受信したファクスをUSBフラッシュメモリーに自動保存する (MAXIFY MB2130/MB2030)



受信したファクスをUSBフラッシュメモリーに自動保存する (MAXIFY MB2130/MB2030)
更新日 : 2016年10月18日
文書番号 : Q000082004




受信したファクスを自動的にPDFとしてUSBフラッシュメモリーに保存することができます。
ここでは、受信したファクスを自動的にUSBフラッシュメモリーに保存するための設定について説明します。

重要
  • 受信したファクスを自動でUSBフラッシュメモリーに保存する設定にしているときは、USBフラッシュメモリーを本製品から抜き差ししないでください。
  • USBフラッシュメモリーに保存したファクスは、万一の故障に備えてほかの媒体に定期的に保存することをお勧めします。
  • データの破損または消失については、本製品の保証期間内であっても、理由の如何に関わらず、弊社では一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • USBフラッシュメモリーがセットされていない、または書き込み禁止になっていたなど、USBフラッシュメモリーへの保存ができなかった場合は、ファクス待機画面で[未処理の原稿があります]と表示され、本製品のメモリーにファクスが保存されます。
    本製品のメモリーに保存されたファクスは、手動でUSBフラッシュメモリーに保存することができます。USBフラッシュメモリーに保存後、不要なファクスは、本製品のメモリーから削除してください。

1. 本製品の電源が入っていることを確認します。

2. USBフラッシュメモリーをUSBメモリー接続部にセットします。

3. ホーム画面からボタンで[セットアップ]を選び、OKボタンを押します。

4. ボタンで[本体設定]を選び、OKボタンを押します。

5. ボタンで[ファクス設定]を選び、OKボタンを押します。

6. ボタンで[自動保存設定]を選び、OKボタンを押します。

7. ボタンで[する]を選び、OKボタンを押します。

8. ボタンで[USBメモリ―]を選び、OKを押します。


参考
     
  • 最大250ページまでひとつのPDFファイルとしてファクスを保存することができます。
  •  
  • 最大2000ファイルまで、PDFをUSBフラッシュメモリーに保存することができます。
  •  
  • ファクスを保存している途中で、USBフラッシュメモリーが抜かれたり、USBフラッシュメモリーの容量がいっぱいになったりした場合、タッチスクリーンにエラーメッセージが表示されます。[OK]をタップして、エラーを解除してください。
  • USBフラッシュメモリーに保存されるファクスのフォルダ名とファイル名は、以下のようになります。
    ・フォルダー名:CANON_SCFAXDOC0001
    ・ファイル名(拡張子:PDF):FAX_0001から連番
    ・ファイルの日付:本製品に登録されている日付/時刻で保存されます。
  • USBフラッシュメモリーを取り外すときは、[自動保存設定]を[しない]に設定してください。


関連情報

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MAXIFY MB2130 / MAXIFY MB2030

 

[TOP▲]
このページのトップへ