Windows 8(Windows 8.1含む) 日本語版 対応状況について(Canofax/キヤノフアクス)



Windows 8(Windows 8.1含む) 日本語版 対応状況について(Canofax/キヤノフアクス)
更新日 : 2017年8月22日
文書番号 : Q000070991



  1. Windows 8.1 に関する注意事項
  2. Windows 8 日本語版 対応状況



Windows 8.1 に関する注意事項



プリンタ関連
プリンタードライバーをインストールした状態で、OSをWindows 8からWindows 8.1へのバージョンアップを行うとプリンタープロパティ内の「双方向サポート」のチェックが外れてしまい、CARPS2ドライバでプリンターのステータスが取得出来ません

プリンタープロパティを開いて「双方向サポート」にチェックすると、プリンターのステータスが取得できるようになります。なお、Windows 8→Windows 8.1にアップする前にプリンターをアンインストールし、その後プリンターをインストールすれば「双方向サポート」は有効の状態で作成されます。


Windows 8.1環境からの印刷は、Windows 8対応のプリンタドライバーで印刷可能となっております。 その他、対応機種/制限事項については、以下のWindows 8対応状況をご覧ください。

Windows 8 日本語版対応状況について
ドライバ及びユーティリティのWindows 8への対応状況です。

【対応表の見方】
 ●対応予定
 
◎ :
キヤノン製プリンタドライバーにて対応
× :

Windows 8日本語版には対応していません。

 

■ドライバ対応予定

製品ごとのドライバ対応予定は以下の通りです。
※キヤノフアクスはWindowsRTに非対応です。 
動作確認済みのドライバーには制限事項があります。制限事項の詳細については、ドライバ名の項目の「」をクリックして
ご確認ください。

機種名 機能 対応状況 備考
32bit環境 64bit環境
L1000 プリンタ DOWNLOAD DOWNLOAD  
ファクス DOWNLOAD DOWNLOAD
L410 プリンタ
DOWNLOAD DOWNLOAD  
ファクス
L380S プリンタ DOWNLOAD DOWNLOAD  
L380 プリンタ DOWNLOAD DOWNLOAD  
L300 プリンタ × ×  
L250 プリンタ
DOWNLOAD DOWNLOAD  
ファクス
L230 プリンタ DOWNLOAD DOWNLOAD  
L200 プリンタ × ×  

 

戻る


◆MFドライバー制限事項

1 Windows Storeアプリからの印刷では、従来通りの印刷結果が得られない場合があります。
2 Windows7からWindows8へバージョンアップすると、共有が削除されます。
3 アンインストール時、クリーンアップする途中でエラーメッセージがポップアップします。
4 MicrosoftアカウントでLogonするとCPCAのジョブオーナー名・ドメイン名が従来OSと異なります。
5

インストールした印刷ドライバーのアンインストーラーがWindows 8(RTM版)の「Microsoft design style UI」に表示されません。

6 ポイント&プリントでインストールしたデバイスで印刷した時、Windows 8(RTM版)の「Microsoft design style UI」に「トースト」が表示されません。
7 ジョブが残っているプリンタアイコンを削除後、アンインストールからドライバを削除できません。
8 「Microsoft design style UI」からの印刷時、ソート印刷は設定できません。
9 アンインストーラーがスタート画面に表示されません。
10 「Microsoft design style UI」のInternet Explorerから開いたリモートUIからは、エクスポート先を設定できません。
11 インストール時、IPv6で設定デバイスが、探索できません。
12 「Microsoft design style UI」からの印刷時、設定項目は少なくなっています。
13 CDCTカスタマイズしたドライバを64bitOSにインストールできません。
14 OSのフォントが変更されたことによりUI上に文字欠けが発生してしまいます。(FAXドライバー)
15 Cover Sheet添付時にプレビュー表示の画像が一部欠けてしまう現象が発生します。(FAX時には問題ありません。) (FAXドライバー)
16 「アドレス帳一覧」の中で[Messaging API]アドレス帳が表示されません。(FAXドライバー)
17 64bit OSで、「宛先をアドレス帳から選択」ダイアログのヘルプが崩れてしまいます。 (FAXドライバー)
18

Windowsフォトビューア/IE10からFAX送信するとグレデーション画像の印刷結果がオリジナルデータより薄くなります。(FAXドライバー)

19

アンインストーラでクリーンアップする場合、アンインストーラが不正終了してしまいます。(FAXドライバー)

 

戻る


◆プリンタドライバー制限事項

1 Windows7からWindows8へバージョンアップすると、共有が削除されます。
2 アンインストール時、クリーンアップする途中でエラーメッセージがポップアップします。
3 MicrosoftアカウントでLogonするとCPCAのジョブオーナー名・ドメイン名が従来OSと異なります。
4

インストールした印刷ドライバーのアンインストーラーがWindows 8(RTM版)の「Microsoft design style UI」に表示されません。

5 ポイント&プリントでインストールしたデバイスで印刷した時、Windows 8(RTM版)の「Microsoft design style UI」に「トースト」が表示されません。
6 ジョブが残っているプリンタアイコンを削除後、アンインストールからドライバを削除できません。
7 CDCTカスタマイズしたドライバを64bitOSにインストールできません。
8 MicrosoftアカウントでLogonするとCPCAのジョブオーナー名・ドメイン名が従来OSと異なります。


戻る



◆FAXドライバー制限事項

1 OSのフォントが変更されたことによりUI上に文字欠けが発生してしまいます。
2 Cover Sheet添付時にプレビュー表示の画像が一部欠けてしまう現象が発生します。(FAX時には問題ありません。)
3

「アドレス帳一覧」の中で[Messaging API]アドレス帳が表示されません。

4

64bit OSで、「宛先をアドレス帳から選択」ダイアログのヘルプが崩れてしまいます。

5

Windowsフォトビューア/IE10からFAX送信するとグレデーション画像の印刷結果がオリジナルデータより薄くなります。

6 アンインストーラでクリーンアップする場合、アンインストーラが不正終了してしまいます。


戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

B300 / B405 / B500 / B530 / B600 / B610 / B620 / B650 / B660 / B670 / L200 / L230 / L250 / L300 / L380 / L380S / L410 / L450 / L500 / L700 / L750 / L760 / L780 / L800 / L850 / L860 / L900 / L1000 / L2000 / L2500 / L2600 / L2700 / L2800 / L4800 / PF10 / PF20 / PF30 / PF60 / T301 / T303 / T401・T402 / T404 / T500 / T505 / T550 / T560 / T570 / T701

 

[TOP▲]
このページのトップへ