インクを補充する (G3310)



インクを補充する (G3310)
更新日 : 2018年2月13日
文書番号 : Q000093749



対処方法


1. 電源が入っていることを確認します。

2. スキャナーユニット/カバーを開きます。
重要
  • プリンター内部のチューブやそのほかの部分に触れないでください。プリンターの故障の原因となります。

3. インクタンクカバーを開きます。
ブラックインクを補充する場合は左側のインクタンクカバーを開きます。
カラーインクを補充する場合は右側のインクタンクカバーを開きます。

4. 補充するインクタンクのタンクキャップをつまんで外します。
重要
  • インクタンクのタンクキャップは、慎重に外してください。タンクキャップの内側にインクが付着している場合がありますので、外すときにインクが飛び散ることがあります。

5. 新しいインクボトルをパッケージから取り出します。

6. インクボトルを上向きに持ち、ボトルキャップをひねって取り外します。
重要
  • インクボトルのボトルキャップを外すときは、インクボトルの側面を持たずに、上の図の位置を持ってください。インクボトルの側面を強く押すと、インクが噴き出します。
  • 開封時にインクが飛び散る可能性がありますので、インクボトルを振らないでください。
  • インクボトルがへこんでいても、インクは使用できます。

7. インクを補充します。
インクボトルのノズルをプリンターのガイドに沿わせ、注ぎ口に差し込みます。
その後、インクボトルを垂直に立てて、ボトルの側面をはさむように押してインクを補充します。
重要
  • 各色のインクタンクに対して、確実に、対応する色のインクボトルからインクを充填してください。
  • インクを補充する際は、ボトルの横を強く押しすぎないようにしてください。ボトルを強く押すと、インクが飛び散るおそれがあります。
  • インクは、インクタンクの上限ラインを超えない位置まで補充してください。上限ラインを超えて補充するとインクがあふれ、プリンターの不良や故障の原因になり、印刷できなくなることがあります。
  • インクを補充した後は、インクボトルのボトルキャップをしっかりと閉じてください。
  • 処分の際はキャップをしたうえで、必ず法令や地域、自治体での条例、指示に従い処分してください。

8. インクタンクのタンクキャップを注ぎ口に戻します。
タンクキャップはしっかり差し込みます。
参考
  • タンクキャップにつながったゴムがねじれないよう、差し込んでください。

9. インクタンクカバーを閉じます。
重要
  • インクタンクカバーが正しく閉じられない場合は、インクタンクのタンクキャップを戻し忘れていないか確認してください。



インク残量通知機能を有効に設定している場合、インクが少なくなると液晶モニターの アイコンが点滅します(ご購入時は有効の設定になっています)。4つのインクタンクそれぞれの上限ラインまでインクを補充したあと、インク残量カウンターをリセットしてください。

  • インク残量通知機能を引き続き有効にする場合
モノクロボタンまたはカラーボタンを5秒以上押し続けます。
アイコンが消灯し、インク残量カウンターがリセットされます。

  • インク残量通知機能を無効に切り替える場合
モノクロボタンまたはカラーボタンを押してすぐに離します。
アイコンが消灯し、インク残量通知機能が無効になります。

[[ インクの残量に関するエラーが発生していないときのインク残量カウンターリセット方法 ]]

インク残量通知機能を有効に設定していて、インクの残量に関するエラーが発生していないときにインクを補充する場合は、4つのインクタンクそれぞれの上限ラインまでインクを補充したあと、インク残量カウンターをリセットしてください。

  • インク残量通知機能を引き続き有効にする場合
1. セットアップボタンを押します。
(セットアップ)アイコンと[1]が液晶モニターに表示されます。
2. +ボタンを押して、液晶モニターに[14]を表示させます。
3. モノクロボタンまたはカラーボタンを押します。
インク残量カウンターがリセットされます。

  • インク残量通知機能を無効に切り替える場合
1. セットアップボタンを押します。
(セットアップ)アイコンと[1]が液晶モニターに表示されます。
2. +ボタンを押して、液晶モニターに[15]を表示させます。
3. モノクロボタンを押します。
インク残量通知機能が無効になります。
重要
  • インク残量通知機能を無効にした場合はインクタンクのインク量を目視で確認してインクを補充してください。インクがインクタンクの下限ラインより少ない状態で印刷を続けると、十分な印刷品位が得られなくなるだけでなく、プリンターの故障・損傷の原因になります。
参考
  • インク残量通知機能の設定やインク残量カウンターのリセットは、パソコンから行うこともできます。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

G3310

 

[TOP▲]
このページのトップへ