送信先の共有フォルダを宛先登録する方法<リモートUI>(L1000)



送信先の共有フォルダを宛先登録する方法<リモートUI>(L1000)
更新日 : 2015年2月20日
文書番号 : Q000063277



ここでは、ファイルサーバを宛先登録する方法について説明します。
本製品でスキャンした文書をファイルとしてパソコン(ファイルサーバ)へ送信するには、送信先のコンピュータ名や共有フォルダの情報などを、本製品に宛先として登録する必要があります。


■宛先を登録する(ファイルサーバ)

ファイルサーバ送信先を登録する場合は、以下の手順で設定します。 本手順で設定する項目について詳しくはこちらをご参照ください。
なお、設定に必要な情報は複数あるため、「SEND機能を使うための設定チェックシート」をプリントし、メモをお取りいただいてから、本手順を進められることをおすすめ致します。

宛先を登録する方法
1 Webブラウザを起動し、Webブラウザの「アドレス」または「場所」欄に以下のURLを入力します。

http://<本製品のIPアドレス>/

例)http://111.222.333.444/

リモートUIの画面が表示されたら、ログオンするモードを選択します。

ログオンモード 入力する内容
管理者モード パスワードを入力*し、[OK]を押します。
一般ユーザモード

オーナー名を入力*し、[OK]を押します。

*

初期設定では、「パスワード」と「オーナー名」は設定されていません。空欄のまま[OK]を押します。
パスワード認証を行う場合は、システム管理暗証番号の設定を行ってください。

リモートUIの詳しい起動方法につきましては、「こちら」をご参照ください。
2 アドレス]をクリックし、メニューから[ワンタッチダイヤル]または[短縮ダイヤル]を選択します。

[ワンタッチダイヤル]または[短縮ダイヤル]に宛先を登録しておくと、本製品の操作パネルのワンタッチダイヤルキーまたは[短縮]キーを使用して、ファイルサーバにファイルを送信することができます。

3 未登録]をクリックします。
4 「通信の種類」から[ファイル]をプルダウンして選択します。
5 設定項目を入力し、[OK]をクリックします。
以上で宛先の設定は完了です。

 

●設定項目について

詳細から、設定情報に関する詳しいQ&Aがご参照いただけます。
必要な情報は、「SEND機能を使うための設定チェックシート」をプリントし、メモをお取りいただくことをおすすめ致します。

項目 内容 OS 詳細
名前(任意) 送信先の名前を入力します(半角カタカナ、英数字で最大16文字)。
入力した名前が宛先表に表示されます。
プロトコル 「SMB」固定です。
ホスト名(必須)

「コンピュータ名」を入力します。

Windows 7 Q&A
Windows Vista Q&A
Windows XP Q&A
フォルダへのパス(必須) 「フォルダ名」を入力します。フォルダ名は「\」で区切ります。
例)\share\images

Windows Vistaでパブリックフォルダ共有を設定した場合は、パブリックフォルダとその下のフォルダを「\」で区切り、以下のように入力します。
例)\Public\share
Windows 7 Q&A
Windows Vista Q&A
Windows XP Q&A
ユーザ名(任意) アクセス制限をする共有フォルダにファイルを送信する場合は、「ユーザ名」を入力します。
アクセス制限をしない共有フォルダにファイルを送信する場合は、空欄のままにします。
Windows 7 Q&A
Windows Vista Q&A
Windows XP Q&A
パスワード(任意) アクセス制限をする共有フォルダにファイルを送信する場合は、「パスワード」を入力します。
アクセス制限をしない共有フォルダファイルを送信する場合は、空欄のままにします。
Windows 7 Q&A
Windows Vista Q&A
Windows XP Q&A

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L1000

 

[TOP▲]
このページのトップへ