ファクスを送信する方法(L4800)



ファクスを送信する方法(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044477



ここでは、FAX送信について説明します。
ダイヤル方法によって操作方法が異なりますので、用途に合わせ使いやすい方法で送信してください。


INDEX

  1. 直接ダイヤルで送る
  2. 短縮ダイヤルで送る
  3. ワンタッチダイヤルで送る
  4. 電話帳ダイヤルで送る
  5. ダイレクト送信をする
  6. 再ダイヤルで送る
  7. 内線の相手にファクスを送る

■直接ダイヤルで送る

相手先の番号を直接、ダイヤルして送信できます。

直接ダイヤルで送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2

上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3

ダイヤルします。(最大52桁)

宛先をまちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して再指定してください。
直接ダイヤルでは、テンキーボタン(0〜9、*、#)、ポーズ(-)、トーン(/)が使えます。
メモリー送信 宛先数:0000
 
012XXXXXXX
外線
4 スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

お買い上げ時の設定で、1宛先の指定は、クイックメモリー送信となります。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 受付No.001
ダイヤル中(外線)
012XXXXXXX
以上で送信操作は完了です。

送信を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押したあとに[1](はい)を押してください。
回転ダイヤル式回線をお使いの場合で、「トーン」に切り替えたいときは、[トーン]ボタンを押してください。

 

戻る


■短縮ダイヤルで送る

短縮ダイヤルを使って送信できます。

先に短縮ダイヤルの登録を行う必要があります。登録方法につきましては「短縮ダイヤルの登録・変更・削除方法」をご参照ください。

短縮ダイヤルで送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3

短縮]ボタンを押します。

メモリー送信 宛先数:0000
 
短縮:_  (3桁)
4 短縮番号(000〜999)をテンキーボタンで入力します。

宛先をまちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して再指定してください。
メモリー送信 宛先数:0000
キヤノン
短縮:001 (3桁)
5 スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

お買い上げ時の設定で、1宛先の指定は、クイックメモリー送信となります。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 受付No.001
ダイヤル中(外線)
キヤノン
以上で送信操作は完了です。

送信を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押したあとに[1](はい)を押してください。

 

戻る


■ワンタッチダイヤルで送る

ワンタッチダイヤルを使って送信できます。

先にワンタッチダイヤルの登録を行う必要があります。登録方法につきましては「ワンタッチダイヤルの登録・変更・削除方法」をご参照ください。

ワンタッチダイヤルで送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3

ワンタッチボタン(01〜50、F1〜F10)を押します。

ワンタッチボタンに複数宛先を登録されている場合は、1回の操作で、複数宛先の指定ができます。詳しくはQ&Aをご参照ください。
メモリー送信 宛先数:0001
東京本社
ワンタッチ:01
4 スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

お買い上げ時の設定で、1宛先の指定は、クイックメモリー送信となります。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 宛先数:0001
ダイヤル中(外線)
東京本社
以上で送信操作は完了です。

送信を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押したあとに[1](はい)を押してください。

 

戻る


■電話帳ダイヤルで送る

ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録してある宛先を、電話帳ダイヤルを使い、宛先名で探して送信できます。

先にワンタッチダイヤル/短縮ダイヤルの登録を行う必要があります。登録方法につきましては「ワンタッチダイヤルの登録・変更・削除方法」または「短縮ダイヤルの登録・変更・削除方法」をご参照ください。

電話帳ダイヤルで送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3

電話帳]ボタンを押します。

*
電話帳
*
検索文字(あ〜わ)を指定して
ください
 

検索文字を選びます。

ファンクション登録ボタンとワンタッチボタンを使って検索文字を選びます。

  • ファンクションF1〜F10:あ〜こ
  • ワンタッチ01〜38:さ〜ん
[と] 短縮:012
宛先名:東北支店
 
  [▼][▲]を押して宛先を選びます。
[と] ワンタッチ:01
宛先名:東北支店
 
4 スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

お買い上げ時の設定で、1宛先の指定は、クイックメモリー送信となります。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 宛先数:0001
ダイヤル中(外線)
東京本社
以上で送信操作は完了です。

送信を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押したあとに[1](はい)を押してください。

 

戻る


■ダイレクト送信をする

原稿の枚数が多いときなどで、メモリーに入りきらない場合は、メモリーを使わずにダイレクトに送信できます。

ダイレクト送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが消灯していることを確認します。

点灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して消灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3

宛先を指定します。

直接ダイヤル、短縮ダイヤル、ワンタッチボタン、電話帳ボタンから選べます。
メモリー送信 宛先数:0000
 
012XXXXXXX
外線
4 スタート]を押すと、原稿読み込みが開始され送信されます。

短縮ダイヤル、ワンタッチボタンは[スタート]を押さなくても自動的にダイヤルが開始されます。
ダイレクト送信 受付No.001
ダイヤル中(外線)
012XXXXXXX
以上で送信操作は完了です。

送信を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押したあとに[1](はい)を押してください。

 

戻る


■再ダイヤルで送る

最後に通信をした宛先に、もう一度ファクスを送ります。

再ダイヤルで送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3 再ダイヤル/ポーズ]→[スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

お買い上げ時の設定で、1宛先の指定は、クイックメモリー送信となります。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 受付No.001
ダイヤル中(外線)
012XXXXXXX
以上で送信操作は完了です。

 

戻る


■再ダイヤルで送る

最後に通信をした宛先に、もう一度ファクスを送ります。

再ダイヤルで送信する方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3 再ダイヤル/ポーズ]→[スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

お買い上げ時の設定で、1宛先の指定は、クイックメモリー送信となります。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 受付No.001
ダイヤル中(外線)
012XXXXXXX
以上で送信操作は完了です。

 

戻る


■内線の相手にファクスを送る

本気では、「外線」用の電話回線のほかに「内線」としてもう1本電話回線を接続することができます。
「内線」に接続した電話回線を使ってダイヤルするときは、以下の手順で操作してください。

直接ダイヤルで送る方法 液晶表示
1

メモリーランプが点灯していることを確認します。

消灯しているときは、[メモリー]ボタンを押して点灯させてください。
 
2 上図のように原稿をセットします。

原稿に合わせて画質を選ぶ場合はこちらをご参照ください。
5月11日(日) 17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3

回線選択]ボタンを押して、<内線>を表示させます。

メモリー送信 宛先数:0000
 
 
内線
4 宛先を指定し、[スタート]を押すと、原稿読み込みが開始されます。

読み取りが終了した原稿から送信が開始されます。
メモリー送信 受付No.001
ダイヤル中(内線)
XXXXXXXXXX
以上で送信操作は完了です。

送信を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押したあとに[1](はい)を押してください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ