LIPS4 Printer Driver for Linux Ver.2.90 (32bit)

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

更新日:2014年7月18日

使用許諾契約書

[1] キヤノン株式会社またはそのライセンサーのソフトウェアに関する使用許諾契約

重要

これは、キヤノン株式会社(以下キヤノンといいます。)の製品『 Canon LIPS4 Printer Driver v2.90 for Linux』(以下本製品といいます。)中に格納されているソフトウェア(本書添付の別表1に記載されているモジュールをいい、以下本ソフトウェアといいます。)を、お客様がご使用になるための、お客様とキヤノンとの間の契約です。

本ソフトウェアをご使用になる前に、本契約に記載されているすべての権利および制限をよくお読みください。

下記第1項記載の態様で本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本契約に記載されたすべての条件に同意されたものとします。お客様が本契約の条件のうち、いずれかに同意されない場合には、本ソフトウェアを使用せず、直ちにこれを入手した場所にご返却ください。

1.許諾

キヤノンは、本ソフトウェアを本製品においてのみ使用し、使用させ、複製し、複製させ、第三者に頒布し、かかる第三者に使用を許可するための、個人的、限定的かつ非独占的権利をお客様に許諾します。(本契約における「使用」とは、本ソフトウェアを格納、ロードもしくはインストールすること、またはコンピュータにおいて表示すること、アクセスすること、もしくは実行することのいずれも含むものとします。)
お客様は、本ソフトウェアを自己使用目的の場合に限り、これを変更することができ、並びにかかる変更物をデバッグする目的に限り、これをリバースエンジニアすることができます。
お客様は、本契約と同一の条件の下で第三者に本ソフトウェアを頒布するものとします。

2.制限

本契約において明示的に許諾されているものを除き、お客様は、本ソフトウェアを使用できないものとし、並びにいかなる第三者にも譲渡、サブライセンス、販売、貸与または移転することはできません。

3.著作権表示

お客様は、本ソフトウェアに含まれるキヤノンまたはそのライセンサーの著作権表示を変更、除去、削除等することはできません。

4.帰属

本ソフトウェアに係る所有権および知的財産権は、その内容によりキヤノンまたはそのライセンサーに帰属します。本契約に明示的に記載されているものを除き、キヤノンおよびそのライセンサーのあらゆる知的財産についていかなる権利または実施権も、本契約により、お客様に譲渡または許諾されるものではありません。

5.輸出規制

お客様は、該当国の全ての輸出管理法、規制および規則を遵守するものとし、当該輸出管理法、規制および規則に違反して、または必要な認可等を得ることなしに本ソフトウェアを直接または間接に輸出または再輸出してはなりません。

6.保証の否認および免責

本ソフトウェアは、『あるがまま』の状態で商品性および特定の目的への適合性の黙示的保証を含め、明示たると黙示たるとを問わずいかなる保証もなく提供されるものとします。本ソフトウェアの品質、機能およびパフォーマンス、その他についてのあらゆる危険性はお客様の責任および負担となります。

キヤノン、その子会社、関連会社、それらの販売代理店または販売店、またはキヤノンのライセンサーのいずれも、本ソフトウェアの使用または使用不能から生ずるいかなる損害に対しても、一切の責任を負わないものとします。例え、キヤノン、その子会社、関連会社、それらの販売代理店または販売店、またはキヤノンのライセンサーがかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。(本契約に言う「いかなる損害」とは、逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含み、またこれらに限定されない全ての損害をいいます。)

適用法において認められる限りにおいて、キヤノン、その子会社、関連会社、それらの販売代理店または販売店、またはキヤノンのライセンサーのいずれも、本ソフトウェアまたはその使用に起因または関連して生じたいかなる紛争について、一切責任を負わないものとします。

7.期間

本契約は、お客様が本ソフトウェアを使用することにより本契約を承諾した時点で発効します。お客様は、本ソフトウェアを廃棄することにより、本契約を終了させることができます。

お客様が本契約のいずれかの条項に違反した場合、キヤノンは、本契約を一方的に終了することができます。かかる違反により本契約が終了した場合、キヤノンがその法律上の権利を実施できることに加え、お客様は直ちに本ソフトウェアを廃棄するものとします。

上記にかかわらず、本契約の第4項および第6項から第10項の規定は、本契約のいかなる終了後も有効に存続します。

8.U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE

“米国政府エンドユーザー”とは、米国政府の機関また団体を意味します。もしお客様が米国政府エンドユーザーである場合、以下の規定が適用されます:The Software is"commercial items," as that term is defined at 48 C.F.R. 2.101 (October 1995), consisting of "commercial computer software" as such terms are used in 48 C.F.R. 12.212 (September 1995). Consistent with 48 C.F.R. 12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.7202-4 (June 1995), all U.S. Government End Users shall acquire the SOFTWARE with only those rights set forth herein. The manufacturer is Canon Inc./ 30-2, Shimomaruko 3-chome, Ohta-ku, Tokyo 146-8501, Japan.

本条項で使用される"the SOFTWARE"とは、本契約で定義される本ソフトウェアを意味し、指し示すものとします。

9.分離可能性

本契約のいずれかの条項またはその一部が管轄権を有する法域におけるあらゆる裁判所により無効であると決定された場合、当該条項はかかる裁判所の法域においては無効とし、その他の条項は完全に有効に存続するものとします。

10.確認

本契約は、標題に関するお客様とキヤノンの間の完全かつ唯一の合意であり、口頭または書面にかかわらず、本契約の標題に関する全ての申し出、事前の合意、その他お客様とキヤノンの間の全ての交信に優先することとします。

023843

[2] GNU GENERAL PUBLIC LICENSEに基づき許諾されるフリーソフトウェア・モジュールについて

重要

本製品は、GNU General Public License Version 2に基づき許諾される、本書添付の別表2記載のフリーソフトウェア・モジュールを含んでいます。

かかるモジュールはフリーソフトウェアです。お客様は、Free Software Foundationが定めたGNU General Public License Version 2の条件に従ってかかるモジュールを再頒布または変更することができます。

かかるモジュールは有用と思いますが、頒布にあたっては、市場性及び特定目的適合性についての暗黙の保証を含めて、いかなる保証も行ないません。後に、GNU General Public License Version 2の全文を記載します。詳細についてはそれをお読みください。

GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
Version 2, June 1991

Copyright (C) 1989, 1991 Free Software Foundation, Inc.
59 Temple Place - Suite 330, Boston, MA 02111-1307, USA
Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies of this license document, but changing it is not allowed.

Preamble

The licenses for most software are designed to take away your freedom to share and change it. By contrast, the GNU General Public License is intended to guarantee your freedom to share and change free software--to make sure the software is free for all its users. This General Public License applies to most of the Free Software Foundation's software and to any other program whose authors commit to using it. (Some other Free Software Foundation software is covered by the GNU Library General Public License instead.) You can apply it to your programs, too.

When we speak of free software, we are referring to freedom, not price. Our General Public Licenses are designed to make sure that you have the freedom to distribute copies of free software (and charge for this service if you wish), that you receive source code or can get it if you want it, that you can change the software or use pieces of it in new free programs; and that you know you can do these things.

To protect your rights, we need to make restrictions that forbid anyone to deny you these rights or to ask you to surrender the rights. These restrictions translate to certain responsibilities for you if you distribute copies of the software, or if you modify it.

For example, if you distribute copies of such a program, whether gratis or for a fee, you must give the recipients all the rights that you have. You must make sure that they, too, receive or can get the source code. And you must show them these terms so they know their rights.

We protect your rights with two steps: (1) copyright the software, and (2) offer you this license which gives you legal permission to copy, distribute and/or modify the software.

Also, for each author's protection and ours, we want to make certain that everyone understands that there is no warranty for this free software. If the software is modified by someone else and passed on, we want its recipients to know that what they have is not the original, so that any problems introduced by others will not reflect on the original authors' reputations.

Finally, any free program is threatened constantly by software patents. We wish to avoid the danger that redistributors of a free program will individually obtain patent licenses, in effect making the program proprietary. To prevent this, we have made it clear that any patent must be licensed for everyone's free use or not licensed at all.

The precise terms and conditions for copying, distribution and modification follow.

TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION

0. This License applies to any program or other work which contains a notice placed by the copyright holder saying it may be distributed under the terms of this General Public License. The "Program", below, refers to any such program or work, and a "work based on the Program" means either the Program or any derivative work under copyright law: that is to say, a work containing the Program or a portion of it, either verbatim or with modifications and/or translated into another language. (Hereinafter, translation is included without limitation in the term "modification".) Each licensee is addressed as "you".

Activities other than copying, distribution and modification are not covered by this License; they are outside its scope. The act of running the Program is not restricted, and the output from the Program is covered only if its contents constitute a work based on the Program (independent of having been made by running the Program). Whether that is true depends on what the Program does.

1. You may copy and distribute verbatim copies of the Program's source code as you receive it, in any medium, provided that you conspicuously and appropriately publish on each copy an appropriate copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact all the notices that refer to this License and to the absence of any warranty; and give any other recipients of the Program a copy of this License along with the Program.

You may charge a fee for the physical act of transferring a copy, and you may at your option offer warranty protection in exchange for a fee.

2. You may modify your copy or copies of the Program or any portion of it, thus forming a work based on the Program, and copy and distribute such modifications or work under the terms of Section 1 above, provided that you also meet all of these conditions:

(a) You must cause the modified files to carry prominent notices stating that you changed the files and the date of any change.

(b) You must cause any work that you distribute or publish, that in whole or in part contains or is derived from the Program or any part thereof, to be licensed as a whole at no charge to all third parties under the terms of this License.

(c) If the modified program normally reads commands interactively when run, you must cause it, when started running for such interactive use in the most ordinary way, to print or display an announcement including an appropriate copyright notice and a notice that there is no warranty (or else, saying that you provide a warranty) and that users may redistribute the program under these conditions, and telling the user how to view a copy of this License. (Exception: if the Program itself is interactive but does not normally print such an announcement, your work based on the Program is not required to print an announcement.)

These requirements apply to the modified work as a whole. If identifiable sections of that work are not derived from the Program, and can be reasonably considered independent and separate works in themselves, then this License, and its terms, do not apply to those sections when you distribute them as separate works. But when you distribute the same sections as part of a whole which is a work based on the Program, the distribution of the whole must be on the terms of this License, whose permissions for other licensees extend to the entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote it.

Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to exercise the right to control the distribution of derivative or collective works based on the Program.

In addition, mere aggregation of another work not based on the Program with the Program (or with a work based on the Program) on a volume of a storage or distribution medium does not bring the other work under the scope of this License.

3. You may copy and distribute the Program (or a work based on it, under Section 2) in object code or executable form under the terms of Sections 1 and 2 above provided that you also do one of the following:

(a) Accompany it with the complete corresponding machine-readable source code, which must be distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a medium customarily used for software interchange; or,

(b) Accompany it with a written offer, valid for at least three years, to give any third party, for a charge no more than your cost of physically performing source distribution, a complete machine-readable copy of the corresponding source code, to be distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a medium customarily used for software interchange; or,

(c) Accompany it with the information you received as to the offer to distribute corresponding source code. (This alternative is allowed only for noncommercial distribution and only if you received the program in object code or executable form with such an offer, in accord with Subsection b above.)

The source code for a work means the preferred form of the work for making modifications to it. For an executable work, complete source code means all the source code for all modules it contains, plus any associated interface definition files, plus the scripts used to control compilation and installation of the executable. However, as a special exception, the source code distributed need not include anything that is normally distributed (in either source or binary form) with the major components (compiler, kernel, and so on) of the operating system on which the executable runs, unless that component itself accompanies the executable.

If distribution of executable or object code is made by offering access to copy from a designated place, then offering equivalent access to copy the source code from the same place counts as distribution of the source code, even though third parties are not compelled to copy the source along with the object code.

4. You may not copy, modify, sublicense, or distribute the Program except as expressly provided under this License. Any attempt otherwise to copy, modify, sublicense or distribute the Program is void, and will automatically terminate your rights under this License. However, parties who have received copies, or rights, from you under this License will not have their licenses terminated so long as such parties remain in full compliance.

5. You are not required to accept this License, since you have not signed it. However, nothing else grants you permission to modify or distribute the Program or its derivative works. These actions are prohibited by law if you do not accept this License. Therefore, by modifying or distributing the Program (or any work based on the Program), you indicate your acceptance of this License to do so, and all its terms and conditions for copying, distributing or modifying the Program or works based on it.

6. Each time you redistribute the Program (or any work based on the Program), the recipient automatically receives a license from the original licensor to copy, distribute or modify the Program subject to these terms and conditions. You may not impose any further restrictions on the recipients' exercise of the rights granted herein. You are not responsible for enforcing compliance by third parties to this License.

7. If, as a consequence of a court judgment or allegation of patent infringement or for any other reason (not limited to patent issues), conditions are imposed on you (whether by court order, agreement or otherwise) that contradict the conditions of this License, they do not excuse you from the conditions of this License. If you cannot distribute so as to satisfy simultaneously your obligations under this License and any other pertinent obligations, then as a consequence you may not distribute the Program at all. For example, if a patent license would not permit royalty-free redistribution of the Program by all those who receive copies directly or indirectly through you, then the only way you could satisfy both it and this License would be to refrain entirely from distribution of the Program.

If any portion of this section is held invalid or unenforceable under any particular circumstance, the balance of the section is intended to apply and the section as a whole is intended to apply in other circumstances.

It is not the purpose of this section to induce you to infringe any patents or other property right claims or to contest validity of any such claims; this section has the sole purpose of protecting the integrity of the free software distribution system, which is implemented by public license practices. Many people have made generous contributions to the wide range of software distributed through that system in reliance on consistent application of that system; it is up to the author/donor to decide if he or she is willing to distribute software through any other system and a licensee cannot impose that choice.

This section is intended to make thoroughly clear what is believed to be a consequence of the rest of this License.

8. If the distribution and/or use of the Program is restricted in certain countries either by patents or by copyrighted interfaces, the original copyright holder who places the Program under this License may add an explicit geographical distribution limitation excluding those countries, so that distribution is permitted only in or among countries not thus excluded. In such case, this License incorporates the limitation as if written in the body of this License.

9. The Free Software Foundation may publish revised and/or new versions of the General Public License from time to time. Such new versions will be similar in spirit to the present version, but may differ in detail to address new problems or concerns.

Each version is given a distinguishing version number. If the Program specifies a version number of this License which applies to it and "any later version", you have the option of following the terms and conditions either of that version or of any later version published by the Free Software Foundation. If the Program does not specify a version number of this License, you may choose any version ever published by the Free Software Foundation.

10. If you wish to incorporate parts of the Program into other free programs whose distribution conditions are different, write to the author to ask for permission. For software which is copyrighted by the Free Software Foundation, write to the Free Software Foundation; we sometimes make exceptions for this. Our decision will be guided by the two goals of preserving the free status of all derivatives of our free software and of promoting the sharing and reuse of software generally.

NO WARRANTY

11. BECAUSE THE PROGRAM IS LICENSED FREE OF CHARGE, THERE IS NO WARRANTY FOR THE PROGRAM, TO THE EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW. EXCEPT WHEN OTHERWISE STATED IN WRITING THE COPYRIGHT HOLDERS AND/OR OTHER PARTIES PROVIDE THE PROGRAM "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EITHER EXPRESSED OR IMPLIED, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. THE ENTIRE RISK AS TO THE QUALITY AND PERFORMANCE OF THE PROGRAM IS WITH YOU. SHOULD THE PROGRAM PROVE DEFECTIVE, YOU ASSUME THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING, REPAIR OR CORRECTION.

12. IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN WRITING WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY AND/OR REDISTRIBUTE THE PROGRAM AS PERMITTED ABOVE, BE LIABLE TO YOU FOR DAMAGES, INCLUDING ANY GENERAL, SPECIAL, INCIDENTAL OR CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE PROGRAM (INCLUDING BUT NOT LIMITED TO LOSS OF DATA OR DATA BEING RENDERED INACCURATE OR LOSSES SUSTAINED BY YOU OR THIRD PARTIES OR A FAILURE OF THE PROGRAM TO OPERATE WITH ANY OTHER PROGRAMS), EVEN IF SUCH HOLDER OR OTHER PARTY HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGES.

END OF TERMS AND CONDITIONS

How to Apply These Terms to Your New Programs

If you develop a new program, and you want it to be of the greatest possible use to the public, the best way to achieve this is to make it free software which everyone can redistribute and change under these terms.

To do so, attach the following notices to the program. It is safest to attach them to the start of each source file to most effectively convey the exclusion of warranty; and each file should have at least the "copyright" line and a pointer to where the full notice is found.

one line to give the program's name and an idea of what it does.
Copyright (C) yyyy name of author

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later version.

This program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

You should have received a copy of the GNU General Public License along with this program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple Place - Suite 330, Boston, MA 02111-1307, USA.

Also add information on how to contact you by electronic and paper mail.

If the program is interactive, make it output a short notice like this when it starts in an interactive mode:

Gnomovision version 69, Copyright (C) year name of author
Gnomovision comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; for details type `show w'. This is free software, and you are welcome to redistribute it under certain conditions; type `show c' for details.

The hypothetical commands `show w' and `show c' should show the appropriate parts of the General Public License. Of course, the commands you use may be called something other than `show w' and `show c'; they could even be mouse-clicks or menu items--whatever suits your program.

You should also get your employer (if you work as a programmer) or your school, if any, to sign a "copyright disclaimer" for the program, if necessary. Here is a sample; alter the names:

Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright
interest in the program `Gnomovision' (which makes passes at compilers) written by James Hacker.

signature of Ty Coon, 1 April 1989
Ty Coon, President of Vice

This General Public License does not permit incorporating your program into proprietary programs. If your program is a subroutine library, you may consider it more useful to permit linking proprietary applications with the library. If this is what you want to do, use the GNU Library General Public License instead of this License.

[3] その他のフリーソフトウェア・モジュールについて

重要

本製品に含まれている、本書添付の別表3記載のモジュールは、フリーソフトウェア・モジュールです。

かかるモジュールは、下記条件に定める"Software"とみなされるものとし、お客様は下記条件に従ってかかるモジュールを使用等することができるものとします。

Copyright (c) 2007 Canon Inc.

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

別表

別表1

c3pldrv
libc3pl.so.0.0.1
libcaepcm.so.1.0
libcaiousb.so.1.0.0
libcaiowrap.so.1.0.0
libcanon_slim.so.1.0.0
libColorGear.so.0.0.0
libColorGearC.so.0.0.0
CANSRGBA.ICC
CNC610A.ICC
CNC610B.ICC
CNC710A.ICC
CNC710B.ICC
CNC711A.ICC
CNC711B.ICC
CNC810A.ICC
CNC810B.ICC
CNC910A.ICC
CNC910B.ICC
CNCA10A.ICC
CNCA10B.ICC
CNCB10A.ICC
CNCB10B.ICC
CNCC10A.ICC
CNCC10B.ICC
CNCD11A.ICC
CNCD11B.ICC
CNCE10A.ICC
CNCE10B.ICC
CNCF10A.ICC
CNCF10B.ICC
CNCG10A.ICC
CNCG10B.ICC
CNCH10A.ICC
CNCH10B.ICC
CNCI10A.ICC
CNCI11B.ICC
CNL610A.ICC
CNL610B.ICC
CNL611A.ICC
CNL611B.ICC
CNL760A.ICC
CNL760B.ICC
CNL810A.ICC
CNL810B.ICC
CNL820A.ICC
CNL820B.ICC
CNL821A.ICC
CNL821B.ICC
CNL960A.ICC
CNL960B.ICC
CNL980A.ICC
CNL980B.ICC
CNLA60A.ICC
CNLA60B.ICC
CNLA80A.ICC
CNLA80B.ICC
CNLB10A.ICC
CNLB10B.ICC
CNLC10A.ICC
CNLC10B.ICC
CNLD10A.ICC
CNLD10B.ICC
CNLD80A.ICC
CNLD80B.ICC
CNLE60A.ICC
CNLE60B.ICC
CNLF10A.ICC
CNLF10B.ICC
CNLG10A.ICC
CNLG10B.ICC
CNLH60A.ICC
CNLH60B.ICC
CNLH80A.ICC
CNLH80B.ICC
CNZ005.ICC
CNZ006.ICC
CNZ007.ICC
CNZ008.ICC
CNZ055.ICC
cnpkmodulelips

別表2

cnusb
cngplp
cnjatool
cngplp.mo
cngplp.glade
pstolipscpca
libcanonlips.la
libcanonlips.so.1.0.0
libuictllips.la
libuictllips.so.1.0.0
libuictllips.1.0.mo
cngplp_lips.glade
func_config_lips.xml
*.res
*.ppd

別表3

buflist.h
buftool.h
libbuftool.a
libcanonc3pl.so.1.0.0
cnpkliblips.h
libcnpklips.a
libcnpklips.la

ファイル容量
31,004,859 byte

注意・制限事項

ダウンロード時のご注意
  • ダウンロードファイルは、ハードディスク上で解凍の上、ハードディスクからインストールを行ってください。
  • ドライバーモジュールはCUPS共通モジュール、ドライバーモジュールの2つからなります。ご使用の際には必ず両方をダウンロードし、CUPS共通モジュール、ドライバーモジュールの順にインストールを行ってください。
制限事項
  • 本プログラムおよび付随する情報などは、キヤノン(株) が独自に開発しキヤノンマーケティングジャパン(株) が配布するものです。
  • 本プログラムおよび付随する情報などに対応するプリンターの製造元であるキヤノン(株) 、配布元であるキヤノンマーケティングジャパン(株) は、本プログラムおよび付随する情報などに関するお問い合せは受け付けておりません。
  • 本ドライバーは、IPA(情報処理推進機構) の2003年度オープンソースソフトウエア活用基盤整備事業である「共通のオープンプリンティングシステムの開発」の成果に沿ったものです。
  • cndrvcups-common パッケージをインストールする場合は、同じフォルダー内のcndrvcups-lips4 パッケージをインストールしてお使いください。
  • 注意制限事項などの詳細や各機種に対応するPPDファイルの名称は、解凍したフォルダー内の readme ファイルをご覧ください。

インストールについて

オンラインマニュアル
[ファイル容量:465,377 byte] ダウンロード

ソフトウエア概要

名称 LIPS4 Printer Driver for Linux Ver.2.90 (32bit)
ソフト概要 本ソフトウエアは、Linux日本語版各 OS 上の各アプリケーションソフトから印刷を行うためのソフトウエアです。
対象製品
Satera LASER BEAM PRINTER/LASER SHOT
LBP9660Ci/ LBP9650Ci/ LBP9600C/ LBP8730i/ LBP8720/ LBP8710e/ LBP8710/ LBP8630/ LBP8620/ LBP8610/ LBP7700C/ LBP6710i/ LBP6700/ LBP5910F/ LBP5910/ LBP5900SE/ LBP5900/ LBP5800/ LBP5700/ LBP5500/ LBP5400/ LBP4510/ LBP4500/ LBP3980/ LBP3970/ LBP3950/ LBP3930/ LBP3920/ LBP3910/ LBP3900/ LBP3800/ LBP3700/ LBP3410/ LBP-2810/ LBP-2710/ LBP-2510/ LBP-2050/ LBP-1910/ LBP-1820/ LBP-1810/ LBP-1620/ LBP-1420/ LBP-1310
imagePRESS
imagePRESS C1+/ imagePRESS C1/ imagePRESS 1135II / imagePRESS 1125II/ imagePRESS 1110II
imageRUNNER ADVANCE
iR-ADV C9280 PRO/ iR-ADV C9270 PRO/ iR-ADV C9075 PRO/ iR-ADV C9065 PRO/ iR-ADV C7270/ iR-ADV C7260/ iR-ADV C7065/ iR-ADV C7055/ iR-ADV C5255F/ iR-ADV C5255/ iR-ADV C5250F/ iR-ADV C5250/ iR-ADV C5240F/ iR-ADV C5240/ iR-ADV C5235F/ iR-ADV C5235/ iR-ADV C5051F/ iR-ADV C5051/ iR-ADV C5045F/ iR-ADV C5045/ iR-ADV C5035F/ iR-ADV C5035/ iR-ADV C5030F/ iR-ADV C5030/ iR-ADV C350F/ iR-ADV C2230F/ iR-ADV C2220F/ iR-ADV C2220/ iR-ADV C2218F-V/ iR-ADV C2030F/ iR-ADV C2030/ iR-ADV C2020F/ iR-ADV C2020/ iR-ADV 8295 PRO/ iR-ADV 8295 B/ iR-ADV 8285 PRO/ iR-ADV 8285 B/ iR-ADV 8205 PRO/ iR-ADV 8205 B/ iR-ADV 8105 PRO/ iR-ADV 8105 B/ iR-ADV 8095 PRO/ iR-ADV 8095 B/ iR-ADV 8085 PRO/ iR-ADV 8085 B/ iR-ADV 6275/ iR-ADV 6265/ iR-ADV 6255/ iR-ADV 6075/ iR-ADV 6065/ iR-ADV 6055/ iR-ADV 4245F/ iR-ADV 4245/ iR-ADV 4235F/ iR-ADV 4235/ iR-ADV 4225F/ iR-ADV 4225/ iR-ADV 4045F/ iR-ADV 4045/ iR-ADV 4035F/ iR-ADV 4035/ iR-ADV 4025F/ iR-ADV 4025
Color imageRUNNER
iR C6880N/ iR C6870N/ iR C6870/ iR C6800N/ iR C6800/ iR C5880N/ iR C5870N/ iR C5870/ iR C5800N/ iR C5800/ iR C5185N/ iR C5185/ iR C5180N/ iR C5180/ iR C4580F/ iR C4580/ iR C4080F/ iR C4080/ iR C3880F/ iR C3880/ iR C3580F/ iR C3580/ iR C3380F/ iR C3380/ iR C3220N/ iR C3220/ iR C3200N/ iR C3200/ iR C3170F/ iR C3170/ iR C3100N/ iR C3100i/ iR C3100F/ iR C3100/ iR C3080F/ iR C3080/ iR C2880F/ iR C2880/ iR C2620N/ iR C2620/ iR C2570F/ iR C2570
imageRUNNER/MEDIO
iR8570N/ iR8500/ iR7270N/ iR7200/ iR7105i/ iR7105B/ iR7095i/ iR7086N/ iR7086B/ iR6570N/ iR6570/ iR6060i/ iR6050i/ iR6000i/ iR6000/ iR5570N/ iR5570/ iR5160i/ iR5150i/ iR5110/ iR5075N/ iR5065N/ iR5065/ iR5055N/ iR5055/ iR5000i/ iR5000/ iR4570F/ iR4570/ iR400/ iR3570F/ iR3570/ iR3350i/ iR3310/ iR3300i/ iR3300/ iR3245F/ iR3245/ iR3235F/ iR3235/ iR3225F/ iR3225/ iR3045F/ iR3045/ iR3035F/ iR3035/ iR3025F/ iR3025/ iR2870F/ iR2870/ iR2850i/ iR2810/ iR2800i/ iR2800/ iR2270F/ iR2270/ iR2250i/ iR2210/ iR2200i/ iR2200/ iR2010FL/ iR2010F/ iR2010/ iR2000F/ iR2000/ iR1610FL/ iR1610F/ iR1610/ iR1600F/ iR1600/ iR1500FL/ iR1500F/ iR105i/ iR105/ GP405
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
使用条件 このソフトウエアをダウンロードする前に、本ページ冒頭に記載してあります「使用許諾契約書」を必ずお読みください。

本製品の内容

本プリンタードライバーは、Linux OS 上の印刷システムであるCUPS (Common Unix Printing System) 環境から、キヤノン LBP/ Color imageRUNNER/ imageRUNNER/ imageRUNNER ADVANCE の各シリーズに印刷を行うためのドライバーです。

このドライバーを使用することで、プリンターの状態確認が可能となるほか、部門管理、セキュアプリント、フィニッシングなど imageRUNNER/ Color imageRUNNER/ imageRUNNER ADVANCE の各シリーズの固有機能にも対応しております。

本ソフトウエアのインストール、ご利用にあたっては、オンラインマニュアルをご覧ください。プリンターの設定についての詳細は、プリンター本体に付属している取扱説明書をご覧ください。

なお、本ドライバーモジュール、共通モジュールのソースファイルは、下記リンク先からダウンロードできます。

LIPS4 Printer Driver for Linux ソースファイル

変更履歴

Ver.2.80からVer.2.90への変更点
  1. iR-ADV C350に対応しました。
  2. LBP8730、LBP8720/ 8710に対応しました。
  3. iR-ADV C350において、ハイパーシャープネス機能に対応しました。
  4. iR-ADV C350において、トナー印字量補正機能に対応しました。
  5. 以下の機種において、従来の認証方法とセキュリティー強化した認証方法の切り替え機能を [デバイス設定] シートに追加しました。
    ・ iR-ADV 6255/ 6265、iR-ADV 6275、iR-ADV 8205、iR-ADV 8285/ 8295、iR-ADV C2218、iR-ADV C2220/ 2230、iR-ADV C5250/ 5255、iR-ADV C5235/ 5240、iR-ADV C9270/ 9280、iR-ADV C7260/ 7270
  6. パッケージに入っているICCプロファイルをすべてcommonパッケージに移行しました。
Ver.2.70からVer.2.80への変更点
  1. iR-ADV 4225/ 4235, iR-ADV 4245に対応しました。
  2. LBP9660Cに対応しました。
  3. iPR1110II/ 1125II/ 1135II に対応しました。
  4. LBP9660Cにおいて、バーコード調整機能を追加しました。
  5. iR-ADV 4225/ 4235, iR-ADV 4245において、部門管理、セキュアプリント時のパスワード暗号化に対応しました。
  6. iPR1110II/ 1125II/ 1135II において、薄紙1, 薄紙2, エンボス紙7, ノーカーボン紙, 厚紙6, 片面コート紙5, 片面コート紙6, 両面コート紙5, 両面コート紙6, 再生紙3の用紙タイプを追加しました。
  7. iPR1110II/ 1125II/ 1135II において、排紙オプションの選択肢を追加しました。
  8. iPR1110II/ 1125II/ 1135II において、排紙先の選択肢を追加しました。
  9. Copyright表記を変更しました。
Ver.2.60からVer.2.70への変更点
  1. iR-ADV C2218、iR-ADV 8205/ 8285/ 8295、iR-ADV 6275/ 6255/ 6265に対応しました。
  2. LBP6710iに対応しました。
  3. iR-ADV 8205/ 8285/ 8295において、V折り小口トリムに対応しました。
  4. iR-ADV 8205/ 8285/ 8295、iR-ADV 6275/ 6255/ 6265において、製本シフトに対応しました。
  5. iR-ADV 8205/ 8285/ 8295において、ステイプルシフトに対応しました。
  6. iR-ADV 8205/ 8285/ 8295、iR-ADV 6275/ 6255/ 6265において、排紙オプションに対応しました。
Ver.2.50からVer.2.60への変更点
  1. iR-ADV C9270/ 9280、iR-ADV C7260/ 7270、iR-ADV C5235/ 5240、iR-ADV C5250/ 5255、iR-ADV C2220/ 2230に対応しました。
  2. Debパッケージの64bit化に対応しました。
  3. ページオリエンテーションコマンドに対応しました。
Ver.2.40からVer.2.50への変更点
  1. LBP9650Ciに対応しました。
  2. iR5065、iR5075、iR7105において、表紙/裏表紙の給紙部の値を修正しました。
Ver.2.20からVer.2.40への変更点
  1. LBP9600Cに対応しました。
  2. LBP9600Cにおいて、特殊スムージングモード、普通紙光沢処理機能を追加しました。
  3. LBP9600Cにおいて、用紙種類にコート紙を追加しました。
  4. iR-ADV 4045/ 4035、iR-ADV 4025に対応しました。
Ver.2.10からVer.2.20への変更点
  1. LBP4510に対応しました。
  2. LBP6700に対応しました。
  3. iR-ADV C2020/ 2030、iR-ADV 8085/ 8095、iR-ADV 8105に対応しました。
  4. iR-ADV C2020/ 2030において、用紙種類として普通紙3/ラフ紙1/ラフ紙2/ラフ紙3を追加しました。
  5. iR-ADV 8085/ 8095、iR-ADV 8105、iR-ADV C2020/ 2030において、排紙オプションの選択肢を追加しました。
  6. iR-ADV C2020/ 2030において、デバイスの種類の選択肢を追加しました。
  7. ドライバーUI設定時、他のPDLに依存させない対策を行いました。
  8. PDLの非依存化に伴い、インストールパッケージモジュールの構成を変更しました。
  9. ドライバーUIのメイン画面にて、印刷ページを印刷範囲と印刷指定の2つのグループに分割しました。
  10. ドライバーUIの詳細設定画面にて、フィルターオプションTABの削除を行いました。
  11. シャープネスのスケールコントロールをコンボボックスまたはスピンボタンに変更しました。
  12. ドライバーUIの詳細設定画面にて、折り、折り詳細、製本印刷中とじ、印刷方法の機能をコンボボックスへ変更しました。
  13. ドライバーUIの詳細設定画面において、スクロール表示ができるように変更しました。
  14. iR-ADV 8085/ 8095、iR-ADV 8105、iR-ADV C7055/ 7065、iR-ADV C9065、iR-ADV C9075において、出力方法にホールド指定を追加しました。
  15. iR-ADV 8085/ 8095、iR-ADV 8105、iR-ADV C7055/ 7065、iR-ADV C9065、iR-ADV C9075において、用紙サイズ「Legal」と排紙方法「4つ折り」の排他を削除しました。
Ver.1.80からVer.2.00への変更点
  1. iR-ADV 6055/ 6065、iR-ADV 6075に対応しました。
  2. iR-ADV C5030/ 5035、iR-ADV C5045/ 5051、iR-ADV C7055/ 7065に対応しました。
  3. iR-ADV C9065、iR-ADV C9075に対応しました。
  4. iPR C1PLUS に対応しました。
  5. LBP7700Cに対応しました。
  6. LBP8630/ 8620/ 8610に対応しました。
  7. ColorGearにおいて、SELinuxの警告に対応しました。
  8. LBP8630/ 8620/ 8610において、トナー濃度に対応しました。
  9. iR-ADV 6075、iR-ADV 6055/ 6065のネットワーク接続環境において、モノクロキャリブレーション情報取得に対応しました。
  10. ColorGear色調整機能追加対応に伴い、マッチング方法と入力プロファイルのコントロールを追加しました。
  11. iR-ADV C7055/ 7065、iR-ADV C9065、iR-ADV C9075において、多機能折りに対応しました。
  12. デバイスに依存しない共通機能ドライバーに対応しました。
  13. 尾引き対応しました。
  14. iR-ADV 6075、iR-ADV 6055/ 6065において、排紙オプションに対応しました。
  15. 設定の保存ボタンを削除し、デフォルトに戻すボタンを追加しました。
Ver.1.70からVer.1.80への変更点
  1. iR C4080、iR C3080/ C3580に対応しました。
  2. iR3225、iR3235/ 3245に対応しました。
  3. LBP4500、LBP3980、LBP3910/ 3930に対応しました。
  4. 動作確認済み OS として、SUSE Linux 11.0 (OpenSUSE) (32/ 64bit) 、Fedora 9 (32/ 64bit) 、Ubuntu 8.04 Desktop (32bit) 、Vine Linux 4.2 (32bit) を追加しました。
  5. iR3225、iR3235/ 3245、LBP4500において、IPv6に対応しました。
  6. ホールドキュー対応機種において、[ホールド] とグループステイプルの指定が不可になる排他を追加しました。
  7. iPR C1において、地紋印刷機能とシャープネスの同時使用ができないような排他を追加しました。
  8. ボックス機能対応機種において、[保存するデータ名称] のデフォルト動作を[ファイル名を使用]に変更しました。
  9. 用紙タイプの坪量表示を非表示にし、用紙タイプのみを表示に変更しました。
Ver.1.60からVer.1.70への変更点
  1. LBP5910/ 5910Fに対応しました。
  2. iR C5880/ iR C6880、iR C5880N/ iR C6880Nに対応しました。
  3. 動作確認済み OS として、SUSE Linux 10.3 (openSUSE) (32/ 64bit) 、Fedora 8 (32/ 64bit) 、Ubuntu 7.10 Desktop (32bit) 、Vine linux 4.1 (32bit) を追加しました。
  4. 以下の機種において、部単位シフトに対応しました。
    *iR5055/ iR5065、iR5075、iR7086/ iR7095/ iR7105
    *iR C2880/ iR C2880F、iR C3380/ iR C3380F、iR C3880/ iR C4580、iR C5180、iR C5185、iR C5880/ iR C6880、iR C5880N/ iR C6880N、iPR C1
  5. 以下の機種において、印字開始位置に対応しました。
    *iR5055/ iR5065、iR5075、iR7086/ iR7095/ iR7105、iR7270N、iR8570N、iR105i
    *iR C2880/ iR C2880F、iR C3380/ iR C3380F、iR C3880/ iR C4580、iR C5180、iR C5185、iR C5880/ iR C6880、iR C5880N/ iR C6880N、iPR C1
  6. iPR C1において、シャープネスに対応しました。
  7. 以下の機種において、ガターシフトに対応しました。
    *iR5055/ iR5065、iR5075、iR7086/ iR7095/ iR7105
    *iR C2880/ iR C2880F、iR C3380/ iR C3380F、iR C3880/ iR C4580、iR C5180、iR C5185、iR C5880/ iR C6880、iR C5880N/ iR C6880N、iPR C1
  8. 以下の機種において、断裁幅に対応しました。
    *iR105/ iR105-E、iR105i、iR7086/ iR7095/ iR7105、iR7200/ iR7200-E、iR7270N、iR8500/ iR8500-E、iR8570N
  9. 以下の機種において、C折り/折り詳細に対応しました。
    *iR5055/ iR5065、iR5075
  10. 以下の機種において、PDL毎の地紋に対応しました。
    *iR5055/ iR5065、iR7086/ iR7095/ iR7105
    *iR C2880/ iR C2880F、iR C3380/ iR C3380F、iR C3880/ iR C4580、iR C5180、iR C5185、iR C5880/ iR C6880、iR C5880N/ iR C6880N、iPR C1
  11. 以下の機種において、ライン処理に対応しました。
    *iR C2880/ iR C2880F、iR C3380/ iR C3380F、iR C3880/ iR C4580、iR C5180、iR C5185、iR C5880/ iR C6880、iR C5880N/ iR C6880N、iPR C1
  12. iR C5880/ iR C6880 において、従来のフィニッシャのオプショントレイに対するトレイエイリアスを変更しました。
  13. 地紋印字機能対応に伴い、フィニッシングタブ内の部数印字コントロールを[仕上げ詳細]ダイアログに移動しました。
  14. C折り/折り詳細対応に伴い、排紙方法の[回転]と[Z折り]の位置を入れ替えました。
  15. LBP5910Fにおいて、ステイプルに対応しました。
Ver.1.50からVer.1.60への変更点
  1. iR3025、iR3035/ 3045、iR5075、iR5055/ 5065に対応しました。
  2. iR C5185に対応しました。
  3. 動作確認済み OS は、Red Hat Enterprise Linux v.5 (32/ 64bit) 、Fedora 7 (32/ 64bit) 、Ubuntu 7.04 Desktop (32bit) 、Debian GNU/ Linux 4.0 (32bit) です。
  4. iR C5180(※1) 、iR C3880/ C4580(※1) 、iR C5185においてジョブホールドキューに対応しました。
  5. LBP3410において小サイズカール機能(小サイズの用紙が熱で曲がらないように、定着温度を調整する機能) に対応しました。
  6. LBP3410において特殊印字モード(高温多湿環境で発生する画像不良を回避するため) に対応しました。
  7. iPR C1において用紙タイプ「ベラム1」を削除しました。
    ※1 本体のバージョンアップを行う必要があります。
Ver.1.40からVer.1.50への変更点
  1. LBP3970/ 3920に対応しました。
  2. SUSE Linux 10.2 (openSUSE) 、Fedora Core 6に対応しました。
  3. LBP3970/ 3920において特殊印字モードに対応しました。
  4. iR4570/ 3570/ 2870/ 2270において細線補正機能に対応しました。
Ver.1.30からVer.1.40への変更点
  1. LBP3950/ 3900/ 3410、iR7105/ 7095/ 7086、iR C5180/ C4580/ C3880/ C3380/ C2880、imagePRESS C1に対応しました。
  2. Fedora Core 5 (32bit/64bit) 、Debian GNU/ Linux 3.1 rev2に対応しました。
  3. LBP3950/ 3900において特殊印字モードに対応しました。
  4. iR7105/ 7095/ 7086において表紙/裏表紙設定に対応しました。
  5. iR C5180/ C4580/ C3880/ C3380/ C2880、imagePRESS C1においてアドバンススムージング設定に対応しました。
  6. iR C3380/ C2880においてOHP定着モードに対応しました。
Ver.1.20からVer.1.30への変更点
  1. LBP1810、iR C5870/ 6870に対応しました。
  2. 64-bit OS (Intel EM64T/ AMD64プロセッサー搭載マシン) に対応しました。
  3. 動作確認済み64-bit OS はTurbolinux10 Enterprise Server 、MIRACLE LINUX V4.0 (Asianux Inside) x64 Edition、Red Hat Enterprise Linux v.4 x64 Edition、SUSE Linux 10.0 (open SUSE) x64 Edition、Fedra Core4 x64 Editionです。
  4. 動作確認済み32-bit OS としてTurbolinux10 FUJI、MIRACLE LINUX V4.0 (Asianux Inside) 、Red Hat Enterprise Linux V.4、SUN Java Desktop System Release3、Fedora Core4、Debian GNU/ Linux (sarge) に対応しました。
  5. iR C2570/ 3170/ 2620/ 3220/ 5870/ 6870においてモノクロ部門管理フリー設定に対応しました
  6. iR C2570/ 3170/ 5870/ 6870においてステイプルソート、グループステイプルに対応しました
  7. iR C2570/ 3170/ 2620/ 3220/ 5870/ 6870/ 3100/ 3100N/ 3100F/ 3100i/ 6800/ 3200/ 3200Nにおいてグラデーションスムージングに対応しました。
  8. iRシリーズにおいてスーパースムーズに対応しました。
  9. iR105/ 105-E/ 105i/ 8570N/ 8500/ 8500-E/ 7270N/ 5570/ 6570/ 5160i/ 6060i/ 5150i/ 6050i/ 5000/ 5000i/ 6000/ 6000iにおいて細線補正に対応しました。
Ver.1.10からVer.1.20への変更点
  1. 動作確認済 OS として Novell SUSE Linux9.3に対応しました。
  2. LBP5900に対応しました。
  3. iR5570/ 6570、iRC2570/ 2570F、iRC3170/ 3170Fに対応しました。
  4. LBP5900をご使用時、以下の機能に対応しました。
  5. ドラフトモード機能に対応しました。
  6. OHP中差し機能に対応しました。
  7. 部番印刷機能に対応しました。
Ver.1.00からVer.1.10への変更点
  1. iR8570N/ 7270N/ 6010/ 6000i/ 6000/ 5110/ 3000i/ 5000/ 4570/ 3570/ 2870/ 2270/ 105iに対応しました。
  2. iR C5800/ 3220/ 2620に対応しました。
  3. iR2870/ 8570N/ 7270N/ 4570/ 3570/ iR105iシリーズをご使用時、以下の機能に対応しました。
  4. 印刷部数の設定範囲が最大9999部まで設定できるようになりました。
  5. とじしろの設定範囲を最大50.0mmまで設定できるようになりました。
  6. iR7270N、iR8570N、iR105iシリーズをご使用時、以下の機能に対応しました。
  7. 排紙面指定が設定できるようになりました。
    ・ パネル設定
    ・ フェースダウン排紙
    ・ フェースアップ排紙

動作環境

ソフトウエア

本バージョンの動作確認済 OS
  • Fedora 20
  • Ubuntu 13.10 Desktop
前バージョンまでの動作確認済 OS
  • Turbolinux 10 Desktop
  • Turbolinux 10 F...
  • Turbolinux 10 S
  • Turbolinux Version 11 FUJI
  • Turbolinux Home
  • MIRACLE LINUX V4.0 (Asianux Inside)
  • Red Hat 9
  • Red Hat Professional Workstation
  • Red Hat Enterprise Linux V.4
  • Red Hat Enterprise Linux V.5
  • SUN Java Desktop System Release3
  • SUSE Linux 10.0 (openSUSE)
  • SUSE Linux 10.1 (openSUSE)
  • SUSE Linux 10.2 (openSUSE)
  • SUSE Linux 10.3 (openSUSE)
  • SUSE Linux 11.0 (openSUSE)
  • Fedora Core 4
  • Fedora Core 5
  • Fedora Core 6
  • Fedora 7
  • Fedora 8
  • Fedora 9
  • Fedora 11
  • Fedora 12
  • Fedora 13
  • Fedora 14
  • Fedora 15
  • Fedora 16
  • Fedora 17
  • Fedora 18
  • Fedora 19
  • Ubuntu 7.04 Desktop
  • Ubuntu 7.10 Desktop
  • Ubuntu 8.04 Desktop
  • Ubuntu 9.04 Desktop
  • Ubuntu 9.10 Desktop
  • Ubuntu 10.04 Desktop
  • Ubuntu 10.10 Desktop
  • Ubuntu 11.04 Desktop
  • Ubuntu 11.10 Desktop
  • Ubuntu 12.04 Desktop
  • Ubuntu 12.10 Desktop
  • Ubuntu 13.04 Desktop
  • Debian GNU/ Linux 3.1 rev2
  • Debian GNU/ Linux 4.0
  • Debian GNU/ Linux 5.02
  • Vine Linux 4.1
  • Vine Linux 4.2
  • Cent OS 5.3

ハードウエア

  • x86 互換の 32-bit CPU を搭載し、Linux が動作するコンピューター

対応するCUPSバージョン

  • CUPS version 1.1.17 以上 (CUPS version 1.1.19 以上を推奨)