短縮ダイヤルの登録・変更・削除方法(L4800)



短縮ダイヤルの登録・変更・削除方法(L4800)
更新日 : 2013年4月5日
文書番号 : Q000043785



ここでは、短縮ダイヤルの登録方法について説明します。

よく使う宛先のダイヤル番号を3 桁の短縮番号(000 〜 999)に登録しておくことができます。


INDEX

  1. 短縮ダイヤルを登録する
  2. 短縮ダイヤルを変更する
  3. 短縮ダイヤルの削除をする

■短縮ダイヤルを登録する

短縮ダイヤルの登録方法 液晶表示
1 ファンクション]→[7]→[2]→[セット]ボタンを押します。
ダイヤルの登録
1.短縮ダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
2 2]ボタンを押します。
短縮ダイヤルの登録 設定数:0000
短縮番号を指定してください
短縮:_  (3桁)
3

短縮ボタン(000 〜 999)を押します。

すでに登録されている内容がある場合、そのダイヤル番号が表示されます。
まちがえたときや登録済みのボタンを押した場合は、[∧][∨]を押し、ほかの短縮ボタンを選べます。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
_
外線
4

宛先のダイヤル番号(最大52桁)を入力します。

[回線選択]ボタンを押すことで「外線」と「内線」の選択が可能です。
まちがえた場合は、[<][>]を押して、カーソルを移動させて[クリアー]で消してから、入力しなおします。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
012XXXXXXXX_
外線
5 セット]ボタンを押すと、ダイヤル番号が登録されます。
短縮ダイヤル登録:01
宛先名を登録してください
_
6

宛先名(最大20文字)を入力します。

文字の入力方法につきましては、こちらをご参照ください。
東京本社_
 入力モード:かな漢
7 セット]ボタンを押すと、宛先名が登録されます。

宛先名に登録した先頭の文字が、電話帳検索をするときの検索文字として表示されます。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
検索文字を入力してください
検索文字:と
8

検索文字を確認して[セット]を押すと、検索文字が登録されます。

システム登録の「107 代行宛先通信」の設定が<あり>の場合、登録できます。
代行宛先を登録してください
 
短縮:_  (3桁)
9 続けて短縮ダイヤルの登録する場合は、【手順 3】からの操作をします。

登録を終了する場合は、[ストップ]ボタンを押します。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
_
外線
以上で設定は完了です。

短縮ダイヤルの登録を途中でやめるときは、[ストップ]を押します。
【手順 4】でダイヤル番号として登録できるのは、数字、*、#、ポーズ(−)、トーン(/)、モニター(スペース)の最大52桁です。
トーン]を押すとプッシュホン信号に切り替わります。表示は</>として登録されます。
NCC 回線をご利用の場合は、NCC 回線のアクセス番号のあとに、[再ダイヤル/ポーズ]を2回押して役7秒の空白時間を入れてから、残りのダイヤル番号を入れてください。
宛先名の先頭に50 音以外の文字を登録したときは、電話帳検索するときの検索文字が登録されません。【手順 8】で[セット]を押す前に、ワンタッチダイヤルF1(あ)〜
F10(こ)、01(さ)〜 38(ん)を使って検索文字を登録してください。
電話番号を誤って登録すると、自動再ダイヤルにより相手の方を何度も呼び出し、大変ご迷惑をおかけすることになりますのでご注意ください。

 

戻る


■短縮ダイヤルを変更する

短縮ダイヤルに登録されている内容を変更します。

短縮ダイヤルの変更方法 液晶表示
1 ファンクション]→[7]→[2]→[セット]ボタンを押します。
ダイヤルの登録
1.短縮ダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
2 2]ボタンを押します。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
_
外線
3

変更する短縮ボタン(000 〜 999)を押します。

短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
012XXXXXXX_
外線
4

クリアー]ボタンを押します。表示されている番号が消去されます。

短縮ダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
_
外線
5

宛先のダイヤル番号(最大52桁)を入力します。

まちがえた場合は、[<][>]を押して、カーソルを移動させて[クリアー]で消してから、入力しなおします。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
012XXXXXXXX_
外線
6 セット]ボタンを押すと、ダイヤル番号が登録されます。
短縮ダイヤル登録:01
宛先名を登録してください
_
7

宛先名(最大20文字)を入力します。

文字の入力方法につきましては、こちらをご参照ください。
東京本社_
 入力モード:かな漢
8 セット]ボタンを押すと、宛先名が登録されます。

宛先名に登録した先頭の文字が、電話帳検索をするときの検索文字として表示されます。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
検索文字を入力してください
検索文字:と
9

検索文字を確認して[セット]を押すと、検索文字が登録されます。

システム登録の「107 代行宛先通信」の設定が<あり>の場合、登録できます。
代行宛先を登録してください
 
短縮:_  (3桁)
10 続けて短縮ダイヤルの登録する場合は、【手順 3】からの操作をします。

登録を終了する場合は、[ストップ]ボタンを押します。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
_
外線
以上で変更操作は完了です。

短縮ダイヤルの変更を途中でやめるときは、[ストップ]を押します。
【手順 5】でダイヤル番号として登録できるのは、数字、*、#、ポーズ(−)、トーン(/)、モニター(スペース)の最大52桁です。
トーン]を押すとプッシュホン信号に切り替わります。表示は</>として登録されます。
NCC 回線をご利用の場合は、NCC 回線のアクセス番号のあとに、[再ダイヤル/ポーズ]を2回押して役7秒の空白時間を入れてから、残りのダイヤル番号を入れてください。
宛先名の先頭に50 音以外の文字を登録したときは、電話帳検索するときの検索文字が登録されません。【手順 8】で[セット]を押す前に、短縮ダイヤルF1(あ)〜
F10(こ)、01(さ)〜 38(ん)を使って検索文字を登録してください。
電話番号を誤って登録すると、自動再ダイヤルにより相手の方を何度も呼び出し、大変ご迷惑をおかけすることになりますのでご注意ください。

 

戻る


■短縮ダイヤルの削除をする

短縮ダイヤルの登録内容を削除するときは、次の手順で操作してください。

短縮ダイヤルの削除方法 液晶表示
1 ファンクション]→[7]→[2]→[セット]ボタンを押します。
ダイヤルの登録
1.短縮ダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
2 2]ボタンを押します。
短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
_
外線
3

変更する短縮ボタン(000 〜 999)を押します。

短縮ダイヤル登録 短縮:001
ダイヤルを登録してください
012XXXXXXX_
外線
4

クリアー]ボタンを押します。表示されている番号が消去されます。

短縮ダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
_
外線
5 セット]→[ストップ]ボタンを押すと、指定した短縮ダイヤルが消去されます。

セット]ボタンを押したあとに、【手順 3】からの操作を繰り返せば、続けてダイヤル番号の消去ができます。
 
以上で削除操作は完了です。

短縮ダイヤルの削除を途中でやめるときは、[ストップ]を押します。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ