メモリー受信を設定する(L4800)



メモリー受信を設定する(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044449



ここでは、メモリー受信の設定方法について説明します。


■メモリー受信を設定する

ファクスを受信したとき、すぐに用紙にプリントしないでメモリーに蓄積しておくことができます。

メモリー受信の設定方法 液晶表示
1

ファンクション]→[]→[7]→[セット]ボタンを押します。

メモリー受信
設定:1
 
1.なし 2.あり
3.プリント
2

2]→[セット]ボタンを押すと、メモリー受信の設定がされます。

以上でメモリー受信の設定は完了です。

メモリー受信の設定を途中でやめるときは、[ストップ]を押します。

メモリー受信を設定しているときは、相手からのダイヤルで、自動的に受信が始まります。

液晶表示例
5月11 日(日)17:15 01%
通信とコピーができます
受信データが残っています
メモリーには、A4標準原稿で約120枚まで蓄積できます。
手動受信をしたときでも、原稿はメモリーに保存されます。
メモリー受信の設定を<あり>にするとシステム登録の「037 メモリー受信暗証番号の登録」の変更ができなくなります。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ