通信予約レポートの出力方法(L4800)



通信予約レポートの出力方法(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044492



ここでは、タイマー通信などの通信予約を確認/変更/消去する方法について説明します。また、通信予約はレポートにしてプリントすることもできます。


INDEX

  1. 通信予約レポートのプリント方法
  2. 通信予約の確認方法
  3. 通信予約の変更
  4. 通信予約の消去方法

■通信予約レポートのプリント方法

以下の手順で通信管理レポートを出力することができます。

通信予約の印刷方法 液晶表示
1 ファンクション]→[9]→[1]→[セット]ボタンを押します。

「ピピピ」と鳴り、<予約ファイルがありません>と表示されたときは、通信予約されている内容がありません。
通信予約の確認
1.通信予約レポート
2.画面表示
2

1]ボタンを押します。

通信予約レポートがプリントされます。

以上で印刷操作は完了です。

通信予約レポートプリント設定を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押します。プリントが始まってから[ストップ]を押してもプリントは止まりません。
 

受付No.を指定して通信予約レポートをプリントしたい場合は、指定通信予約レポートの出力方法をご参照ください。


 

戻る


■通信予約の確認方法

通信予約の内容をディスプレイに表示させて確認できます。

【通信予約表示のみかた】

通信予約の確認方法 液晶表示
1 ファンクション]→[9]→[1]→[セット]ボタンを押します。

「ピピピ」と鳴り、<予約ファイルがありません>と表示されたときは、通信予約されている内容がありません。
通信予約の確認
1.通信予約レポート
2.画面表示
2

2]ボタンを押します。

内容は ∨ ∧ ボタンで
確認してください
 
3

[▼]または[▲]ボタンを押します。

[▼][▲]ボタンを押すたびに画面が切り替わり、予約している通信や未通信の内容が表示されます。

未通信のときには、「再通信待ち」が表示されます。
右の液晶表示は通信予約の画面例です。
メモリー送信
受付No.010
予約中
キヤノン
▼▲
ポーリング受信
受付No.009
予約中
東京本社
▼▲
ポーリング受信
受付No.008
再送信待ち
キヤノン 業務部
4 ストップ]ボタンを押すと、通信予約の確認を終了します。  
以上で確認操作は完了です。

通信予約の確認を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押してください。

 

戻る


■通信予約の変更

タイマー送信やタイマーポーリング受信で予約した宛先や時刻を変更できます。

通信予約の変更方法 液晶表示
1 ファンクション]→[9]→[2]→[セット]ボタンを押します。
時間・宛先変更
受付 No.または ∨ ∧
受付 No.=_ (3桁)
2

変更する受付No.を指定する、または[▼][▲]ボタンを押して変更するファイルを選択します。

3桁の受付No.を指定します。まちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して、入力しなおします。
[▼][▲]ボタンを押すと、現在予約している通信の内容が表示されます。
受付No.が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください。
受付No.001を指定した例
時間・宛先変更
受付 No.または ∨ ∧
受付 No.=001 (3桁)

[▼][▲]ボタンで選択した例
メモリー送信
受付No.001
時刻指定中
キヤノン
3 セット]ボタンを押すと、予約時刻が表示されます。
メモリー送信
受付No.001
予約時刻を指定してください
10:00
4

変更する時刻を入力し、[セット]ボタンを押します。

時刻は24時間制です。
例)午後10時30分に変更する場合は[2]→[2]→[3]→[0]→[セット]ボタンを押します。
まちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して、入力しなおします。
予約時刻を変更しないときは、何も入力しないで[セット]ボタンを押します。
メモリー送信

宛先数:0002

宛先を追加してください
又は スタートで通信します
5

複数の宛先を指定している場合は、[▼]または[▲]ボタンを押して変更する宛先を表示します。

宛先を変更しない場合は、【手順 8】へ進みます。
宛先の追加のみの場合は、【手順 7】へ進みます。
指定している宛先が1宛先の場合は、【手順 6】へ進みます。
 
6 クリアー]ボタンを押して、表示されている宛先を取り消します。

複数の宛先を取り消すときは、【手順 5】からの操作を繰り返します。

メモリー送信

宛先数:0001

キヤノン
短縮:001(3桁)
7

変更または追加する宛先を入力します。

宛先の指定には直接ダイヤル、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、電話帳ダイヤル、ハイブリッドダイヤル、グループダイヤルが使用できます。

既に指定されている宛先とあわせて最大220宛先まで指定できます。複数宛先の指定のしかたはこちらをご参照ください。
宛先を変更または追加しないときは、何も入れないで【手順 8】へ進みます。
 
8 スタート]ボタンを押すと、通信予約の内容が変更され、待機状態に戻ります。  
以上で変更操作は完了です。

 

戻る


■通信予約の消去方法

予約した通信の内容を消去できます。

通信予約の消去方法 液晶表示
1 ファンクション]→[9]→[3]→[セット]ボタンを押します。
通信予約の消去
受付 No.または ∨ ∧
受付 No.=_ (3桁)
2

消去する受付No.を指定する、または[▼][▲]ボタンを押して消去するファイルを選択します。

3桁の受付No.を指定します。まちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して、入力しなおします。
[▼][▲]ボタンを押すと、現在予約している通信の内容が表示されます。
受付No.が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください。
受付No.001を指定した例
通信予約の消去
受付 No.または ∨ ∧
受付 No.=001 (3桁)

[▼][▲]ボタンで選択した例
メモリー送信
受付No.001
時刻指定中
キヤノン
3 セット]ボタンを押します。
メモリー送信
受付No.001
通信の予約の消去を行いますか
1.はい 2.いいえ
4 1]ボタンを押すと、指定した受付No.の通信予約を消去します。

消去しないときは[2]を押します。
メモリー送信
受付No.001
消去しました
 
以上で消去操作は完了です。

通信予約の消去を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押してください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ