チューブに印刷すると印字位置がセンタリングされない(Mark One Std.)



チューブに印刷すると印字位置がセンタリングされない(Mark One Std.)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000032841



■概要

センタリングの設定をしてチューブに印字すると、カット片の中央に自動的にセンタリングされて印字されるはずが、
左端のカット位置ぎりぎりのところに印字されてしまう。
 

■原因

市販チューブの材質(軟らかすぎる、硬すぎる等)によって、印字開始位置がずれる場合があります。

(なお、ラベルテープについては専用ラベルを用意させて頂いておりますので上記のような現象は発生しません。)
 

■対処方法

補正機能を使って、印字位置の調整を行ないます。

【参考】
・ MARK ONE STD.使用説明書 P191『■印字開始位置と縦位置を微調整する』

【例】 チューブに「センタリング」位置に印刷したのに、左方向に2mmずれている場合
    →チューブの印字開始位置を、右方向に2mm移動する調整(補正)を行ないます。

   

  1. プリンタの[オプション]キーを押します。

     
  2. 左右の矢印[▲]キーを押して「1:補正」を選択し、[Enter]キーを押します。




     
  3. 左右の矢印[▲]キーを押して「1:先端」を選択し、[Enter]キーを押します。




     
  4. 左右の矢印[▲]キーを押して「1:チューブ」を選択し、[Enter]キーを押します。




     
  5. 右向き[▲]を押して「右 2.0mm」を表示します。
     

     

  6. [Enter]キーを押す。

     
  • 先端補正機能は、印字媒体の種類別に設定することができ、先端補正を行なった印字媒体にのみ反映されます。
    またプリンタを初期化したり(ぷりんタの全削除ボタンを押す)、プリンタの基板が交換されると(販売サービス対応)、
    何も設定していない状態に戻りますので、ご注意ください。
     
  • 先端補正機能の詳細について、取扱説明書「Part4 一歩進んだ操作」の「■印字開始位置と縦位置を微調整する」
    をご覧ください。
     
  • 先端補正機能で調整しても印刷結果が補正されない場合は、取扱説明書「Part5 メンテナンス」の「お手入れ」をご覧
    の上、プリンタを清掃してみてください。また、印字媒体の汚れを拭き取ってから印刷してみてください。
     
  • 上記を行なってもうまく印刷されない場合は、販売サービスにお問い合わせください。
    お問い合わせ先については、取扱説明書の巻末をご覧ください。
     


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MARK ONE STD.

 

[TOP▲]
このページのトップへ