iVIS HF10 / HF100 ファームウエア Version 1.0.3.0

掲載日:2011年7月7日

ファームウエア変更内容

このファームウエアの変更(Version 1.0.3.0) は、以下の修正と改善を盛り込んでおります。

本機でSDスピードクラスClass10のSDメモリーカードまたはSDHCメモリーカードにFXPモードで動画記録 / 再生 / コピーを行えるようにしました。

今回ご案内のファームウエアVersion.1.0.3.0は、Version.1.0.0.0からVersion.1.0.2.0のファームウエアを搭載したカメラがアップデート対象となります。カメラのファームウエアが、すでにVersion 1.0.3.0の場合にはファームウエアのアップデートを行う必要はありません。
なお、一度アップデートを行うと、以前のVersionに戻すことはできません。

ファームウエア変更のための準備

アップデートを行うとメニュー設定はリセットされます。アップデート後は再度お好みの設定に合わせてご使用ください。

ダウンロードしたファームウエアのフォルダーの中にファームウエア(ファイル名:VEE3.FIM、ファイルサイズ:8.159 Mbytes)と、ファームウエア変更手順書(PDF ファイル、5言語:日本語 / 英語 / フランス語 / スペイン語 / 簡体中国語)が入っています。ファームウエアの変更作業に入る前にファームウエア変更手順書を十分にご確認いただきますようお願い申し上げます。

ダウンロード

ファームウエアを変更するためのファイルをダウンロードできます。お使いのOS用のリンクをクリックしダウンロードページへお進みください。

  • Windows 解凍用ダウンロードファイル ダウンロードページへ
  • Mac 解凍用ダウンロードファイル ダウンロードページへ

戻る

このページのトップへ