回線種別の設定方法(L4800)



回線種別の設定方法(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000043780



ここでは、電話回線の種類を設定する方法について説明します。
電話回線は、NTTとお客様の契約にもとづいて回線の種類が設定されています。プッシュ回線(トーン回線)かダイヤル回線(パルス回線)かを確認し、正しく設定してください。


■回線の種類を変更するには

本体のパネル操作で、電話回線の種類を設定することができます。

回線種類の変更方法 液晶表示
1 ファンクション]→[7]→[4]→[セット]→[0]→[0]→[6]→[セット]ボタンを押します。
006 ダイヤル切替
 
1.外線  2.内線
2 1]または[2]ボタンを押して、回線(外線/内線)を指定します。
006 ダイヤル切替外線 設定:1
1.PB  2.10pps
3.20pps
3

お使いの電話回線に合わせて、[1]、[2]または[3]ボタンを押します。

ボタン 回線
1 プッシュホン式回線(PB)をお使いの場合
2 回転ダイヤル式回線(10PPS)をお使いの場合
3 回転ダイヤル式回線(20PPS)をお使いの場合
 
4 セット]→[ストップ]を押すと、 待機状態に戻ります。  
以上で設定は完了です。

電話回線の設定を途中でやめるときは、[ストップ]を押します。
設定をまちがえると、電話がかからなかったり、違う相手にかかることがあります。
電話回線の種類が分からない場合は、ご契約のNTT 窓口にお問い合わせください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ