ファクスの基本的な設定をする (MAXIFY MB2130)



ファクスの基本的な設定をする (MAXIFY MB2130)
更新日 : 2016年8月12日
文書番号 : Q000088983



対処方法




1. 本製品の電源が入っていることを確認します。

2. ホーム画面から[セットアップ]を選びます。

3. [本体設定]を選び、OKボタンを押します。

4. [本体の基本設定]を選び、OKボタンを押します。

5. [日付/時刻設定]を選び、OKボタンを押します。

6. 日付を設定します。
ボタンで変更したい位置にカーソルを移動し、 ボタンで日付と時刻を設定します。
時間は24時間表示で設定します。
西暦は下2桁を入力してください。

7. OKボタンを押します。

8. ホームボタンを押して、ホーム画面に戻ります。


1. 本製品の電源が入っていることを確認します。

2. ホーム画面から[セットアップ]を選びます。

3. [本体設定]を選び、OKボタンを押します。

4. [ファクス設定]を選び、OKボタンを押します。

5. [ファクスの基本設定]を選び、OKボタンを押します。

6. [ユーザー情報設定]を選び、OKボタンを押します。
ユーザー名とユーザー電話番号を登録する画面が表示されます。

7. ユーザー名を入力します。
(1) [ユーザー名]にカーソルを合わせます。
(2) ユーザー名を入力します。
(3) OKボタンを押します。
参考
  • 名前はスペースを含む最大24文字まで入力できます。
  • 文字を入力する方法や消去する方法については、本ページ内の [ 文字や数字を入力する ] を参照してください。

8. ファクス/電話番号を入力します。
(1) [ユーザー電話番号]にカーソルを合わせます。
(2) ファクス/電話番号を入力します。
参考
  • ファクス/電話番号はスペースを含む最大20桁まで入力できます。
  • 文字を入力する方法や消去する方法については、本ページ内の [ 文字や数字を入力する ] を参照してください。

9. OKボタンを押して、登録を終了します。


[[ 文字入力モードを切り替える ]]

文字入力には、カナ、英字、数字の3つのモードがあり、ボタン(A)を押すたびに、カナ(カナ)→英字(ABC)→数字(123)→カナ(カナ)の順に切り替わります。
現在の入力モードは、液晶モニターの右下端の表示で確認できます。
参考
  • 文字入力モードは、それぞれの画面で入力可能な文字のモードにのみ切り替えできます。例えば、LAN設定の場合は、英小文字、英大文字、数字の3つのモードになり、電話番号やコピー枚数の入力では数字とその画面で入力可能な記号のみが表示されます。

[[ 文字や数字を入力・編集する ]]

入力したい文字のテンキーボタンを、目的の文字が入力欄に表示されるまで続けて押します。
文字入力では次の操作ができます。

  • 入力欄の入力位置(カーソル位置)を移動する
ボタン(B)を押します。
  • 入力した文字を削除する
カーソルを削除する文字に合わせ、中央のファンクションボタン(C)を押してを選びます。
  • スペースを入力する
右のファンクションボタン(D)を押して[スペース]を選びます。
  • 濁点、半濁点、記号を入力する
目的の文字が表示されるまでボタン(E)を続けて押します。
入力が終わったら、OKボタン(F)を押します。

[[ テンキーに割り当てられている文字の種類 ]]

ボタンカナモード英字モード数字モードファクス/電話番号の入力
(カナ)(ABC)(123)
アイウエオァィゥェォ
11
カキクケコa b c A B C22
サシスセソd e f D E F33
タチツテトッg h i G H I44
ナニヌネノj k l J K L55
ハヒフヘホm n o M N O66
マミムメモp q r s P Q R S77
ヤユヨャュョt u v T U V88
ラリルレロw x y z W X Y Z99
ワヲン
00
゛ ゜ - 、 。 「 」 ・. @ - _ SP *1 # ! " , ; : ^ ` = / | ' ? $ % & + ( ) [ ] { } < > \ *2 ~ *2#
入力モードを切り替えます。 *3

*1 「SP」は空白を表します。
*2 LAN設定の文字入力でのみ表示されます。
*3 LAN設定の場合は、カナモード(カナ)には切り替わりません。英小文字モード(abc)→英大文字モード(ABC)→数字モード(123)の順に切り替わります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MAXIFY MB2130

 

[TOP▲]
このページのトップへ