LIPS4 Windows NT4.0 JドライバーV10.93

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2007年4月24日

使用許諾契約書

ご注意:下記の使用許諾契約書(以下本契約書と言います。)をよくお読みください。
これは、お客様が、本契約書と共に無償で提供されるキヤノン製のデジタル複合機、カラー複写機およびプリンタ(以下「キヤノン製品」と言います。)用ソフトウエア(本契約書以外の各マニュアル、印刷物等を含み、併せて以下「本ソフトウエア」と言います。)をご使用になるための、お客様とキヤノン株式会社(以下キヤノンと言います。)との間の契約書です。

お客様は、『同意』を示す行為、または「本ソフトウエア」の使用のいずれかをもって、本契約書に同意したことになります。お客様が本契約書に同意できない場合、「本ソフトウエア」を使用することはできません。

  1. 許諾
    1. キヤノンは、お客様が「キヤノン製品」を利用する目的のために、「キヤノン製品」に直接またはネットワークを通じ接続される複数のコンピュータ(以下「指定機器」と言います。)において、「本ソフトウエア」を使用(本契約書においては、「本ソフトウエア」をコンピュータの記憶媒体上にインストールすること、またはコンピュータにおいて表示すること、アクセスすること、もしくは実行することのいずれも含むものとします。)するための非独占的権利をお客様に対して許諾します。お客様は、また「指定機器」にネットワークを通じて接続されたコンピュータ上で、かかるコンピュータの使用者に対して「本ソフトウエア」を使用させることができますが、かかるコンピュータの使用者に本契約書上の義務および条件を遵守させるとともに、その履行に関し全責任を負うことを条件とします。
    2. お客様は、上記(1)に基づいて「本ソフトウエア」を使用するためのバックアップとして、「本ソフトウエア」を1部、複製することができます。
    3. 上記(1)および(2)に定める場合を除き、キヤノンまたはキヤノンのライセンサーのいかなる知的財産権も、明示たると黙示たるとを問わず、本契約書によってお客様に譲渡あるいは許諾されるものではありません。
  2. 制限
    1. お客様は、再使用許諾、譲渡、販売、頒布、リースもしくは貸与その他の方法により、第三者に「本ソフトウエア」を使用させることはできません。
    2. お客様は、「本ソフトウエア」の全部または一部を修正、改変、逆コンパイル、逆アセンブル、その他リバースエンジニアリング等することはできません。また第三者にこのような行為をさせてはなりません。
  3. 帰属
    「本ソフトウエア」に係る権原および所有権は、その内容によりキヤノンまたはキヤノンのライセンサーに帰属します。
  4. 著作権表示
    お客様は、「本ソフトウエア」に含まれるキヤノンまたはキヤノンのライセンサーの著作権表示を変更し、除去しもしくは削除してはなりません。
  5. 保証の否認・免責
    1. 「本ソフトウエア」は、『現状のまま』の状態で使用許諾されます。キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウエア」に関して、商品性および特定の目的への適合性の保証を含め、いかなる保証も、明示たると黙示たるとを問わず一切しないものとします。
    2. キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウエア」の使用または使用不能から生ずるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含むがこれらに限定されない全ての損害を言います。)について、適用法で認められる限り、一切の責任を負わないものとします。たとえ、キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。
    3. キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウエア」、または「本ソフトウエア」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じたいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。
  6. 輸出
    お客様は、日本国政府または関連する外国政府より必要な認可等を得ることなしに、「本ソフトウエア」の全部または一部を、直接または間接に輸出してはなりません。
  7. 契約期間
    1. 本契約書は、お客様が、『同意』を示す行為を行った時点、または「本ソフトウェア」を使用した時点で発効し、下記(2)または(3)により終了されるまで有効に存続します。
    2. お客様は、「本ソフトウエア」およびその複製物のすべてを廃棄および消去することにより、本契約書を終了させることができます。
    3. お客様が本契約書のいずれかの条項に違反した場合、本契約書は直ちに終了します。
    4. お客様は、上記(3)によって本契約書が終了した場合、速やかに、「本ソフトウェア」およびその複製物のすべてを廃棄または消去するものとします。
  8. U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE
    The Software is a "commercial item," as that term is defined at 48C.F.R. 2.101 (Oct 1995), consisting of "commercial computer software"and "commercial computer software documentation," as such terms areused in 48 C.F.R. 12.212 (Sept 1995). Consistent with 48 C.F.R.12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.7202-4 (June 1995), allU.S. Government End Users shall acquire the Software with only thoserights set forth herein. Manufacturer is Canon Inc./30-2,Shimomaruko 3-chome, Ohta-ku, Tokyo 146-8501, Japan.
    本条項中で使用される"the Software"とは、本契約書中で定義される「本ソフトウェア」を意味し、指し示すものとします。
  9. 分離可能性
    本契約書のいずれかの条項またはその一部が法律により無効であると決定された場合でも、その他の条項は完全に有効に存続するものとします。

以 上
キヤノン株式会社

  • ダウンロード
ファイル容量
11,824,808 byte

注意・制限事項

  • 必要なハードディスク容量は、インストールする機種の数により大きく異なりますのでご注意ください。
  • Windows 英語版では使用できません。
  • インストーラをお使いの場合は、Microsoft Windows NT4.0には、Service Pack 6 以降をインストールしてください。プリンターの追加からインストールする場合は、Service Pack 3 以降をインストールしてください。
  • 上記以外のOSを使用しているクライアントマシンから印刷する場合、本プリンタードライバーは使用されません。
  • iR2010/1610/1500Fでは iR1600-2000を選択ください。
  • iR6010/5110では iR5000-6000を選択ください。
  • LBP5900SEでは LBP5900を選択ください。
  • 本バージョンではPrintBuddyIIはご使用いただけません。 NetSpot Job Monitorをご使用ください。
ダウンロード時のご注意
  • ダウンロードファイルは、ハードディスク上で解凍の上、ハードディスクからインストールを行なってください。
  • ハードディスク上で解凍すると「LIPS4」のディレクトリが作成され、必要なファイルが解凍されます。ハードディスクからインストールする場合には、ディレクトリ名称を変えずにインストールしてください。
  • インストーラ版をご使用の場合のプリンタードライバーのインストール方法は、「LIPS4」-「README」-「WINNT40」フォルダー内のReadme.txtをご参照ください。
サーバーで共有する際のご注意
  • Microsoft WindowsNT4.0サーバー・Windows 2000/Windows XPクライアントの環境でご使用いただく場合には、クライアントであるMicrosoft Windows2000/Windows XPにはMicrosoft Windows 2000/Windows XP/Windows Server2003ドライバーをインストールしてご使用ください。
Microsoft WindowsNT4.0代替ドライバー機能について
  • Microsoft WindowsNT 4.0の代替ドライバー機能をご使用頂く場合には、Microsoft WindowsNT 4.0 Service Pack 5 以降のインストールが必要です。

ソフトウエア概要

名称 LIPS4 Windows NT4.0 JドライバーV10.93
ソフト概要 本製品は、Microsoft Windows NT4.0 日本語版から印刷するためのソフトウエアです
対象製品
  • LBP5900SE/5900/5800/5700/5500
  • LBP3950/3900/3800/3700
  • LBP-2810/2710/2510/2050/1910
  • LBP-1820/1810/1620/1420/1310
  • iR C6870/C6870N
  • iR C6800/C6800N
  • iR C5870/C5870N
  • iR C5800/C5800N
  • iR C3220/C3220N
  • iR C3200/C3200N
  • iR C3170/C3170F
  • iR C3100/C3100N/C3100F/C3100i
  • iR C2620/C2620N
  • iR C2570/C2570F
  • iR105i/105-E/105
  • iR8570N/8500-E/8500
  • iR7270N/7200-E/7200
  • iR7105i/7095i/7086N
  • iR6060i/6050i/5160i/5150i
  • iR6000i/6000/6010/5000i/5000/5110
  • iR6570/5570/4570/3570/2870/2270
  • iR3350i/3310/3300i/3300
  • iR2850i/2810/2800i/2800
  • iR2250i/2210/2200i/2200/2010/2000
  • iR1610/1600/1500
  • iR400/GP405 LIPS-D2
  • BIJ2350/1350D/1350
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 LHA自己解凍型(EXE 形式)
使用条件 このソフトウエアをダウンロードする前に、本ページ冒頭に記載してあります「使用許諾契約書」を必ずお読みください。

本製品の内容

  • 本プリンタードライバーは、Microsoft Windows NT4.0から印刷するためのプリンタードライバーです。
  • Microsoft Windows NT4.0上で定型から定型、または%単位での拡大縮小機能や、ドライバー上でのフォーム オー バーレイ機能、LIPSモードとイメージモードの切り替え機能、両面印刷機能などLIPS IVの多彩な機能をサポートしています。 ユーザーインターフェースには、さまざまな印刷に対応したプリンタードライバーの設定が「お気に入り」 としてあらかじめ用意されています。
  • [お気に入り] リストから項目を選択するだけで目的に応じた最適な設定の印刷を行うことができます。お気に入り設定では、従来の印刷目的より広範囲なドライバー設定を保持することが可能になっ ています。
  • さらにNetSpot Job Monitorをご使用いただくことにより、印刷がより快適になります。
  • NetSpot Job Monitorは、ネットワークに接続されているプリンター も含め、プリンターの状態確認、印刷ジョブの確認や、印刷の終了を 通知することが可能な、プリンターをより快適にご使用頂くための ユーティリティソフトです。

変更履歴

【プリンタードライバー Ver10.91からVer10.93への変更点】
  • ポイントアンドプリントでMicrosoft WindowsNT4.0クライアントにプリンタードライバーを作成した際[印刷の向きを180度回転する]設定が有効になってしまうことがありました。この現象に対応しました。
【プリンタードライバー Ver10.90からVer10.91への変更点】
  • 印刷時スプーラサービスが不正終了する場合がありました。この現象に対応しました。
【プリンタードライバー Ver10.80からVer10.90への変更点】
  • LBP3950/LBP3900に対応しました。
  • iR7105i/iR7095i/iR7086Nに対応しました。
  • DynaFontの外字含む文字データを縮小出力するとフォント抜けする現象に対応しました。
  • iR4570/3570/2870/2270においてユーザー定義用紙最小設定範囲を140.0~182.0mmから99.0~148.0mmへ変更しました。本体ファームのバージョンアップが必要になる場合がございます。
  • iR7150i/7095i/7086Nにおいてボックスにデータを登録する際に、同時に一部だけ印刷を行う機能に対応しました。
  • iR7150i/7095i/7086Nにおいて製本印刷の際に各ページのレイアウトに適した部数印字が可能となりました。
  • iR7105i/7095i/7086Nにおいてデバイスプレビューボタンを新設しました。
    • [全般シート]→[印刷設定]に[デバイスプレビュー]を追加しました。
  • LBP3950/3900では[内部スプール処理]が"ホスト側の処理を無効にする"の場合でもOHP中差し機能が使用できます。
    • [全般シート]→[印刷設定]→[給紙シート]→[給紙方法]→[OHPフィルムの間に用紙をはさむ]
【プリンタードライバー Ver10.70からVer10.80への変更点】
  • iR C6870/C5870に対応しました。
  • 部門管理の機能を一部変更いたしました。
    • [デバイス設定シート]→[部門管理機能を使う]→[設定]→[ID/パスワードの設定]→[確認ダイアログの表示]に[前回印刷時と日付が異なるときのみ]を追加しました。
  • Point&Print環境にて部門管理ID機能使用時、認証が不可となり印刷できない場合がありました。この現象に対応しました。
  • Adobe Reader6.0にて作成した特定PDFファイルをPageComposer機能を使用して印刷を行うと、途中のページでエラーとなり印刷できない場合がありました。この現象に対応しました。
  • Accessのレポートから印刷を行うと縮小されて印刷されてしまう場合がありました。この現象に対応しました。
  • PDFの画像データをイメージモードで出力すると青みがかかる場合がありました。この現象に対応しました。
  • NetSignal経由でPageComposer機能を使用して印刷を行うと印刷できない場合がありました。この現象に対応いたしました。
【プリンタードライバー Ver10.61からVer10.70への変更点】
  • LBP5900/1810に対応しました。
  • iR C3170/C2570に対応しました。
  • BIJ1350Dに対応しました。
  • ページ修飾機能において、フォントの選択に対応しました。
  • iR C3170/iR C2570にてグループ印刷時のステイプル設定に対応しました。
  • iR7270N/iR 8570N/iR105i(機能バージョン2.0以上)にて、印字位置をずらす機能を両面の表裏それぞれに指定できるよう変更しました。
  • 通常使うプリンターにLIPSドライバーVer10.xxが指定されている場合、株式会社ビーコン インフォメーションテクノロジー製BusinessObject使用時にフォームの方向が逆に表示される場合がありました。この現象に対応しました。
  • OS上に登録した外字がiRC3100にて出力できない場合がありました。この現象に対応しました。
  • パワーソフト株式会社製PowerBuilder5.0.03で作成されたアプリケーションにて出力できない場合がありました。この現象に対応しました。

動作環境

ソフトウエア

  • Microsoft Windows NT Workstation/Server Version 4.0 日本語版

ハードウエア

  • 上記ソフトウエアが動作するコンピューター。

ハードディスク容量
(インストーラ使用時)

  • 最低:45MB (推奨:210MB以上)

  • Microsoft Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ダウンロードされたファイルにつきましては、2006年3月31日以前(弊社社名変更前)の情報が含まれている場合がございます。ご了承ください。
このページのトップへ