原稿のセット方法(JX6000)



原稿のセット方法(JX6000)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045073



ここでは、送信原稿のセットのしかたについて説明します。

原稿は、A4サイズは最大40枚、B4サイズは最大15枚、A3サイズは最大10枚まで一度にセットできます(原稿の種類により、少なくなる場合もあります)。
一度に複数枚セットしたときは、一番下の原稿から順番に読み込まれます。
用紙の種類やご使用の環境(高温・多湿や低温・低湿の場合)によっては、正常に紙送りできない場合があります。この場合は、セットする枚数を約半分に減らしてください。


INDEX

  1. 送信原稿をセットするには
  2. 送信原稿の自動縮小
  3. 送信原稿を追加するには
  4. 送信原稿にスタンプを押すには

■送信原稿をセットするには

送信原稿をセットするには 液晶表示
1

原稿の先端をそろえ、表面を下にして原稿台にのせます。

原稿の幅に合わせてスライダを調整します。
原稿セット方向に長い原稿のときは、原稿台延長トレイを引き出してください。

 
2

原稿を差し込みます。
ピッという音がするように原稿が突き当たるまで差し込んでください。



原稿をセットすると、メモリの使用量が表示されたあと、原稿がセットされたことを示すメッセージが表示されます。

原稿をセットしてもピッという音が鳴らず、<ゲンコウガ セット サレマシタ>というメッセージも出ないときは、原稿をセットし直してください。または原稿を取り除き、[メンテナンス]ボタンを押したあと、[∧]または[∨]ボタンで<1. ヨミトリブ ショキカ>を選択し、[セット]ボタンを押してください。

メモリ シヨウ リョウ
12%
ゲンコウガ セット サレマシタ
            
以上で原稿のセットは完了です。

 

戻る


■送信原稿の自動縮小

相手先のファクスの記録紙サイズに応じて、送信原稿を自動的に縮小して送信します。

相手先ファクスの最大記録紙 送信原稿のサイズ
A3サイズ B4サイズ A4サイズ
A3サイズ
そのまま(等倍)
そのまま(等倍)
そのまま(等倍)
B4サイズ
B4サイズに縮小
そのまま(等倍)
そのまま(等倍)
A4サイズ
A4サイズに縮小
A4サイズに縮小
そのまま(等倍)

 

戻る


■送信原稿を追加するには

原稿はなるべく追加しないでください。原稿がつまったり重送(複数枚が一度に送られること)のおそれがあります。

どうしても追加しなければならない場合、追加原稿のサイズは、読み込まれている原稿と同じサイズにしてください。原稿台にのっている原稿の枚数が制限を超えないように、読み込まれている最後の原稿の後端が、操作パネルの端から約2cmの位置にきたとき、追加原稿の先端を上に重ねて差し込みます。

 

 

戻る


■送信原稿にスタンプを押すには

本機には、読み込みまたは送信の済んだ原稿にスタンプ(黄色)を押す機能があります。
送信する前にワンタッチパネル3を開き[スタンプ]ボタンを押して、スタンプランプを点灯させてください。下の図の位置にスタンプが押されます。
なお、コピーするときにはこの機能ははたらきません。

スタンプが薄くなってきたらインクを補充してください。
手動送信やダイレクト送信時の送信済み原稿にだけスタンプを押すか、メモリ送信時に読み込まれた原稿にもスタンプを押すか選択できます。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

JX6000

 

[TOP▲]
このページのトップへ