文字入力のしかた(L2600)



文字入力のしかた(L2600)
更新日 : 2013年10月22日
文書番号 : Q000076332



ここでは、文字の入力方法について説明します。

メモ
 ※訂正するときは、ワンタッチダイヤルパネルを3枚開き、[削除]ボタンを押して訂正する文字まで削除します。
 ※[スペース]ボタンを押すと空白を入れることができます。
 ※[クリア]ボタンを押すと、それまで入力された文字がすべてクリアされてしまいます。

INDEX

  1. 入力できる文字の種類
  2. カタカナを入力するには
  3. ひらがなを入力するには
  4. 英字を入力するには
  5. 数字を入力するには
  6. 区点コードを入力するには
入力できる文字の種類
本機では、テンキーを使って次の文字が入力できます。ひらがな、カタカナ、英字、数字は、[入力モード]ボタンを押して切り替えることができます。区点コードを入力して漢字などの文字を使用することもできます。



テンキー
ひらがな カタカナ アルファベット 数字
[1] あいうえお
アイウエオ
1
[2] かきくけこ
がぎぐげご
カキクケコ
ABCabc
2
[3] さしすせそ
ざじずぜぞ
サシスセソ
DEFdef
3
[4] たちつてと
だぢづでど
タチツテト
GHIghi
4
[5] なにぬねの
ナニヌネノ
JKLjkl
5
[6] はひふへほ
ばびぶべぼ
ぱぴぷぺぽ
ハヒフヘホ
MNOmno
6
[7] まみむめも
マミムメモ
PQRSpqrs
7
[8] やゆよ
ヤユヨ
TUVtuv
8
[9] らりるれろ
ラリルレロ
WXYZwxyz
9
[0] わをんぁぃぅ
ぇぉゃゅょっ
ワヲンァィゥェォャュョッ
0
[#] ・-゛°。「」、
゛°。「」、・-
- . * # ! " , ; : ^ ' _ = / | ' ? $ @ % & + () [] {} <>


文字の種類の切り替え
[入力モード]ボタン
カーソル移動
]ボタン(左に移動)、[]ボタン(右に移動)
全文字の削除
[クリア]ボタン

 

戻る
カタカナを入力するには

ディスプレイ右端に「カタカナ」と表示されているときに入力できます。「カタカナ」と表示されていないときは、[入力モード]ボタンを何度か押してください。

●カタカナの入力例

操作例
文字を切り替えたい場合 テンキーの同じボタンを押すたびに、文字が切り替わります。
同じ行の文字は、[]ボタンでカーソルを移動してから入力してください。
「イ」と入力したい 「イ」を入力するときは、[1]を2回押します。
「リ」と入力したい 「リ」を入力するときは、[9]を2回押します。
「ノ」と入力したい 「ノ」を入力するときは、[5]を5回押します。
「アイ」と入力したい 「アイ」は、[1]を1回押し、[]ボタンを押したあと[1]を2回押すと入力することができます。
*次の文字の入力に別のキーを使うときは、カーソルを異動させる必要はありません。


戻る

ひらがなを入力するには

ディスプレイ右端に「ひらがな」と表示されているときに入力できます。「ひらがな」と表示されていないときは、[入力モード]ボタンを何度か押してください。

●ひらがなの入力例

操作例
文字を切り替えたい場合 テンキーの同じボタンを押すたびに、文字が切り替わります。
同じ行の文字は、[]ボタンでカーソルを移動してから入力してください。
「く」と入力したい 「く」を入力するときは、[2]を3回押します。
「ぼ」と入力したい

「ぼ」を入力するときは、[6]を10回押します。

「あい」と入力したい 「あい」は、[1]を1回押し、[]ボタンを押したあと[1]を2回押すと入力することができます。
*次の文字の入力に別のキーを使うときは、カーソルを異動させる必要はありません。

戻る

アルファベットを入力するには

ディスプレイ右端に「アルファベット」と表示されているときに入力できます。「アルファベット」と表示されていないときは、[入力モード]ボタンを何度か押してください。


●アルファベットの入力例

操作例
文字を切り替えたい場合 テンキーの同じボタンを押すたびに、文字が切り替わります。
同じ行の文字は、[]ボタンでカーソルを移動してから入力してください。
「I」と入力したい 「I」を入力するときは、[4]を3回押します。
「S」と入力したい 「S」を入力するときは、[7]を4回押します。
「Y」と入力したい 「Y」を入力するときは、[9]を3回押します。
「RS」と入力したい 「RS」は、[7]を3回押し、[]ボタンを押したあと[7]を4回押すと入力することができます。
*次の文字の入力に別のキーを使うときは、カーソルを異動させる必要はありません。


戻る


数字を入力するには

ディスプレイ右端に「数字」と表示されているときに入力できます。「数字」と表示されていないときは、[入力モード]ボタンを何度か押してください。

数字はテンキーの各数字に対応しています。

戻る

区点コードを入力するには

ディスプレイ右端に「区点コード」と表示されているときに入力できます。「区点コード」と表示されていないときは、[入力モード]ボタンを何度か押してください。

  • 入力したい文字を区点コード表で探します。区点コード表のその文字がある位置の、左端の番号と右端の番号を組み合わせ4桁の番号が区点コードになります。たとえば、「亜」を入力するときの区点コードは「1601」です。4桁のコードの最後の桁を入力すると適合する文字が表示されます。
  • 区点コード表は、使用説明書の巻末に記載があります。(P363〜)
  • ユーザ略称や発信人名称などを漢字で登録すると、相手機が漢字に対応したキヤノンのファクスであれば相手の通信管理レポートなどにこちらのユーザ略称や発信人名称などが漢字でプリントされます。ただし相手機がサポートしていない第二水準漢字を使用した場合、その漢字がプリントされるべき場所はスペース(空白)になります。

  • 戻る


     

     

    [TOP▲]

    この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

    L2600

     

    [TOP▲]
    このページのトップへ