プログラムダイヤルの登録・変更・削除方法(L4800)



プログラムダイヤルの登録・変更・削除方法(L4800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044636



ここでは、プログラムダイヤルについて説明します。
ワンタッチに宛先とポーリング受信などの各種通信操作を登録しておくと、複雑な機能もボタンを1回押すだけで指定できます。

プログラムダイヤルの宛先には、登録済みの短縮番号やワンタッチ番号を入力します。あらかじめ、ワンタッチダイヤル短縮ダイヤルの登録をしておいてください。

INDEX

  1. プログラムダイヤルの登録方法
  2. プログラムダイヤルの変更/削除方法

■プログラムダイヤルの登録方法

プログラムダイヤルの登録方法 液晶表示
1 ファンクション]→[7]→[3]→[セット]→[2]→[セット]ボタンを押します。
プログラムダイヤルの登録
ボタン(1〜50)
を押してください
2

登録するワンタッチダイヤル(01〜50)を押します。

指定したワンタッチに登録内容があるときは、ディスプレイの3段目に、その内容が表示されます。
まちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して指定しなおします。
プログラムダイヤルの登録
名称を登録してください
 
3 プログラム名称(最大20文字)を入力します。
東京本社_
 入力コード:かな漢
4 セット]ボタンを押します。
プログラムダイヤルの登録
プログラムが登録できます
操作を指定してください
5

ファンクション]ボタンを押して、通信操作を登録します。

登録する機能を表示させ、各種通信操作を登録します。
宛先指定などは、通常の通信操作と同じです。こちらをご参照ください。
ファンクション選択
(1-8)
番号入力または∨、∧
を入力してください
6 スタート]ボタンを押すと、プログラムダイヤルが登録されます。
プログラムダイヤルの登録
ボタン(1〜50)
を押してください
7 続けて、プログラムダイヤルの登録ができます。
【手順 2】からの操作を繰り返します。
 
8 ストップ]ボタンを押します。  
以上で設定は完了です。

プログラムダイヤルの登録を途中でやめるときは、[ストップ]ボタンを押します。
プログラムダイヤルの登録は、最大50件まで指定できます。

●登録できる通信操作の種類

プログラムダイヤル
1.タイマー通信 1.送信
2.ポーリング受信

3.特殊通信

2.特殊通信 3.ファイル送信

4.Fコード通信

6.F網通信
7.Fポート通信
3.ポーリング 1.ポーリング受信
8.セレクトモード 1.優先通信
2.OMR送信
3.セレクト送信
4.パスワード送信
5.ワンタイム海外通信
6.定期便タイマー通信

 

戻る


■プログラムダイヤルの変更/削除方法

以下の手順でプログラムダイヤルを削除することができます。
プログラムダイヤルを変更したい場合は、以下の手順で、登録済みのプログラムを削除したあと、「プログラムダイヤルの登録方法」をご参照いただき、新しいプログラムを登録してください。

プログラムダイヤルの変更/削除方法 液晶表示
1 ワンタッチを消去します。

ファンクション]→[7]→[3]→[セット]→[4]→[セット]ボタンを押します。
ワンタッチボタンの消去
ボタン(1〜50、F1〜F10)
を押してください
2

消去したいワンタッチボタン(01〜50、F1〜F10)を押します。

登録されている内容がディスプレイの3段目に表示されます。
まちがえたときは、[クリアー]ボタンを押して、指定しなおします。
ワンタッチボタンの消去
ボタン番号:01
ダイヤル 登録済み
3 セット]ボタンを押します。
ワンタッチボタンの消去
ボタン番号:01 消去しますか
1.はい 2.いいえ
4

1]ボタンを押します。

指定したボタンの内容が消去されます。
登録内容を消去しないときは、[2]ボタンを押すと【手順 1】の画面に戻ります。
ワンタッチボタンの消去
ボタン番号:01 消去しました
 
5 続けて、ワンタッチボタンの消去をするときは、【手順 2】からの操作を繰り返します。
ワンタッチボタンの消去
ボタン(1〜50、F1〜F10)
を押してください
6 ストップ]ボタンを押すと待機状態に戻ります。  
以上でプログラムダイヤルの削除は完了です。
プログラムを変更したい場合は、引き続き、「プログラムダイヤルの登録方法」をご参照いただき、削除したボタンへ新しいプログラムの登録を行ってください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L4800

 

[TOP▲]
このページのトップへ