SELPHY CP1200 ファームウエア Version 1.1.0.0

情報掲載日:2017年4月6日

ファームウエア変更内容

このファームウエア Version 1.1.0.0 は、以下の機能に対応しました。

「Mopria Print Service」とは、Android OSバージョン 4.4以降搭載の端末から、さまざまなメーカーやブランドがサポートするMopria®認証プリンターおよび複合機で印刷を可能にするアプリケーションです。ユーザーはSELPHY CP1200用のプリンタードライバーをインストールするなどの追加作業は必要ありません。お使いのAndroid端末からMopria認証されたプリンターに接続して、印刷することができます。
「Mopria Print Service」はGoogle Play から無料でダウンロードできます。

ご注意

新ファームウエア Version 1.1.0.0 にアップデートを行うと、古いバージョンのファームウエアに戻すことはできません。

ファームウエア変更のための準備

ダウンロードしたファームウエアのフォルダーの中にファームウエア(ファイル名:CP1200_1100.cnn、ファイルサイズ:5,701,584 bytes)と、ファームウエアアップデート手順書(PDF ファイル、5言語:日本語/英語/フランス語/スペイン語/中国語(簡体字))が入っています。ファームウエアのアップデート作業に入る前にファームウエアアップデート手順書を十分にご確認ください。

ファームウエアのアップデートを行うには以下の機材が必要です。

  1. SELPHY CP1200 本体
  2. 同梱のコンパクトパワーアダプター、電源コード
  3. パソコン
    OS : Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1、Mac OS X(10.8以降)
  4. SD メモリーカード、または SDHC / SDXC メモリーカード(市販品)
  5. SD カードリーダーライター(市販品)、またはパソコンに搭載の SD カードスロット
    SDHC / SDXC メモリーカードをお使いになるときは、SDHC / SDXC メモリーカードに対応した機器でのみ使用できます。
  6. ファームウエア(ダウンロードしたファイルです)

※ダウンロードファイルの解凍方法

Windows
ダウンロードした圧縮ファイル (zipファイル) を右クリックし、表示されたメニューから [すべて展開] を選んで解凍してください。
Mac
ダウンロードした圧縮ファイル (dmgファイル) は、自動的に解凍され、ファームウエアのフォルダーが生成されます。自動的に解凍されない場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。

ダウンロード

ファームウエアを変更するためのファイルをダウンロードできます。お使いのOS用のリンクをクリックしダウンロードページへお進みください。
日本語版ファームウエア変更手順書については、「PDFを開く」をクリックするとファイルが表示されます。

Windows 解凍用ダウンロードファイルダウンロードページへ
Mac 解凍用ダウンロードファイルダウンロードページへ
日本語版ファームウエア変更手順書 [容量:202KB]PDFを開くPDF
戻る
このページのトップへ