本体の清掃方法(L4800)



本体の清掃方法(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044417



ここでは、本体のお手入れについて説明します。快適に末永くご使用いただくために、いつもきれいにしておいてください。

【重要】
  • お手入れするときは、必ず電源スイッチを [(切)]にしてください。
  • 1時間以上電源が切れているとメモリーに保存されている内容が消去されるおそれがありますのでご注意ください。

INDEX

  1. 本体のお手入れ
  2. 読み取り部のお手入れ

■本体のお手入れ

カバーの汚れを取るときは、柔らかい布に薄めた台所用洗剤(中性)を含ませ、よく絞ってからふき取ってください。

みがき粉、粉せっけん、ベンジン、シンナー、アルコール、ワックス、石油、熱湯などは絶対に使用しないでください。
化学ぞうきんなどをご使用の際は、その注意書きに従ってください。
1時間以上電源が切れているとメモリーに保存されている内容が消去されるおそれがあります。

戻る


■読み取り部のお手入れ

相手機の受信記録、コピーした記録が汚れてきたら、以下のように清掃を行ってください。
また、原稿がつまったり、給紙が悪くなったときは、セパレータ、給紙ローラを清掃してください。

読み取り部の清掃方法
1 送信開閉部を止まるまで静かに開けます。
2

柔らかい布に水を含ませ、よく絞ります。

読み取り部(ガラス面)、読み取り背面(白色面)、セパレータ、給紙ローラを拭きます。

読み取り部に傷をつけないよう、ご注意ください。
3 送信開閉部を確実に閉めます。  
以上で清掃は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ