MARK300とPP500の違いについて



MARK300とPP500の違いについて
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000004365



詳細情報:
  1. MARK300とPP500の違いについて

【詳細1】MARK300とPP500の違いについて

■MARK300とPP500の違いについて

項目 MARK300 PP500
本体の外装色

-

CANONロゴが追加
カバーと液晶回りの色変更
RoHS指令 消耗品・オプションの一部 本体・消耗品・オプション
対応OS

Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP

Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/Vista(32bit)/7(32bit)
※Windows Vista/7共に64bitへの対応予定はなし
ドライバ画面 Windows9x/MeとWindowsNT系では画面回りが別々 すべてのOSで画面回りを共通
クリーニングカセット終端巻き込み改善 テープEND後に、テープがはがれて巻き込まれてしまう 終端にロック機能を盛り込んだ「クリーニングカセット2」にて改善
※MARK300もファームアップにて対応
最大印字長 後端マージン2mm
最大印字長496mm
後端マージン3mm
最大印字長495mm

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PP500 / MARK 300

 

[TOP▲]
このページのトップへ