送信出来ない(BJ FAX)



送信出来ない(BJ FAX)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008034




INDEX

  1. 回線種別を確認する(ファクシミリ)
  2. 電話はかけられますか?
  3. 電源を確認する(ファクシミリ)
  4. 相手機は使用中ではないですか
  5. 1ヶ所だけか、どこにも送信できないのか
  6. FAXと回線の間にアダプタ、切替機等は入っていませんか
  7. 液晶画面に何かメッセージは出ていないか
  8. ソウシンチュウ表示は液晶画面に出ていますか
  9. 特定の相手先にダイヤルすると「リダイヤルタイキチュウ」となってしまう

■回線種別を確認する(ファクシミリ)

ファクシミリの受信は行える(電話が受けられる)が送信ができない(電話がかけられない)場合、回線種別(ダイヤル回線./プッシュ回線の設定)があっていないことが考えられます。

ご契約されている回線種別にあわせてご使用ください。

ご利用されている回線が、ダイヤル回線かプッシュ回線かの確認は、NTTのご利用明細にて確認できます。
ご利用明細書にプッシュ回線使用料の項目があればプッシュ回線でご契約されています。

ISDN回線(デジタル回線)をご利用されている場合ISDN回線をご利用の場合、TA(ターミナルアダプター)を経由しファクシミリを接続します。
その際は、本体をプッシュ(トーン)回線に設定しご使用ください。

 

戻る


■電話はかけられますか?

●電話はかけられる場合

  1. 送信手順があっているか確認します。(ダイヤルして「スタート」を押す所が抜けていないかなど)

    受話器を上げてから、またはオンフックを押してからの手動送信の際、受話器を置いてから「スタート」を押していないか確認します。
    受話器を置く前に「スタート」を押さないと回線が切れてしまいます。

  2. 機種 550T、705/A、850/HD、630、430、450、250/A、730II、405/E、410/E、620、810、230、120、720、730、920/930これらの機種は、ハンドセットにもテンキーがあり、ハンドセットにも回線設定切替スイッチがあるため、ハンドセットで電話をかけられます。

    ハンドセットの回線切替は、お客様でもペンの先の様な先の細い物で簡単に切り替えすることができます。

    それが合っていればハンドセットからは電話がかけられるが、本体の回線設定が違うと本体からのFAX送信はできません。
    「受信はできるが送信できないが電話はかけられる。」という場合、上記機種はこの点もお客様に確認をしてください。

●電話がかけられない場合

  1. 回線設定は合っていますか?
    パソコンからFAXで回線設定方法の案内をしてください。

  2. 受話器を上げると「ツー」という発信音は聞こえますか?
    聞こえない場合、接続が抜けているおそれがあります。一度、 回線コードの 差し込み直しをお試しください。
    FAXの回線接続口(L端子)と反対側のNTT回線接続口の両方を確認し、再度受話器を上げ 「ツー」という発信音を確認してください。

    <上記を試したあとも、まだ聞こえない場合>

    →間にアダプタ、切替機等は入っていませんか?
    何も入っていなければ 、NTT回線故障係(局番無しの)113へ電話をかけて回線にトラブルが起きていないか確認して頂き、 回線に異常がなければ サービス対応となります。

    →間にアダプタ、切替機等が入っている場合
    それらを外して回線に直接接続できるか確認してください。
    または他にNTT一般回線と直結できる 所があれば、それでFAX本体の動作確認を して頂 き、ツー音が聞こえればそれらのアダプタ、切替機の確認をしてください。
    ツー音が聞こえなければサービス対応となります。

戻る


■電源を確認する(ファクシミリ)

電源が供給されていれば、液晶ディスプレイ上に日付と時刻の表示がされます。
何も表示されていない場合には、電源が供給されていないことが考えられますので、次の点をご確認ください。

  • 電源コードをコンセントにきちんと差し込んでいますか?
  • 電源スイッチはONになっていますか?

    ファクスホンシリーズには、電源スイッチはありません。
    ビジネス系ファクシミリにも電源スイッチが装備されていないシリーズがあります。 電源スイッチが装備されている場合には、電源コードの接続付近に電源スイッチがあります。

戻る


■相手機は使用中ではないですか

スピーカーから話中のビジー音は聞こえますか?

ダイヤルして回線がつながって液晶画面に「ヨビダシチュウ」という表示のあと、「リダイヤルタイキチュウ」になります。

相手機が回線使用中の場合、自動送信した場合は本機は一旦ダイヤルを止めて回線を切り、待機して自動であとからリダイヤルを行います。
ダイヤルしてもツー音のまま、または話し中のままであれば回線設定が違う可能性があります。

戻る


■1ヶ所だけか、どこにも送信できないのか

送信できないのは、1ヶ所だけであれば相手機の確認をしてください。

相手につながって呼び出ししているが、FAXの「ピー音」に変わらない場合は、相手機が手動受信になっている可能性があります。
相手に電話に出てもらい、受信状態にしてもらうか自動受信にしてもらってください。

こちらが自動送信(受話器を上げたり、オンフックボタンを押したりせずにダイヤル)で、相手機がFAX受信状態になるのに時間がかかり(特に海外送信時など)、送信機の呼び出し時間 (T1タイマー)が切れ送れない場合は、送信時、FAX番号の末尾に「ポーズ」ボタンを押し、呼び出し時間の延長をしてください。

戻る


■FAXと回線の間にアダプタ、切替機等は入っていませんか

間にアダプタ・切替機等が入っている場合、本体のトラブルかアダプタ等に依存しているトラブルか判別するために下記の確認をします。

アダプタ等を外して回線に直接接続しできるか確認してください。
または他にNTT一般回線と直結できる所があれば、それでFAX本体の動作確認をしてください。
送信ができればアダプタ、切替機のメーカーに確認をしてください。

一般回線と直結しても送信できない場合は、本体の故障が考えられるのでサービス対応となります。

戻る


■液晶画面に何かメッセージは出ていないか

#記号1個、または2個とそれに続く数字3桁のエラーコードや、エラーメッセージは出ていませんか?

#1個はユーザ向けのエラーコード、#2個はサービスマン向けのエラーコードとなります。

戻る


■ソウシンチュウ表示は液晶画面に出ていますか

●表示は出て、ある程度送信動作が進むがそのあと エラー音がして送信できない

画面にエラーコード、エラーメッセージは出ていませんか?

確認できなかった場合は、通信管理レポートを出力し、レポートに#記号1個、もしくは2個と数字3桁のエラーコードは出ていないかを確認してください。

●ソウシンチュウ表示が出る前に回線が切れリダイヤルタイキになる

原稿は正しくセットされていますか?
ゲンコウヲセットシテクダサイ等の表示は出ていませんか?

ダイヤル後、原稿は読み込まれていきますか?
回線はつながって いますか?

相手機からFAX信号音「ピーヒャラー」は聞こえてきますか?
回線が抜けていてもダイヤルは一応行うがT1タイマーだけ呼び出ししリダイヤルタイキになってしまいます。
受話器を上げてツー音の確認をしてください。

戻る


■特定の相手先にダイヤルすると「リダイヤルタイキチュウ」となってしまう

T1タイムアウトなどでリダイヤルになってしまう場合(海外送信時など)、相手先のFAX番号の末尾に「ポーズ」ボタンを何回か押してダイヤルしてください。

「ポーズ」ボタンは末尾に入れると、1回に付き10秒ずつ呼び出し時間が延長できます。
また、ワンタッチ/短縮ダイヤルに登録する時も、「ポーズ」ボタンを入れて登録してください。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

B300 / B405 / B500 / B600 / B610 / B620 / B650 / B660 / B670

 

[TOP▲]
このページのトップへ