キーボードが「英語101/102キーボード」になった場合の対処方法(Windows Me)



キーボードが「英語101/102キーボード」になった場合の対処方法(Windows Me)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000000676



■概要

Windows Me/2000/XP をご使用の場合、USB接続の外部入力機器(日本語キーボードやテンキー等)を接続すると、Windows Me/2000/XP が英語101/102キーボードと認識し、接続されている全てのキーボードが英語101/102キーボード配列で動作する場合があります。この場合デバイスマネージャに表示されるデバイスの表示とドライバの内容が一致せず、【@】を押すと【 [ 】が入力されるといった問題が発生します。以下の手順によって正常に復帰させることが可能です。

※OSによってはデバイスマネージャ上のキーボードが最初から英語キーボードになっている場合がありますが、日本語入力が問題なく行える(例:@が正しく入力できる)場合は、日本語キーボードに切り替える必要はありません。そのままご使用ください。

■対処方法

(1) 【スタート】→【設定】→【コントロールパネル】の順に選択し、【システム】をダブルクリックします。

(2) 【デバイスマネージャ】タブを選択します。

(3) 【キーボード】アイコンをダブルクリックし、キーボードを表示させた後、英語キーボードの名前をダブルクリックします。

(4) 【ドライバ】タブを選択し、[ドライバの更新]ボタンをクリックします。

(5) 「ドライバの場所を指定する(詳しい知識のある方向け)」ラジオボタンを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

(6) 「特定の場所にある全てのドライバ一覧を表示し、インストールドライバを選択する」ラジオボタンを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

(7) 「全てのハードウェアを表示」ラジオボタンを選択し、[製造元]から「(標準キーボード)」を、[モデル]から現在お使いの日本語キーボード名を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

(8) 【ドライバ更新の警告】画面が表示されるので[はい]をクリックします。

(9) 【デバイスドライバの更新ウィザード】画面が表示されるので[次へ]ボタンをクリックします。ドライバのインストールが開始されます。

(10) ドライバのインストール終了後、[完了]ボタンをクリックします。

(11) 手動でコンピュータを再起動します。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LS-12TK-S / LS-12TK-B / LS-120TK-B / LS-120TK-S / LS-120TKII-B / LS-120TKII-BK / LS-120TKII-S / LS-12TKII-S / LS-12TKII-B / LS-12TKII-BK / KS-1200TKM / KS-120TKR / HS-120TKH

 

[TOP▲]
このページのトップへ