データ変換からデータ出力までの一連の流れ



データ変換からデータ出力までの一連の流れ
更新日 : 2015年6月26日
文書番号 : Q000084654



下記にCubeProでデータ変換から出力するまでの一連の流れをまとめてありますのでご参照下さい。


 データの変換手順

 プリントの手順


データ変換手順

1.

[Home]タブの[Build]を選択します。

注記:詳細は、ユーザーガイドP41の「ビルドの設定(Build Settings)」を参照してください。

2.

ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力します。[Save as type][CubePro build files]を選択して、[Save]を選択します。

注記:ビルドには、数分間かかる場合があります。STLファイルがCUBEPROファイルに変換されます。

注記:ビルドが完了すると、プリント予想時間が表示されます。[OK]をクリックして、ウィンドウを閉じます。

注記:プリントするには、CUBEPROファイルをプリンターに送信する必要があります。ファイルを送信するには、2種類の方法があります。

・無線ネットワーク
・USBメモリ

注記:大容量のファイルを無線ネットワークでプリンターに送信すると、時間がかかります。USBメモリでの送信をお勧めします。

3.

CUBEPROファイルをUSBメモリに保存するには、[Home]タブの[Build]を選択します。接続されたUSBメモリを指定し、[Save]を選択します。無線ネットワークで送信する場合は、ステップ13に進んでください。

注記:CUBEPROファイルは、USBメモリのルートディレクトリに保存する必要があります。

4.

USBメモリを、プリンターのUSBポートに挿入します。ステップ6に進んでください。

 

5.

無線ユーティリティでCUBEPROファイルをプリンターに送信するには、[Send]選択します。

6.

プリンターのタッチスクリーンディスプレイで[プリント]を選択します。

注記:詳細は、ユーザーガイドP27の「作品のプリント」を参照してください。

 
プリントの手順
以下のステップは、作品をプリントする方法を示しています。

プリント動作中は、天板を開けないで下さい。プリント形成への悪影響、及びケガの原因になります。

1.

プリンターの電源およびタッチスクリーンディスプレイをオンにし、タッチスクリーンを押します。

2.

[プリント]を選択します。

注記:USBメモリにファイルが保存されている場合は、USBメモリをプリンターのUSBポートに挿入します。

注記:無線ネットワークを利用して、CubeProソフトウェアから直接プリントすることも可能です。

3.

<>(左右矢印)を押して[プリントするファイル]を表示させ、[プリント]を選択します。

注記:ファイル名がパネル上部に表示されます。

注記:PLA材が必要なプリントでABS材が装着されている場合は、材料カートリッジの変更を求めるメッセージが表示されます。[カートリッジを変更]を選択して、材料カートリッジを交換してください。詳細は、ユーザーガイドP50の「材料カートリッジの交換」を参照してください。

注記:ABS材が必要なプリントでPLA材が装着されている場合は、材料カートリッジの変更を求めるメッセージが表示されます。[カートリッジを変更]を選択して、材料カートリッジを交換してください。詳細は、ユーザーガイドP50の「材料カートリッジの交換」を参照してください。

注記:ABS材が必要なプリントでPLA材が装着されている場合は、材料カートリッジの変更を求めるメッセージが表示されます。[キャンセル]を選択して、材料カートリッジを交換してください。詳細は、ユーザーガイドP50の「材料カートリッジの交換」を参照してください。

注記:材料カートリッジに、プリントに十分な材料がない場合、材料カートリッジの変更を求めるメッセージが表示されます。[カートリッジを変更]を選択して、材料カートリッジを交換してください。詳細は、ユーザーガイドP50の「材料カートリッジの交換」を参照してください。

注記:作品ファイルがプリンターに装着されていないカラーを使用している場合、メッセージが表示されます。プリントするカラーを現在装着されているカラーに変更するには、チェックマークを選択します。材料カートリッジを変更するには、[戻る]を選択して、[カートリッジを変更]の指示に従います。カートリッジの変更については、ユーザーガイドP50の「材料カートリッジの交換」を参照してください。

4.

プリントプレートの中央に、Cubeグルーを薄く2層で塗布します。チェックマークを選択して続けます。

注記:詳細は、ユーザーガイドP49の「Cubeグルーの塗布」を参照してください。

注記:サイズの小さいプリントでは、Cubeグルーを薄く塗布してください。サイズが大きくなるにつれて、少し厚めにCubeグルーを塗布することをお勧めします。プリント開始後は、Cubeグルーの表面を乾燥させる必要があります。融解した材料によってCubeグルーの表面が溶け、接着が強化されます。

 

注記:Cubeグルーを塗布したエリアが作品の底面より大きいことを確認してください。

 

注記:プリント予想時間が、画面の下部に表示されます。

注記:ABS材のみでプリントする場合、プリンター内の温度を維持する必要があります。トップカバーとバックパネルが装着されていることを確認します。フロントカバーは閉じている必要があります。

注記:PLA材のみ、またはPLA材およびABS材の両方でプリントする場合は、プリントチャンバーを予熱する必要はありません。

注記:プリントジェットが加熱されます。

注意:十分に冷えるまでプリントジェットには触らないでください。

注記:ディスプレイ上部の青いバーは、進捗インジケータです。プリントを一時停止する場合は、[一時停止]を選択します。プリントをキャンセルする場合は、[キャンセル]を選択します。

注記:一時停止していたプリントを再開する場合は、[再始動]を選択します。

注記:プリントを中止する場合は、[キャンセル]を選択します。中止しない場合は、[再始動]を選択してプリントを続けます。

5.

プリントが完了したら、チェックマークを選択して続けます。

注記:プリントが完了すると、プリントジェットが冷却されます。

注意:十分に冷えるまでプリントジェットには触らないでください。

6.

作品をプリントパッドから取り外す方法や、作品およびプリントパッドの清掃の手順については、ユーザーガイドP32の「作品の仕上げ」を参照してください。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CubePro / CubePro Duo / CubePro Trio

 

[TOP▲]
このページのトップへ