発信元情報(名称/TEL等)の登録方法(L2800)



発信元情報(名称/TEL等)の登録方法(L2800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045843



ここでは、発信元情報の登録方法について説明します。

原稿を送信したとき、相手先ファクスの記録紙にこちらの電話番号や名前がプリントされるように設定されています。
相手先では誰からの送信かすぐに知ることができます。これを発信元情報と呼びます。


INDEX

  1. 発信元情報が登録されると
  2. 日付と時刻の登録方法
  3. 電話番号(ユーザTEL)の登録方法
  4. 会社や部門の名称(ユーザ略称)の登録方法
  5. 発信人名称名称の登録方法

■発信元情報が登録されると

原稿を送信したとき、通信相手の記録紙に次の情報が発信元記録としてプリントされます。
相手の機種によっては、通信中、ディスプレイなどに表示されます。


発信元情報の各項目は、登録/設定ボタンを使った一連の操作で登録できます。
一つの項目を登録すると自動的に次の項目が表示されます。各項目は別々に登録することもできます。

登録した発信元情報の内容は、ユーザデータリストで確認できます。
登録操作の途中でも、ストップボタンを押して待機状態に戻ることができます。
発信元情報を登録しなくても原稿は送信できます。発信元情報は原稿をコピーするときは記録されません。
発信元記録を付けないように設定することもできます。

 

戻る


■日付と時刻の登録方法

日付は年月日の順で表示されます。時刻は24 時間制で表示されます。

日付時刻の登録方法
1

ワンタッチダイヤルパネルを3枚開いて、[登録/設定]ボタンを押します。

2 セット]ボタンを押します。
3 セット]ボタンを押します。
4 セット]ボタンを押します。
現在設定されている年月日と時刻が表示されます。

時刻は24時間制で表示されます。年月日の表示順は、変更することができます。
日付登録時に西暦は2000 〜 2089 年が00 〜 89 のように下2 桁で表示され、待機時のディスプレイ表示の西暦は4 桁で表示されます。
5

テンキー]で現在の年月日、時刻をそれぞれ2桁で入力します。
間違えたときは、[クリア]ボタンを押してから入力しなおしてください。

6

セット]ボタンを押します。 <登録しました>とメッセージが表示されたあと、自動的に<02 ユーザ電話番号登録>の項目が反転表示されます。

引き続き、電話番号登録を行う場合は、「電話番号(ユーザTEL)の登録方法」にお進みください。
なお、[ストップ]ボタンを押すと、待機状態に戻ることができます。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■電話番号(ユーザTEL)の登録方法

電話番号は20 桁まで登録できます。

ユーザTELの登録方法
1

日付と時刻の登録が終了すると、自動的に<02 ユーザ電話番号登録>が反転表示されます。
表示されている場合は、【手順 4】へお進みください。

ワンタッチダイヤルパネルを3枚開いて、[登録/設定]ボタンを押します。

2 セット]ボタンを押します。
3 [▼]ボタンを押して、<02 ユーザ電話番号登録>を反転させます。
4

セット]ボタンを押します。

すでに電話番号が登録済みのときは、電話番号も表示されます。登録済みの電話番号を削除するときは、[クリア]ボタンを押したあとセットボタンを押してください。
5

テンキーで番号を入力します。スペースボタンで空白を入れることもできます。

間違えたときは、削除ボタンを押して一つ前の桁に戻り、入力しなおしてください。クリアボタンを押して最初から入力しなおすこともできます。
6

セットボタンを押します。<登録しました>とメッセージが表示されたあと、自動的に<03 ユーザ略称登録>の項目が反転表示されます。

引き続き、ユーザ略称登録を行う場合は、「会社や部門の名称(ユーザ略称)の登録方法」にお進みください。
なお、[ストップ]ボタンを押すと、待機状態に戻ることができます。
オプションの2回線ボードを取り付けている場合、ここで登録する電話番号(ユーザTEL)のほか、もう1回線の電話番号(ユーザTEL2)を登録します。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■会社や部門の名称(ユーザ略称)の登録方法

会社や部門の名称をユーザ略称として登録することができます。
ユーザ略称は、ひらがな、漢字、全角記号は12 文字まで、カタカナ、英数字、半角記号は24 文字まで登録できます。

ユーザ略称の登録方法
1

電話番号の登録が終了すると、自動的に<03 ユーザ略称登録>が反転表示されます。
表示されている場合は、【手順 4】へお進みください。

ワンタッチダイヤルパネルを3枚開いて、[登録/設定]ボタンを押します。

2 セット]ボタンを押します。
3 [▼]ボタンを押して、<03 ユーザ略称登録>を反転させます。
4

セット]ボタンを押します。

すでにユーザ略称が登録済みのときは、文字が表示されます。登録済みのユーザ略称を削除するときは、クリアボタンを押したあとセットボタンを押してください。
5 ワンタッチダイヤルボタンで文字を登録します。

ユーザ略称は、ひらがな、漢字、全角記号は12 文字まで、カタカナ、英数字、半角記号は24 文字まで登録できます。
6 セット]ボタンを押します。<登録しました>とメッセージが表示されたあと、ユーザ略称をカタカナ入力する画面になります。
7 ワンタッチダイヤルボタンで文字を登録します。ここではカタカナ、アルファベット、数字が使用できます。
8

セットボタンを押します。<登録しました>とメッセージが表示されたあと、自動的に<04 発信人名称登録>の項目が反転表示されます。

引き続き、発信人名称登録を行う場合は、「発信人名称名称の登録方法」にお進みください。
なお、[ストップ]ボタンを押すと、待機状態に戻ることができます。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■発信人名称名称の登録方法

発信人名称を登録しておくと、ユーザ略称の代わりに発信元記録に付けて原稿が送信できます。
発信人名称は9 件まで登録しておくことができます。それぞれの発信人名称は、ひらがな、漢字、全角記号は12 文字まで、カタカナ、英数字、半角記号は24 文字まで登録できます。

発信人名称名称の登録方法
1

ユーザ略称の登録が終了すると、自動的に<04 発信人名称登録>が反転表示されます。
表示されている場合は、【手順 4】へお進みください。

ワンタッチダイヤルパネルを3枚開いて、[登録/設定]ボタンを押します。

2 セット]ボタンを押します。
3

[▼]ボタンを押して、<04 発信人名称登録>を反転させます。

4 セット]ボタンを押します。

[▼]または[▲]ボタンを押して、<01>〜<09>のうち、登録する番号を反転表示させます。

すでに発信人が登録されている番号は、発信人の名称が表示されます。
5

セット]ボタンを押します。

登録済みの発信人名称を削除するときは、[クリア]ボタンを押したあと[セット]ボタンを押してください。
6

ワンタッチダイヤルボタンで文字を入力します。

発信人名称は、ひらがな、漢字、全角記号は12 文字まで、カタカナ、英数字、半角記号は24 文字まで登録できます。
7

セットボタンを押します。「登録しました」とメッセージが表示されたあと、発信人名称をカタカナ入力する画面になります。

8 ワンタッチダイヤルボタンで文字を登録します。ここではカタカナ、アルファベット、数字が使用できます。
9

セットボタンを押します。<登録しました>とメッセージが表示されたあと、別の登録番号が反転表示されます。

別の発信人名称を登録するときは【手順 4】からくり返してください。
発信人名称の登録を終了したいときは、ストップボタンを押すと、待機状態に戻ることができます。
以上で設定は完了です。

 

●発信人名称を選択するには

発信人名称名称の選択方法

送信するとき、原稿をセットしたあとワンタッチダイヤルパネルを 3 枚開いて、[発信人名称]ボタンを押し、[▼]または[▲]ボタンで、発信元記録に付けたい名称を反転表示させ、セットボタンを押します。

手動送信の場合には、ユーザ略称が自動的に選択されます。発信人名称は選択で
きません。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L2800

 

[TOP▲]
このページのトップへ