにかく、銀塩プリンターは色を安定させる手間がかかるのです。そうした管理の手間はインクジェットタイプのDreamLabo 5000にはほとんどありませんから、管理面での負担軽減につながり、結果的に生産効率の向上にもつながっています。