カートリッジの交換方法(JX6000)



カートリッジの交換方法(JX6000)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000043661



ここでは、FINEカートリッジのセットと交換方法について説明します。

FINEカートリッジのインクが少なくなると、ディスプレイに<カートリッジノコウカンヲオススメシマス>と表示され、エラーランプが赤く点滅します。
FINEカートリッジを以下の手順で交換してください。

当手順は、ユーザーズガイドP199〜202にも掲載されています。

INDEX

  1. FINEカートリッジについて(注意と重要事項)
  2. FINEカートリッジの交換方法

■FINEカートリッジについて(注意と重要事項)

【注意】
  • FINEカートリッジに穴を開けるなどの改造や分解をすると、インクが漏れ、本機の故障の原因となることがあります。改造・分解はお勧めしません。

  • インクの詰め替えなどによる非純正インクのご使用は、印刷品質の低下やFINEカートリッジの故障の原因になることがあります。非純正インクのご使用はお勧めしません。

  • 非純正インクカートリッジまたは非純正インクを使用したことによる不具合への対応につきては、保守契約期間内または保証期間内であっても有償となります。

【重要】
  • FINEカートリッジの金色の端子やプリントヘッドノズルには、手を触れないでください。正しく印刷できなくなる場合があります。



  • クリーニングなど、お手入れを行っても印刷結果が改善されない場合は、インクがなくなっています。インクがなくなったときはFINEカートリッジを交換してください。FINEカートリッジの型番を間違えると印刷できません。

  • 本機で使用できるFINEカートリッジの番号については、本書の裏表紙を参照してください。

  • FINEカートリッジの交換はすみやかに行い、FINEカートリッジを取り外した状態で放置しないでください。

  • 交換用FINEカートリッジは新品のものを装着してください。取り外されていたものを装着すると、ノズルの目づまりなどが原因で正しく印刷できないことがあります。また、インク残量を正しく表示できません。

  • 最適な印刷品質を保つため、FINEカートリッジは梱包箱に記載されている「取付期限」までに本機に取り付けてください。また、開封後6ヶ月以内に使い切るようにしてください(本機に取り付けた年月日を、控えておくことをお勧めします)。

戻る


■FINEカートリッジの交換方法

FINEカートリッジは本機の電源を入れた状態で、以下の手順で取り付けてください。

カートリッジの交換方法
1

本機の電源を入れ、プリンタカバーのツマミを持って、プリンタカバーを開けます。

FINEカートリッジホルダが、自動的にFINEカートリッジの交換位置に移動します。

【注意】
  • FINEカートリッジホルダを手で止めたり、無理に動かしたりしないでください。
  • 本体内部の金属部分やその他の部分に触れないでください。

【重要】
  • FINEカートリッジホルダが右側へ戻っている場合は、いったんプリンタカバーを閉じ、開けなおしてください。
2 右図(1)部分のレバーの[押す]を押して、フタを開けます。
3

フタがあがっていることを確認し、FINEカートリッジを上方向に取り出します。

【重要】
  • 衣服や周囲を汚さないよう、FINEカートリッジの取り扱いには注意してください。
  • 空になったFINEカートリッジは地域の条例にしたがって処分してください。
    また、キヤノンでは使用済みFINEカートリッジの回収を推奨しています。
4

新しいFINEカートリッジをケースから取り出し、保護テープをゆっくり取り外します。

【重要】
  • FINEカートリッジを落としたり、力を加えたりするなど乱暴に扱うことは避けてください。
  • FINEカートリッジを振るとインクが飛び散り、手や周りのものを汚す恐れがあります。FINEカートリッジの取り扱いには注意してください。
  • 取り外した保護テープについているインクで、手や周りのものを汚す恐れがあります。ご注意ください。
  • 取り外した保護テープは、再装着しないでください。地域の条例にしたがって処分してください。
  • FINEカートリッジの金色の端子やプリントヘッドノズルには、手を触れないでください。正しく印刷できなくなる場合があります。
  • FINEカートリッジを洗浄したり、拭いたりしないでください。
5

新しいFINEカートリッジを差し込みます。

【重要】
  • FINEカートリッジを製品に取り付ける場合には、FINEカートリッジホルダの周囲にFINEカートリッジをぶつけることなく、注意してFINEカートリッジホルダにセットしてください。
6 カチッという手応えがあるまでしっかりとフタを閉めます。
7

プリンタカバーを閉めると、FINEカートリッジのクリーニング動作を行います。

<カートリッジヲ イドウシマス シバラク オマチクダサイ>というメッセージが消え、待機状態になるまでしばらくお待ちください。

プリントした原稿に白いスジがあるときは、クリーニングしてください。
FINEカートリッジのインクを節約するように設定できます。

 

以上でカートリッジの交換は完了です。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

JX6000

 

[TOP▲]
このページのトップへ