DreamLabo 5000で出力された作品を見て、どのような印象を受けましたか。

首藤•色の艶、光沢感が今まで見たことのないものでした。色味がとてもきれいに出ていますし、濁りがまったくない。いまの印刷技術はここまですごいのかと思いましたね。さらに印刷と比べてみると、彩度が高く、黒の発色も全然違う。色描画もDreamLabo 5000のほうが圧倒的に細かい。
僕の絵のような細密描写は、出力で細部が出るか出ないかでまったく印象が変わってしまいますが、DreamLaboの、これだけのクオリティで印刷したものなら、画集というかたちのなかでも自分の絵が生きるということが証明された。そう思っています。
この画集の一番の魅力は、写真かと勘違いするほど精密に描かれていることだと思うんです。説明を受けないと絵だとわからない。それがアートとしてのフォト・リアリズムの一番のポイントですし、見る側は写真のような絵が人間が手で描いたということに感動するんですよね。

  • 『SAMURAI SPIRIT』 『SAMURAI SPIRIT』
    画:セッタンジェリ首藤あつき
    印刷・製本:石川特殊特急製本
    仕様:上製本(W270×H270mm)、刻印付き桐箱入り
    用紙:光沢タイプ
  • 紅白の組紐に金の房があしらわれた特別版(左)と紅の組紐で結ばれた通常版(右)。特別版には画集のほか、首藤さんによる特典が付属する。画集はいずれもシリアルナンバー入り 紅白の組紐に金の房があしらわれた特別版(左)と紅の組紐で結ばれた通常版(右)。特別版には画集のほか、首藤さんによる特典が付属する。画集はいずれもシリアルナンバー入り
『SAMURAI SPIRIT』の中面。静謐のうちに秘められた強靭な精神性が見事に描き出されており、DreamLabo 5000によってその世界観は忠実に再現されている 『SAMURAI SPIRIT』の中面。静謐のうちに秘められた強靭な精神性が見事に描き出されており、DreamLabo 5000によってその世界観は忠実に再現されている

今回の画集『SAMURAI SPIRIT』を作り終えて感じた、DreamLabo 5000の可能性について伺わせてください。

首藤•画家にとって、公式の画集が出せるというのは大変名誉なことです。そこで僕がやらないといけないのは、1ミリでも高いクオリティを求めて製作すること。その結果として、この画集ができあがったことは自分にとってのひとつの区切りになったと思っています。DreamLaboというクオリティの高い技術が使えるこのタイミングでしか、かたちにできなかったものがこうして誕生し、未来に残るということが何よりもうれしいですね。