短縮ダイヤルの登録・変更・削除方法(JX6000)



短縮ダイヤルの登録・変更・削除方法(JX6000)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000043660



ここでは、短縮ダイヤルの登録方法について説明します。

短縮ダイヤルには、168ヶ所の相手先が登録できます。それぞれの短縮ダイヤルボタンには120桁までの電話番号と、相手先の名前を登録できます。
相手先の名前には、カタカナ、英数字、記号が16文字まで入力できます。

1つの短縮ダイヤルボタンに複数の相手先を登録すると、グループダイヤルとして利用することができます。
相手先は、ワンタッチダイヤルにも登録できます。


INDEX

  1. 短縮ダイヤルを登録/変更する
  2. 短縮ダイヤルの削除をする

■短縮ダイヤルを登録/変更する

短縮ダイヤルの登録/変更方法 液晶表示
1 ワンタッチパネル3を開いて、[登録/設定]ボタンを押します。
トウロク/セッテイ
 1.データ トウロク
2 ]または[]ボタンを押して、<2. デンワバンゴウ トウロク>を表示させます。
トウロク/セッテイ
 2.デンワ バンゴウ トウロク
3

セット]ボタンを押します。

TEL暗証番号が設定されている場合は、4桁の暗証番号を入力して、再度[セット]ボタンを押してください(暗証番号は表示されません)。
デンワ バンゴウ トウロク
 1.ワンタッチ ダイヤル
]または[]ボタンを押して、<2. タンシュク ダイヤル>を表示させます。
デンワ バンゴウ トウロク
 2.タンシュク ダイヤル
4 セット]ボタンを押して、登録番号を表示させます。
タンシュク ダイヤル
*000=
5

短縮]ボタンを押し、登録する3桁の短縮ダイヤル番号(000〜167)をテンキーで指定します。

]または[]ボタンを押して、登録番号を選択することもできます。

すでに登録済みの番号には相手先の電話番号が表示されます。グループダイヤルとして登録されている番号は、<グループ ダイヤル>と表示されます。
 
6

登録番号を選択したら、[セット]ボタンを押します。

タンシュク ダイヤル
 1.デンワバンゴウ
7 セット]ボタンを押します。
デンワバンゴウ
TEL=_
8

テンキーで電話番号を入力します。

スペース]ボタンで空白を入れてもかまいません。
電話番号はスペースを含めて120桁まで入力できます。

すでに登録されている電話番号を削除するときは、ワンタッチパネル3を開いて[クリア]ボタンを押してください。
スペースを入力するときには、ワンタッチパネル3を開いて[スペース]ボタンを押してください。
間違えたときは、[]ボタンで訂正する数字の下までカーソルを移動し、[削除]ボタンを押してから入力しなおすことができます。
「184」または「186」を特番登録したワンタッチダイヤルボタンの76を使い、電話番号の先頭に「184」または「186」をつけて登録することができます。
電話番号を登録するときに、はじめにワンタッチダイヤルボタンの76を押して「184」または「186」を入力したあと、テンキーで相手先の電話番号を入力します。
デンワバンゴウ
TEL=03 XXXX XXXX_
9 セット]ボタンを押します。
登録終了のメッセージが表示されたあと、自動的に<2.ナマエ>の登録項目が表示されます。
タンシュク ダイヤル
 2.ナマエ
10 セット]ボタンを押します。
ナマエ
:ア
    _
11 テンキーで名前を入力します。
名前には、カタカナ、英数字、記号が16文字まで入力できます。
ナマエ
:ア
    キヤノン_
12

セット]ボタンを押します。登録終了のメッセージが表示されたあと、自動的に<3.ショウサイ セッテイ>の設定項目が表示されます。

詳細設定では、短縮ダイヤルに送信時刻、Fコードやパスワード、国際送信、送信スピードなどの通信機能を設定することができます。
通信機能の設定をする必要がなく、続けて別のワンタッチダイヤルを登録したいときは、[登録/設定]ボタンを押してください。 ワンタッチダイヤルの登録番号が表示されます。【手順 5】からの操作を繰り返してください(表示される登録番号は、それまで登録操作していた短縮ダイヤルの次の番号になりますが、他の登録番号を選択することもできます)。
通信機能の設定をする必要がなく、また、短縮ダイヤルの登録を終了するときは、【手順 15】に進んでください。
ワンタッチ ダイヤル
 3.ショウサイ セッテイ
13 セット]ボタンを押します。
ショウサイ セッテイ
シナイ
14

通信機能を設定する場合は<スル>を、設定しない場合は<シナイ>を選択します。

]または[]ボタンを押していずれかを表示させ、[セット]ボタンを押します。

●<シナイ>を選択した場合
別の登録番号が表示されます。続けて他の短縮ダイヤルを登録するときは、【手順 5】からの操作を繰り返してください。

●<スル>を選択した場合
通信機能の設定項目が表示されます。

ショウサイ セッテイ
シナイ
▲▼
ショウサイ セッテイ
スル
15

ストップ]ボタンを押すと、待機状態に戻ることができます。

【重要】
  • 短縮ダイヤルに電話番号を登録するときは、誤送信や間違い電話を防ぐため、ディスプレイの表示を確かめながら正確に相手先の電話番号を入力してください。登録したあとは、電話番号のリストをプリントし、正しく登録されていることを確認してください。
  • 電話番号を誤って登録すると、自動リダイヤルにより相手先を何度も呼び出しご迷惑をおかけすることになります。相手先の電話番号は慎重に登録してください。

登録操作の途中でも、[ストップ]ボタンをおせば、待機状態に戻ることができます。
短縮ダイヤルリストをプリントし、本機の近くに貼っておくと便利です。
短縮ダイヤルに電話番号を登録するとき、すでに他のワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録されている電話番号の桁数によっていは、メモリ容量の関係で電話番号が120桁まで登録できない場合があります。
 
以上で設定は完了です。

 

戻る


■短縮ダイヤルの削除をする

短縮ダイヤルの登録内容を削除するときは、次の手順で操作してください。

短縮ダイヤルの削除方法 液晶表示
1 ワンタッチパネル3を開いて、[登録/設定]ボタンを押します。
トウロク/セッテイ
 1.データ トウロク
2 ]または[]ボタンを押して、<2. デンワバンゴウ トウロク>を表示させます。
トウロク/セッテイ
 2.デンワ バンゴウ トウロク
3

セット]ボタンを押します。

TEL暗証番号が設定されている場合は、4桁の暗証番号を入力して、再度[セット]ボタンを押してください(暗証番号は表示されません)。
デンワ バンゴウ トウロク
 1.ワンタッチ ダイヤル
]または[]ボタンを押して、<2. タンシュク ダイヤル>を表示させます。
デンワ バンゴウ トウロク
 2.タンシュク ダイヤル
4 セット]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
*000=    03 XXXX XXXX
5

短縮]ボタンを押し、削除したい3桁の短縮ダイヤル番号をテンキーで指定します。
]または[]ボタンを押して、登録番号を選択することもできます。

 
6 登録番号を選択したら、[セット]ボタンを押します。
タンシュクダイヤル
 1.デンワバンゴウ
7 セット]ボタンを押します。
デンワバンゴウ
TEL=03 XXXX XXXX_
8 クリア]ボタンを押します。登録内容が削除されます。
デンワバンゴウ
TEL=
9

セット]ボタンを押します。

電話番号を削除すると、その他の登録内容もすべて削除されます。

デンワバンゴウ
クリア シマシタ
10 ストップ]ボタンを押すと、待機状態に戻ることができます。  
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

JX6000

 

[TOP▲]
このページのトップへ