EOS C700ファームウエア Version 1.0.3.1.00

情報掲載日:2017年9月7日

ファームウエア変更内容

ファームウエア Version 1.0.3.1.00 は以下の改善を盛り込んでいます。

  1. 記録コマンドが「入」の状態で、ProRes 記録を開始して記録メディア(CFastカード/Capture Drive※1)の空き容量がなくなり、自動停止した最後のクリップのみ再生できないクリップとなる現象を修正しました。
  2. CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S装着時
    • デュアルピクセルCMOS AFによるオートフォーカスが可能となりました。
    • 「デュアルピクセルフォーカスガイド」機能に対応しました。
    • カメラ本体のグリップにあるシーソーキーでズーム操作が可能になりました。
    • カメラのダイヤル操作でアイリス絞りのマニュアル調節が可能なほか、リモートコントローラー「RC-V100」(別売り)でフォーカス/ズーム/アイリスの操作が可能になりました。
    • オートアイリス、プッシュオートアイリスが可能となりました。
    • RECボタンのスタート/ストップ連動が可能になりました。
    • 装着レンズの型名や焦点距離などのメタデータを取得し、カメラ側で表示可能になりました。
  3. 波形モニターの表示位置の変更が可能になりました。
  4. 周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズが追加となりました。
    • COMPACT-SERVO Lens
      「CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S」
    • EF レンズ
      「EF24-105mm F/4 L IS II USM」、「EF70-300mm F/4-5.6 IS II USM」、「EF16-35mm F/2.8L III USM」
  5. 顔限定AF動作時、画面内に顔が存在しないときの顔検出アイコンを、グレー表示から白表示に変更しました。
  6. レンズのISスイッチがONの状態でカメラの電源をOFFしても、IS機構をロックする仕様に変更しました。
  7. 国際HDR規格 BT.2100 に準拠したPQ出力が可能になりました。
  8. ブラウザーリモートのシャッタースピード一覧表示の誤記を修正しました。
  9. F76以降のF値表示の不具合を修正しました。
  10. RAW 記録とサブ記録の画角設定が異なる場合、映像出力端子(MON.端子/HDMI OUT端子/VIDEO端子)の出力を RAW 側の画角で出力する仕様に変更しました。

ご注意

ファームウエア変更のための準備

アップデートを行うとメニュー設定やカスタムピクチャーがリセットされます。アップデートを行う前に、あらかじめメニューやカスタムピクチャーを設定データとして、アップデート用とは別の SD カードに保存しておくことをおすすめします。保存した設定データはアップデート終了後にカメラに読み込むことができます。詳しくは、本機の使用説明書(「設定データの保存と読み出し」項)を参照してください。

ダウンロードしたファームウエアのフォルダーの中にファームウエア(ファイル名 : VMA3.FIM、ファイルサイズ : 113,843,500 bytes)と、ファームウエアアップデート手順書(PDF ファイル、5言語 : 日本語/英語/フランス語/スペイン語/簡体中国語)が入っています。アップデート作業に入る前にファームウエアアップデート手順書を十分にご確認ください。

ファームウエアのアップデートを行うには以下の機材が必要です。

  1. ファームウエアのアップデート対象となる EOS C700 本体
  2. パソコン
    OS : Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1、Mac OS X(10.7 ~ 10.12)
  3. 128MB 以上の SD / SDHC / SDXC メモリーカード(市販品)
  4. SD カードリーダーライター(市販品)、またはパソコンに搭載の SD カードスロット
  5. フル充電したVマウントタイプのバッテリー(市販品): DC 14.8V (12V~20V)
  6. 外部電源アダプター(市販品): DC IN 12V (11.5V~20V) XLR 4ピンコネクター
  7. ファームウエア(ダウンロードしたファイル)

※ ダウンロードファイルの解凍方法

Windows
ダウンロードした圧縮ファイル (zipファイル) を右クリックし、表示されたメニューから [すべて展開] を選んで解凍してください。
Mac
ダウンロードした圧縮ファイル (dmgファイル) は、自動的に解凍され、ファームウエアのフォルダーが生成されます。自動的に解凍されない場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。

ダウンロード

ファームウエアを変更するためのファイルをダウンロードできます。お使いのOS用のリンクをクリックしダウンロードページへお進みください。

Windows 解凍用ダウンロードファイルダウンロードページへ
Mac 解凍用ダウンロードファイルダウンロードページへ
日本語版ファームウエア変更手順書 [容量:948KB]PDFを開くPDF
戻る
このページのトップへ