Canon LIPS4 Printer Driver & Utilities for Macintosh Version 6.22

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2012年2月7日

使用許諾契約書

ご注意:下記の使用許諾契約書(以下本契約書と言います。)をよくお読みください。
これは、お客様が、本契約書と共に無償で提供されるキヤノン製のデジタル複合機、カラー複写機およびプリンタ(以下「キヤノン製品」と言います。)用ソフトウエア(本契約書以外の各マニュアル、印刷物等を含み、併せて以下「本ソフトウエア」と言います。)をご使用になるための、お客様とキヤノン株式会社(以下キヤノンと言います。)との間の契約書です。

お客様は、『同意』を示す行為、または「本ソフトウエア」の使用のいずれかをもって、本契約書に同意したことになります。お客様が本契約書に同意できない場合、「本ソフトウエア」を使用することはできません。

  1. 許諾
    1. キヤノンは、お客様が「キヤノン製品」を利用する目的のために、「キヤノン製品」に直接またはネットワークを通じ接続される複数のコンピュータ(以下「指定機器」と言います。)において、「本ソフトウエア」を使用(本契約書においては、「本ソフトウエア」をコンピュータの記憶媒体上にインストールすること、またはコンピュータにおいて表示すること、アクセスすること、もしくは実行することのいずれも含むものとします。)するための非独占的権利をお客様に対して許諾します。お客様は、また「指定機器」にネットワークを通じて接続されたコンピュータ上で、かかるコンピュータの使用者に対して「本ソフトウエア」を使用させることができますが、かかるコンピュータの使用者に本契約書上の義務および条件を遵守させるとともに、その履行に関し全責任を負うことを条件とします。
    2. お客様は、上記(1)に基づいて「本ソフトウエア」を使用するためのバックアップとして、「本ソフトウエア」を1部、複製することができます。
    3. 上記(1)および(2)に定める場合を除き、キヤノンまたはキヤノンのライセンサーのいかなる知的財産権も、明示たると黙示たるとを問わず、本契約書によってお客様に譲渡あるいは許諾されるものではありません。
  2. 制限
    1. お客様は、再使用許諾、譲渡、販売、頒布、リースもしくは貸与その他の方法により、第三者に「本ソフトウエア」を使用させることはできません。
    2. お客様は、「本ソフトウエア」の全部または一部を修正、改変、逆コンパイル、逆アセンブル、その他リバースエンジニアリング等することはできません。また第三者にこのような行為をさせてはなりません。
  3. 帰属
    「本ソフトウエア」に係る権原および所有権は、その内容によりキヤノンまたはキヤノンのライセンサーに帰属します。
  4. 著作権表示
    お客様は、「本ソフトウエア」に含まれるキヤノンまたはキヤノンのライセンサーの著作権表示を変更し、除去しもしくは削除してはなりません。
  5. 保証の否認・免責
    1. 「本ソフトウエア」は、『現状のまま』の状態で使用許諾されます。キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウエア」に関して、商品性および特定の目的への適合性の保証を含め、いかなる保証も、明示たると黙示たるとを問わず一切しないものとします。
    2. キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウエア」の使用または使用不能から生ずるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含むがこれらに限定されない全ての損害を言います。)について、適用法で認められる限り、一切の責任を負わないものとします。たとえ、キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。
    3. キヤノン、キヤノンの子会社、キヤノンの関連会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウエア」、または「本ソフトウエア」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じたいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。
  6. 輸出
    お客様は、日本国政府または関連する外国政府より必要な認可等を得ることなしに、「本ソフトウエア」の全部または一部を、直接または間接に輸出してはなりません。
  7. 契約期間
    1. 本契約書は、お客様が、『同意』を示す行為を行った時点、または「本ソフトウェア」を使用した時点で発効し、下記(2)または(3)により終了されるまで有効に存続します。
    2. お客様は、「本ソフトウエア」およびその複製物のすべてを廃棄および消去することにより、本契約書を終了させることができます。
    3. お客様が本契約書のいずれかの条項に違反した場合、本契約書は直ちに終了します。
    4. お客様は、上記(3)によって本契約書が終了した場合、速やかに、「本ソフトウェア」およびその複製物のすべてを廃棄または消去するものとします。
  8. U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE
    The Software is a "commercial item," as that term is defined at 48C.F.R. 2.101 (Oct 1995), consisting of "commercial computer software"and "commercial computer software documentation," as such terms areused in 48 C.F.R. 12.212 (Sept 1995). Consistent with 48 C.F.R.12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.7202-4 (June 1995), allU.S. Government End Users shall acquire the Software with only thoserights set forth herein. Manufacturer is Canon Inc./30-2,Shimomaruko 3-chome, Ohta-ku, Tokyo 146-8501, Japan.
    本条項中で使用される"the Software"とは、本契約書中で定義される「本ソフトウェア」を意味し、指し示すものとします。
  9. 分離可能性
    本契約書のいずれかの条項またはその一部が法律により無効であると決定された場合でも、その他の条項は完全に有効に存続するものとします。

以 上
キヤノン株式会社

  • ダウンロード
ファイル容量
26,629,242 byte

注意・制限事項

  • Intelプロセッサ搭載のMacintosh のAppleTalkは非サポートとなります。
  • Mac OS 9 以降のマルチユーザー環境でプリンタードライバーをインストールする場合は「所有者」のアカウントでコンピューターにログインしてください。
  • Mac OS 8より前のQuickDraw GXには対応していません。
  • 日本語版以外のMac OSには対応していません。
  • LBP4510では LBP4500を選択ください。
  • プリンターとネットワークボードは以下の組み合せでご利用になれます。
  • LBP5910F
  • LBP5910
  • LBP5900SE
  • LBP5900
  • LBP5800
  • LBP5400
  • LBP4510
  • LBP4500
  • LBP3980
  • LBP3970
  • LBP3950
  • LBP3930
  • LBP3920
  • LBP3910
  • LBP3900
  • LBP3800
  • LBP3410
  • LBP-2810
  • LBP-2360
  • LBP-1910
  • LBP-1820
  • LBP-1810
  • LBP-1710
  • iRシリーズ
  • imagePRESSシリーズ
標準付属のネットワークボード
  • LBP5700
  • LBP5500
  • LBP3700
  • LBP-2710
  • LBP-2510
  • LBP-2300
  • LBP-2050
  • LBP-1620
  • LBP-1610
  • LBP-1510
  • LBP-1420
  • LBP-1310
NB-5F
  • LBP-2300
  • LBP-2050
  • LBP-1610
  • LBP-1510
  • LBP-950
NB-4F
  • CP680
CP LIPS-C1プリンターボード 付属のネットワークボード
  • iR400
  • GP405
ネットワークLIPSプリンターキット・D2
  • Mac OS 8/8.1/8.5/8.5.1/8.6の環境で下記機種をご利用になる場合は、バージョン3.90をご利用ください。
    • LBP-2810/2710/2510/2360/2300/2050
    • LBP-1910/1820/1810/1710/1620/1610/1510/1420/1310
    • LBP-950
    • iR C3200/C3200N
    • iR 105-E/105
    • iR 8500-E/8500
    • iR 7200-E/7200
    • iR 6050i/6010/6000i/6000
    • iR 5150i/5110/5000i/5000
    • iR 3300i/3300F/3300L/3300/3250i/3250
    • iR 2800i/2800F/2800L/2800/2200i/2200F/2200L/2200
    • iR 2000FL/2000F/2000L/2000
    • iR 1600FL/1600F/1600L/1600
    • GP405-D2
    • CP680 LIPS-B1/C1
    ダウンロードはCanon LIPS4 Printer Driver & Utilities for Macintosh Version 3.90です。
  • 下記の機種でご利用する場合にはバージョン3.90をご使用ください。
    バージョン5.30以降と同時に使用することが可能です。
    • LBP-2260/2200/2160/2040
    • LBP-930EX/930/910/880/870/850/840/470
    ダウンロードはCanon LIPS4 Printer Driver & Utilities for Macintosh Version 3.90です。
  • 本ドライバーでは旧バージョンのColorGear(ファイル名:ColorGear(TM)CMM)を使用しません。BJドライバーまたは本ドライバー以外のLBPドライバーを使用していない場合は、旧バージョンのColorGear(ファイル名:ColorGear(TM)CMM)を削除してください。なお本ドライバーで使用するColorGearのファイル名は、ColorGearCMMです。
    本ドライバーはカラーマッチングにApple社製ColorSync3.0.3以降を使用します。
    ColorSync3.0.3以降がインストールされていない場合は、本ドライバーのインストール前にColorSync3.0.3以降をインストールしてください。
    (ColorSyncは、英語版、日本語版のどちらでも使用できます。)

インストールについて

Macintosh用LIPSプリンタードライバー オンラインマニュアル
Macintosh用LIPSプリンタードライバーの使用方法については以下のPDFファイルで説明しています。
PDFマニュアルダウンロード [ファイル容量 8,746,623 byte]
  • Macintosh用LIPSプリンタードライバー オンラインマニュアルはプリンタードライバーにも含まれております。

ソフトウエア概要

名称 Canon LIPS4 Printer Driver & Utilities for Macintosh Version 6.22
ソフト概要 Apple社のMacintosh QuickDraw環境からキヤノン製内蔵型ネットワークボードによりAppleTalk環境に接続されているLBP、PIXEL、iR各シリーズへの出力を可能にする。
対象製品
  • LBP5910F/5910/5900SE/5900/5800/5700/5500/5400
  • LBP4510/4500
  • LBP3980/3970/3950/3930/3920/3910/3900/3800/3700/3410
  • LBP-2810/2710/2510/2360/2300/2050
  • LBP-1910/1820/1810/1710/1620/1610
  • LBP-1510/1420/1310/950
  • iR C6880N/C5880N
  • iR C6870/C6870N
  • iR C6800/C6800N
  • iR C5870/C5870N
  • iR C5800/C5800N
  • iR C5185/C5185N
  • iR C5180/C5180N
  • iR C4580/C4580F
  • iR C4080/C4080F
  • iR C3880/C3880F
  • iR C3580/C3580F
  • iR C3380/C3380F
  • iR C3220/C3220N
  • iR C3200/C3200N
  • iR C3170/C3170F
  • iR C3100/C3100N/C3100F/C3100i
  • iR C3080/C3080F
  • iR C2880/C2880F
  • iR C2620/C2620N
  • iR C2570/2570F
  • iR105-E/105/8500-E/8500/8500B/7200-E/7200
  • iR105i/8570N/7270N
  • iR7105i/7095i/7086N/7086B/7105B
  • iR6570/6570N/5570/5570N
  • iR6060i/6050i/6010/6000i/6000
  • iR5160i/5150i/5110/5000i/5000
  • iR5075N/5065/5065N/5055/5055N
  • iR4570/4570F/3570/3570F
  • iR3350i/3310/3300i/3300
  • iR3250i/3250
  • iR3245/3245F/3235/3235F/3225/3225F
  • iR3045/3045F/3035/3035F/3025/3025F
  • iR2870/2870F/2270/2270F
  • iR2850i/2810/2800i/2800
  • iR2250i/2210/2200i/2200
  • iR2000/2000F/2000L/2000FL
  • iR1600/1600F/1600L/1600FL
  • iR1500
  • iR400/GP405 LIPS-D2
  • CP680 LIPS-B1/C1
  • imagePRESS C1
  • imagePRESS C6000
  • imagePRESS C7000VP
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 STUFF IT 自己解凍型(SEA形式)
使用条件 このソフトウエアをダウンロードする前に、本ページ冒頭に記載してあります「使用許諾契約書」を必ずお読みください。

本製品の内容

  • Apple社のMacintosh QuickDraw環境からキヤノン製内蔵型ネットワークボードによりAppleTalk環境に接続されているLBP、PIXEL、iR各シリーズへの出力を可能にします。

変更履歴

【V6.21からV6.22への主な変更点】
  • LBP4510に対応しました
  • 16bit画像データを印刷すると停止中となり出力されない不具合に対応しました。
  • 特定のデータを印刷するとジョブが停止中となり出力されない不具合に対応しました。
【V6.20からV6.21への主な変更点】
  • LBP4500に対応しました。
  • iR3225、iR3235/3245に対応しました。
  • MacOS 10.5.3にアップデートすると、IPv4/v6 の通信、印刷、モニタリングが出来ない現象に対応しました。
【V6.10からV6.20への主な変更点】
  • LBP3980に対応しました。
  • Adobe Acrobat 7 でグラデーションを含むPDFデータを印刷した場合に、グラデーション部分が抜けてしまう現象に対応しました。
  • 表紙/裏表紙挿入可能デバイスにおいて、製本印刷時に表紙の挿入が指定不可となっていた現象に対応しました。※1
    • ※1 iR C6880N / C5880N,iR C6870 / C6870N,iR C6800 / C6800N,iR C5870 / C5870N,iR C5800 / C5800N,iR C5185 / C5185N,iR C5180 / C5180N,iR C4580 / C4580F,iR C4080 / C4080F,iR C3880 / C3880F,iR C3580 / C3580F,iR C3380 / C3380F,iR C3220 / C3220N,iR C3200 / C3200N,iR C3170 / C3170F,iR C3100 / C3100N / C3100F / C3100i,iR C3080 / C3080F,iR C2880 / C2880F,iR C2620 / C2620N,iR C2570 / 2570F,iR105 / 8500 / 8500B / 7200,iR105i,iR7105i / 7105B / 7086N / 7086B,iR6570 / 6570N / 5570 / 5570N,iR6060i / 6050i / 6000i / 6000,iR5160i / 5150i / 5000i / 5000,iR5075N / 5065 / 5065N / 5055 / 5055N,iR4570 / 4570F / 3570 / 3570F,iR3350i / 3300i / 3300,iR3045 / 3045F / 3035 / 3035F / 3025 / 3025F,iR2870 / 2870F / 2270 / 2270F,iR2850i,iR2250i / 2200i / 2200,imagePRESS C1,imagePRESS C6000,imagePRESS C7000VP
  • LBP3980/LBP3910/LBP3930において、[印字開始位置をずらす]の設定を0.1mm単位に変更しました。
    • [仕上げシート]→[仕上げ詳細]→[処理オプション]→[印字開始位置をずらす]
  • MacOS9ドライバーで、[色調整サンプルプリント]を削除しました。
    [お気に入り]に設定されていた場合は、無効となります。
    • [印刷品質]→[色調整サンプルプリント]
【V6.01からV6.10への主な変更点】
  • LBP3910/3930、LBP5910/5910F,iR7105i/7095i/7086N/7086B/7105B
    (System Ver.50以降),iR5075(System Ver.20以降),iR5055/iR5065
    (System Ver.20以降),iR C5880/C6880,iPR C1,iR C3080/3580,
  • iR C4080,iPR C6000,iPR C7000VP V2(System Ver50以降)に対応しました。
  • LBP3910/3930において特殊印字モードA/Bが追加しました。
  • 部門管理機能でIDが不定のジョブの送信の制限を回避する機能を追加しました。
  • iR5075,iR5055/5065,iR5075(System Ver.20以降),iR5055/iR5065
    (System Ver.20以降)においてC折りの詳細設定を追加しました。
  • iPR C7000VP V2(System Ver50以降),iPR C6000,iPR C1,iR7105i/7095i/7086N/7086B/7105B(System Ver.50以降),iR5075(System Ver.20以降),iR5055/iR5065(System Ver.20以降)においてインデックス紙への印刷時に、印字位置をずらさずに印字する機能に対応しました。
  • 特定のPDFファイルをSafariから印刷するとスプールに溜まってしまう現象に対応しました。
【V6.00からV6.01への主な変更点】
  • iR3250をIP接続[CanonIP(LIPS)]でプリンターを追加した場合に、機種が「GENERIC」となり印刷が出来ない場合がありました。この現象に対応しました。
【V5.90からV6.00への主な変更点】
  • iR3025,iR3035/3045,iR5075,iR5055/5065,iRC5185,iRC5180/C3880/C4580
    (System Ver.60以降),iRC2880/C3380(System Ver.60以降),iPR C7000VPの対応を追加しました。
  • iPR C7000VPにおいて大容量スタッカ×2に対応しました。
  • iPR C7000VPの給紙段に対応しました。
  • iR5075,iR5055/5065においてC折り対応しました。
    • [仕上げ]→[C折り]
  • iRC5185,iRC2880/C3380/iRC3880/C4580(System Ver.60以降)においてドライバーから本体の地紋印字機能の使用を可能とする機能に対応しました。
    • [仕上げ]→[仕上げ詳細]→[デバイスの地紋印字機能を使う]
  • iRC5185,iRC3880/C4580(System Ver.60以降)において、印刷ジョブを一旦デバイスにためておく為のホールドキューに対応しました。
    • [特別処理]→[ジョブ処理方法]→[ホールド]
  • iRC5185,iRC2880/C3380/iRC3880/C4580(System Ver.60以降)において表紙/裏表紙の設定ユーザーインターフェースを変更しました。
    • [表紙の設定項目]のポップアップメニューにより設定。
【V5.80からV5.90への主な変更点】
  • LBP3970/3920、LBP5400、iR C3380/2880、パーフェクトバインダー・A1(iR7105i/7095i/7086N/7086B/7105B オプション)
  • iR7105i/7095i/7086N/7086B/7105BにおいてパーフェクトバインダーA1装着時にくるみ製本に対応しました。
  • LIPSモードにおいてもイメージモードと同じ「なし(黒ベタ)」に対応しました。
  • [トナー節約モード]/[ドラフトモード]設定の選択にパネル優先を追加しました。
  • iR2870/2270、iR4570/3570において[細線を補正する]設定を追加しました。
    • [仕上げ]→[仕上げ詳細]→[細線を補正する]
【V5.71からV5.80への主な変更点】
  • imagePRESS C1、iR C5180/4580/3880、LBP3950/3900、LBP3410の対応を追加しました。
  • imagePRESS C1、iR C5180/4580/3880においてスーパースムーズからアドバンスドスムージングへ変更しました。
  • imagePRESS C1、iR C5180/4580/3880において[画像圧縮]設定に対応しました。
  • imagePRESS C1において[シャープネス]設定に対応しました。
  • iR C5180/4580/3880においてモノクロモード/カラーモードの自動切替に対応しました。
【V5.70からV5.71への主な変更点】
  • iR1600をUSB接続でプリンター登録すると、プリンター名がGenericとして登録される現象に対応しました。
【V5.60からV5.70への主な変更点】
  • iR C6870/C6870N/C5870/C5870Nの対応を追加しました。
  • iR 7086N/7086B/7095i/7105i/7105Bの対応を追加しました。
【V5.50からV5.60への主な変更点】
  • iR C3170/C2570/6570/5570の対応を追加しました。
  • LBP5900の対応を追加しました。
【V5.40からV5.50への主な変更点】
  • iR C5800/C5800N/C2620/C2620Nの対応を追加しました。
  • iR4570/3570/2870/2270シリーズの対応を追加しました。
  • LIPS4 Ver5.30ドライバーを使用し、MacOS10.3.xから出力しようとすると、LIPS Launcherエラー「15992」エラーが発生する場合がありました。この現象に対応しました。
  • iR4570/3570/2870/2270シリーズをご使用時、以下の機能に対応しました。
  • プリンタードライバーから複数のボックスに対し同時にジョブを投入できるように変更しました。
  • 印刷部数の最大値を「9999」に変更しました。
  • とじ代の設定範囲の最大値を「50mm」に変更しました。
【V5.30からV5.40への主な変更点】
  • iR C3220/C3220Nの対応を追加しました。
  • iR C3100/iR C6800/iR C3220の排紙先指定ができるようになりました。
【V5.20からV5.30への主な変更点】
  • LBP3800/3700の対応を追加しました。
  • iR C6800/C6800Nの対応を追加しました。
  • 旧機種の対応を追加しました。
【V5.10からV5.20への主な変更点】
  • LBP5800/5700/5500の対応を追加しました。
  • iR 6060i/5160iの対応を追加しました。
【V5.00からV5.10への主な変更点】
  • iR C3100/C3100N/C3100F/C3100iの対応を追加しました。
  • iR 3350i/3310/2850i/2810/2250i/2210の対応を追加しました。
【V3.90からV5.00への主な変更点】
  • MacOS Xドライバーとのモジュールの共通化を行いました。
  • 対応機種の変更を行いました。
    下記の機種でご利用する場合にはバージョン3.90をご使用ください。
    バージョン5.00と同時に使用することが可能です。
    • キヤノン LBP-2360/2300/2260/2200/2160/2040
    • キヤノン LBP-1810/1710/1610/1510
    • キヤノン LBP-950/930EX/930/910/880/870/850/840/470
    • キヤノン CP680 LIPS-B1/C1
    • キヤノン CP660 LIPS-B1/A1
    • キヤノン iR 3250i/3250
【V3.80からV3.90への主な変更点】
  • iR C3200の対応を追加しました。
【V3.70からV3.80への主な変更点】
  • LBP-1420,LBP-1620,LBP-1820,LBP-2510の対応を追加しました。
【V3.61からV3.70への主な変更点】
  • iR 6050i,iR 5150i対応を追加しました。
【V3.60からV3.61への主な変更点】
  • iR 3300i,iR 3250i,iR 2800i,iR 2200i対応を追加しました。
【V3.50からV3.60への主な変更点】
  • LBP-2810,LBP-2710対応を追加しました。
【V3.40からV3.50への主な変更点】
  • LBP-1310,LBP-1910対応を追加しました。
  • iR 1600,iR 2000対応を追加しました。
【V3.30からV3.40への主な変更点】
  • CP680 LIPS-C1内蔵ネットワークボード対応を追加しました。
  • iR 105/7200/5000i/6000i対応を追加しました。
【V3.20からV3.30への主な変更点】
  • LBP-2050対応を追加しました。
  • iR 8500/3300/2800/2200対応を追加しました。
【V3.10からV3.20への主な変更点】
  • LBP-1710,1510対応を追加しました。
【V3.00からV3.10への主な変更点】
  • LBP-2360,2300,1810,1610対応を追加しました。
  • USB接続での印刷に対応しました。
  • 対応OSをMacOS8以上に変更しました。
【V2.70からV3.00への主な変更点】
  • MEDIO iR 6000/5000対応を追加しました。
【V2.61からV2.70への主な変更点】
  • LBP-2200対応を追加しました。
【V2.60からV2.61への主な変更点】
  • CP660 LIPS-B1(PIXEL L LIPS IVプリンターボード)対応を追加しました。
  • CP680 LIPS-B1(PIXEL L LIPS IVプリンターボード)対応を追加しました。
【V2.50からV2.60への主な変更点】
  • LBP-950対応を追加しました。
  • 対応OSにMacOS9を追加しました。
【V2.40からV2.50への主な変更点】
  • LBP-470、LBP-870対応を追加しました。
【V2.30からV2.40への主な変更点】
  • LBP-2260対応を追加しました。
  • 対応OSにOS8.6を追加しました。
【V2.20からV2.30への主な変更点】
  • LBP-910,LBP-880対応を追加しました。
【V2.10からV2.20への主な変更点】
  • LBP-2040対応を追加しました。
【V2.00からV2.10への主な変更点】
  • 対応OSにOS8.1を追加しました。
  • CP660 LIPS-A1(PIXEL L LIPS IVプリンターボード)対応を追加しました。
【V1.31からV2.00への主な変更点】
  • 対応OSを漢字Talk7.5以上に変更しました。
  • LBP-2160対応を追加しました。

動作環境

ソフトウエア

  • Mac OS 9.1/9.2.1/9.2.2/X (10.2.8以降:Classic 環境のみ)

ハードウエア

  • Power Macintosh シリーズ。

メモリー

  • 上記OSが動作するために必要なメモリー。

USBポート

  • Macintoshに標準で搭載されているUSBポート

ネットワークボード

  • LASER SHOT 内蔵型プリントサーバー NB-4F、NB-5F
  • LBP/iR/GP/CPシリーズのプリンターボードまたは、本体に付属のネットワークボード

AppleTalk

  • 上記に付属のネットワークボードはフェーズ2のEtherTalk

  • Apple、Macintosh、Mac、Mac OSは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ダウンロードされたファイルにつきましては、2006年3月31日以前(弊社社名変更前)の情報が含まれている場合がございます。ご了承ください。
このページのトップへ