プリントジェットオフセットのキャリブレーション方法



プリントジェットオフセットのキャリブレーション方法
更新日 : 2016年6月3日
文書番号 : Q000084561



プリントジェットオフセットのキャリブレーションとは、プリントジェットの出力位置を調整する作業です。
この作業は、出荷時に弊社で行っておりますのでお客様に作業を行って頂く必要はありません。
プリントジェットオフセットのキャリブレーションの方法は下記の通りです。

プリントジェットオフセットのキャリブレーション

警告:Cubifyサポートから指示があった場合を除いて、[プリントジェットのキャリブレーション]画面の[ジェットをオフセット印刷します]は使用しないでください。
設定を変更すると、マルチカラーまたは複数タイプの材料でのプリントの品質に影響を与えます。
プリントジェットは、工場でキャリブレーションされています。これらの設定のいずれの変更も、Cubifyサポートの承認と手引きが必要です。

注記:プリントジェットのオフセットキャリブレーションは、2つ以上のプリントジェットが搭載されたプリンターに適用されます。

校正ファイルは、ホームページwww.cubify.comからダウンロードできます。
キャリブレーションでは、他のCUBEPROファイルと同じように校正ファイルをプリントします。
プリントジェットオフセットの校正ファイルには、プリントジェットを2つ搭載したプリンター用のPro_2と、プリントジェットを3つ搭載したプリンター用のPro_3があります。実際のファイル名とは、異なる場合があります。

プリントジェットオフセットの概要

ご使用のプリンターの機種によって、最大3つのプリントジェットが搭載されています。
プリントジェットオフセットのキャリブレーションは、マルチカラーまたは複数タイプの材料を使用したプリントが整合しない場合に必要です。
プリントジェットオフセットが適切にキャリブレーションされていない場合、サポート材が設計どおりにプリントされないことがあります。
また、プリントジェットまたは押出機を交換した場合は、必ずプリントジェットオフセットを実行してください。
プリントジェットオフセットのキャリブレーションが必要になった場合は、各プリントジェットのオフセットが適正であるかを確認します。
校正ファイルのプリントでは、すべてのプリントジェットでスケールがプリントされます。
プリントジェット2および3でプリントされたスケールと、プリントジェット1でプリントされたスケールとを比較します。

注記:プリントジェット2および3でプリントされたスケールを、プリントジェット1でプリントされたスケールと比較することが重要です。
プリントジェット1は調整しないでください。

プリントスケール

Y軸スケール

プリントジェット3 Y軸スケール

プリントジェット1 Y軸スケール

プリントジェット2 Y軸スケール

X-軸スケール

プリントジェット2 X軸スケール

プリントジェット1 X軸スケール

プリントジェット3 X軸スケール

Y軸スケールでは横方向のラインが3本ずつ縦にプリントされ、X軸スケールでは縦方向のラインが3本ずつ横方向にプリントされます。
各スケールに表示されている1、2、および3の番号は、プリントに使用したプリントジェットの番号です。
プリントジェット1は、プリントジェット2とプリントジェット3の間にプリントされます。
プリントジェットが2つしか搭載されていないプリンターでは、プリントジェット3の位置には何もプリントされません。
プリントされたラインは0.1 mmのオフセットに相当し、中央の矢印付きのラインが一致すべき基準ラインです。

プリントジェットオフセットのスケールの読み方

X軸のスケールを例に説明します。Y軸のスケールについても同様です。
プリントジェット2のキャリブレーションでは、プリントジェット2とプリントジェット1の矢印付きのラインを比較します。
2本のラインが横方向で一致していれば正常です。
上図では、白色のラインが青色のラインよりも左側へずれているため、プリントジェット2を正の方向に動かす必要があります。
調整量は、白色と青色のラインが横方向で一致している箇所で判断します。
+0.3の2本のラインが一致しているので、プリントジェット2のオフセット値を0.3 mm大きくします。
プリントジェット3のキャリブレーションでは、プリントジェット3とプリントジェット1の矢印付きのラインを比較します。
2本のラインが横方向で一致していれば正常です。上図では、黄色のラインが青色のラインよりも右側へずれているため、プリントジェット3を負の方向に動かす必要があります。
調整量は、黄色と青色のラインが横方向で一致している箇所で判断します。
-0.3の2本のラインが一致しているので、プリントジェット3のオフセット値を0.3 mm小さくします。

■プリントジェットオフセットの調整

プリントジェット2のX軸のキャリブレーションを例に説明します。プリントジェット3やY軸のキャリブレーションについても同様です。
実際のキャリブレーションでは、ご使用のプリンターでプリントされたスケールに基づいて作業をしてください。

1.

ホームページwww.Cubify.comで、[PRINTERS+]を選択します。

 

2.

[CubePro]を選択します。

 

3.

[CALIBRATION FILES]を選択します。

 

 

注記:ファイルのダウンロードが開始されます。

 

4.

ZIPファイルを展開して、USBメモリに保存します。

 

5.

USBメモリをプリンターのUSBポートに挿入し、[プリント]を選択します。

6.

校正ファイルに移動し、[プリント]を選択します。

注記:実際のファイル名は、図と異なる場合があります。

注記:カートリッジの装着または交換が必要になる場合があります。画面の指示に従い、ユーザーガイドの「CubeProの開梱および設置」を参照してください。

7.

プリントが終了したら、プリンターからプリントパッドを取り外して、スケールを確認します。調整が必要な場合は、次のステップに進んでください。スケールが正常な場合は、オフセットのキャリブレーションは必要ありません。

 

8.

[プリントジェットのキャリブレーション]画面で、[ジェットをオフセット印刷します]を選択します。

9.

プリントジェット2を調整する場合には、2を選択します。

10.

X軸のオフセット値を変更するには、X軸オフセットの数値を押して、強調表示させます。
この例では、プリントジェット2のX軸のオフセットを0.3 mm大きくします。

11.

上下矢印を押して、オフセット値を変更します。
この例では、上矢印を3回押して、オフセット値を22.30 mmに変更します。

 

注記:上矢印を押すと、オフセット値が大きくなります。下矢印を押すと、オフセット値が小さくなります。表示されている数値を繰り返し押すと、強調表示される桁が移動します。

 

注記:Y軸のオフセット値の変更も同様です。

 

注記:1 mm以上の変更が必要な場合は、表示されている数値を押して該当する桁を強調表示させ、上下矢印を押して変更します。

 

12.

プリントジェット2および3について、X軸およびY軸のオフセットの変更が終了したら、チェックマークを選択して続けます。

 

13.

プリント済みのスケールをプリントパッドから除去します。校正ファイルを再度プリントして、プリントジェットのX軸とY軸のオフセットが正常であることを確認します。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CubePro / CubePro Duo / CubePro Trio

 

[TOP▲]
このページのトップへ