転送の設定をする(L1000)



転送の設定をする(L1000)
更新日 : 2013年11月1日
文書番号 : Q000063324



受信した文書を指定した宛先に転送することができます。

※本体操作では受信文書を全て転送する設定のみ可能です。
※リモートUIを使用するには、オプションのネットワークプリンタキットを装着する必要があります。
※IFAXはシンプルSEND拡張キット・M1装着時のみ表示されます。

INDEX

転送条件に一致した文書のみ転送する
受信した文書を全て転送する<リモートUI>
受信した文書を全て転送する<本体操作>


■転送条件に一致した文書のみ転送する

 
1 Webブラウザを起動し、Webブラウザの「アドレス」または「場所」欄に以下のURLを入力します。

http://<本製品のIPアドレス>/

例)http://111.222.333.444/

リモートUIの画面が表示されたら、ログオンするモードを選択します。

ログオンモード 入力する内容
管理者モード パスワードを入力*し、[OK]を押します。
一般ユーザモード

オーナー名を入力*し、[OK]を押します。

*

初期設定では、「パスワード」と「オーナー名」は設定されていません。空欄のまま[OK]を押します。
パスワード認証を行う場合は、システム管理暗証番号の設定を行ってください。

リモートUIの詳しい起動方法につきましては、「こちら」をご参照ください。
2 リモートUIにログオンしたら、[初期設定/登録]の下の[転送設定]をクリックします。

[転送設定]が表示されていない場合は、[初期設定/登録]をクリックしてください。
3 ](転送設定の追加)をクリックします。
4

必要な項目を設定し、[OK]をクリックします。

  1. 受信手段
  2. 転送条件名
  3. 転送条件
    ファクスの項目
    Iファクスの項目
  4. 転送先
  5. 転送設定

●受信手段

受信手段として[ファクス]または[I ファクス]を選択します。

●転送条件名

転送条件名を入力します。[この転送条件を有効にする]にチェックマークを付けると、転送条件が有効になります。

●転送条件

受信した文書を転送する条件を設定します。選択した信手段(ファクス、I ファクス)によって表示される項目が変わります。

●ファクスの項目

  • [考慮しない]: 相手先のファクス番号は転送条件として考慮しません。
  • [存在しない]: 相手先のファクス番号が存在しない場合、受信した文書を転送します。
  • [と等しい]: 相手先のファクス番号が入力した番号と同じ場合、受信した文書を転送します。
  • [と等しくない]: 相手先のファクス番号が入力した番号と異なる場合、受信した文書を転送します。
  • [で始まる]: 相手先のファクス番号が入力した番号で始まる場合、受信した文書を転送します。
  • [で終わる]: 相手先のファクス番号が入力した番号で終わる場合、受信した文書を転送します。
  • [を含む]: 相手先のファクス番号が入力した番号を含む場合、受信した文書を転送します。
  • [を含まない]: 相手先のファクス番号が入力した番号を含まない場合、受信した文書を転送します。

●Iファクスの項目

  • [考慮しない]: 宛先、送信者、件名は転送条件として考慮しません。
  • [と等しい]: 宛先、送信者、件名が入力した条件と同じ場合、受信した文書を転送します。
  • [と等しくない]: 宛先、送信者、件名が入力した条件と異なる場合、受信した文書を転送します。
  • [で始まる]: 宛先、送信者、件名が入力した条件で始まる場合、受信した文書を転送します。
  • [で終わる]: 宛先、送信者、件名が入力した条件で終わる場合、受信した文書を転送します。
  • [を含む]: 宛先、送信者、件名が入力した条件を含む場合、受信した文書を転送します。
  • [を含まない]: 宛先、送信者、件名が入力した条件を含まない場合、受信した文書を転送します。

●転送先

宛先表から宛先を選択します。[宛先表]をクリックし、表示されるリストから宛先を選択して、[OK]をクリックします。

●転送設定

受信した文書を電子メールアドレスやファイルサーバに転送する場合は、[TIFF]または[PDF]のファイル形式で転送できます。
[ページごとに分割する]にチェックマークを付けると、複数の画像をページごとに分割して転送できます。

以上で転送設定の登録は完了です。

戻る


■受信した文書を全て転送する<リモートUI>

 
1 Webブラウザを起動し、Webブラウザの「アドレス」または「場所」欄に以下のURLを入力します。

http://<本製品のIPアドレス>/

例)http://111.222.333.444/

リモートUIの画面が表示されたら、ログオンするモードを選択します。

ログオンモード 入力する内容
管理者モード パスワードを入力*し、[OK]を押します。
一般ユーザモード

オーナー名を入力*し、[OK]を押します。

*

初期設定では、「パスワード」と「オーナー名」は設定されていません。空欄のまま[OK]を押します。
パスワード認証を行う場合は、システム管理暗証番号の設定を行ってください。

リモートUIの詳しい起動方法につきましては、「こちら」をご参照ください。
2 リモートUIにログオンしたら、[初期設定/登録]の下の[転送設定]をクリックします。

[転送設定]が表示されていない場合は、[初期設定/登録]をクリックしてください。
3 条件なし転送の登録]をクリックします。
4

必要な項目を設定し、[OK]をクリックします。

  1. 転送先
  2. 転送設定

●転送先

宛先表から宛先を選択します。[宛先表]をクリックし、表示されるリストから宛先を選択して、[OK]をクリックします。

●転送設定

受信した文書を電子メールアドレスやファイルサーバに転送する場合は、[TIFF]または[PDF]のファイル形式で転送できます。
[ページごとに分割する]にチェックマークを付けると、複数の画像をページごとに分割して転送できます。

以上で転送設定の登録は完了です。

戻る


■受信した文書を全て転送する<本体操作>

宛先を登録する方法 液晶表示
1 初期設定/登録]を押します。
初期設定/登録
1.用紙設定
2 -]または[]ボタンを押し、<システム管理設定>を選択し、[OK]ボタンを押します。
初期設定/登録
11.システム管理設定
3 -]または[]ボタンを押し、<条件なし転送設定>を選択し、[OK]ボタンを押します。
システム管理設定
7.条件なし転送設定
4

-]または[]ボタンを押して<ファクス>もしくは<IFAX>を選択し、[OK]ボタンを押します。

条件なし転送設定
1.ファクス
5 -]または[]ボタンを押し、<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ファクス
ON
6 -]または[]ボタンを押し、<転送>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ファクス
1.転送
7 ワンタッチボタンや短縮ダイヤルを使用し、転送先宛先を選択し、[OK]ボタンを押します。
  =
 
8 -]または[]ボタンを押し、<ファイル形式>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ファクス
2.ファイル形式
9 -]または[]ボタンを押し、ファイル形式(<TIFF>、<PDF>)を選択し、[OK]ボタンを押します。
ファクス
TIFF
10 -]または[]ボタンを押し、<ページごとに分割>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ファクス
3.ページごとに分割
11 -]または[]ボタンを押し、ファイル形式(<TIFF>、<PDF>)を選択し、[OK]ボタンを押します。
ページごとに分割
OFF
12 ストップ]を押して、待受画面に戻ります。  
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L1000

 

[TOP▲]
このページのトップへ