DreamLabo 5000の出力をはじめて見たときの印象はいかがでしたか?

小澤•『レソト日和』はオフセット印刷版の写真集を作った後にDreamLabo 5000で作りました。オフセット印刷版を作ったとき、自宅のインクジェットプリンターで確認していた色に合わせるのが難しかったものや最終的に出ない色があり、印刷で出せる色の限界というものを知りました。でも、DreamLabo 5000の出力はいい意味でインクジェットプリンターの色と変わりませんでした。三村•RGBの写真とCMYKのオフセット印刷では色の出し方が違いますから、写真家の方にはまず印刷で出せる色、出せない色をお話しするんです。小澤さんとしても僕としても、どうしても印刷では出せない色を出したいという思いが強かったので、こうしてDreamLabo 5000と出会えて本当によかったと思います。

『Don Det』 写真:小澤太一 デザイン:三村漢 『Don Det』
写真:小澤太一
デザイン:三村漢
左:小澤太一(写真家) 右:三村漢(グラフィックデザイナー) 左:小澤太一(写真家)
右:三村漢(グラフィックデザイナー)

DreamLabo 5000で作った写真集を見た読者の反応はいかがでしたか?

小澤•クオリティの高さとその迫力に、みなさん驚かれます。三村•展示写真の再現というわけではないのですが、写真はやはりできるだけ大きく見せたほうが伝わりますよね。『Don Det』ではDreamLabo 5000のオンデマンドという特徴を生かして、表紙も4色のバリエーションを作りました。売値は1万円でしたが、1万円払ってでも買いたいと思えるような感動を作っていくのが僕たちの仕事だと思いますし、DreamLabo 5000にはそれができる可能性を感じています。小澤•失敗してもいいから付加価値をつけてみる。少部数から本が作れるDreamLabo 5000だからこそ、こういった挑戦ができるんですよね。