タイマー送信する方法(L4800)



タイマー送信する方法(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044588



ここでは、タイマー送信について説明します。タイマーは、タイマー送信と通信予約を合わせて50タイマーまで指定できます。


INDEX

  1. タイマー送信方法
  2. タイマー特殊通信方法

■タイマー送信方法

あらかじめ指定した時刻に自動的に原稿を送信します。

タイマー送信のセット方法 液晶表示
1 原稿をセットします。  
2 ファンクション]→[1]ボタンを押します。
タイマー通信
(1-3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
3 1]→[セット]ボタンを押します。
メモリー送信
予約時刻を指定してください
_ :
4

送信時刻を入力します。

時刻は24時間制です。
5 セット]ボタンを押します。
メモリー送信
宛先数:0000
宛先を指定してください
 
6

宛先を指定します。

宛先の指定には直接ダイヤル、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、電話帳ダイヤル、ハイブリッドダイヤル、グループダイヤルが使用できます。

最大220宛先まで指定できます。複数宛先の指定のしかたはこちらをご参照ください。
 
7 スタート]ボタンを押すと、タイマー送信がセットされます。  
以上でタイマーセットは完了です。

 

戻る


■タイマー特殊通信方法

本機でご利用になれる様々な通信を、通信時刻を指定してお使いになれます。

タイマー特殊通信方法 液晶表示
1 ファンクション]→[1]ボタンを押します。
タイマー通信
(1-3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
2 3]→[セット]ボタンを押します。
特殊通信
(3-7)
予約時刻を指定してください
_ :
3 通信時刻を入力します。

時刻は24時間制です。
 
4 セット]ボタンを押します。
タイマー通信
(1-3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
5 3]〜[7]または、[▼][▲]ボタンを押して通信を選びます。

テンキーボタン 特殊通信の種類
3 ファイル送信
4 Fコード通信 Fコード送信
Fコード取り出し
6 F網通信
7 Fポート通信
 
6 通信を指定します。  
以上で設定は完了です。

タイマー特殊通信の指定を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押してください。
すでに50件のタイマー通信を含む通信予約が予約されていると、タイマー通信または他の通信予約を解除するか、通信が終わってからセットしなおしてください。
プログラムダイヤルにタイマー特殊通信の操作と宛先を登録しておけば、プログラムダイヤルを押すだけで通信を特定できます。
ファンクション登録ボタンにタイマー特殊通信の操作と宛先を登録しておけば、ファンクション登録ボタンを押したあと、タイマー時刻をセットし、特殊通信の選択、宛先を入れるだけで通信を指定できます。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ