短縮ダイヤルの登録方法(T500/T550/T560/T570)



短縮ダイヤルの登録方法(T500/T550/T560/T570)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008130



詳細情報:
  1. 短縮ダイヤルの登録方法(T500/T550/T560/T570)

【詳細1】短縮ダイヤルの登録方法(T500/T550/T560/T570)

T500/T550は短縮ダイヤルは、最大200件登録でき、その中の34件をワンタッチダイヤルとしても登録できます。
T560/T570は短縮ダイヤルは、最大250件登録でき、その中の48件をワンタッチダイヤルとしても登録できます。

  1. [ファンクション]ボタンを押してください。
  2. [ダイヤル登録]ボタンを押してください。
    「ダイヤル登録 1短縮ダイヤル登録」と表示されます。
  3. [▲](メニュー)ボタンで「1.短縮ダイヤル登録」を選択し、[セット]ボタンまたは[スタート]ボタンを押してください。
    「短縮ダイヤル登録 短縮番号=(1-999)」と表示されます。
  4. テンキーで利用したい短縮番号(001から999)を押した後、[セット]ボタンまたは[スタート]ボタンを押してください。
    ※入力した番号が既に利用されている場合、「登録済みです 短縮番号= 」と表示されます。
      [▼]ボタンで下記項目を選択し[セット]ボタンまたは[スタート]ボタンを押してください。
      1.取り消し・・・既に登録している電話番号を取り消しできます。手順「4」へ。
      2.修正・・・既に登録している電話番号を修正して新しい番号を登録できます。手順「5」へ。
      3.変更なし・・・既に登録されている電話番号を変更する必要がない場合、選択します。手順「4」へ。
  5. 登録したい相手の電話番号をテンキーで入力し、[セット]ボタンを押してください。
    ※番号の間にスペースを入れることはできません。
  6. サブダイヤルをテンキーで入力し、[セット]ボタンを押してください。
    サブダイヤル・・・FAX送信時、はじめに登録した番号がリダイヤルオーバーなどで送信できなかった時、サブダイヤルへ自動的にダイヤルします。登録する必要がなければ何も入力せずに[セット]ボタンを押してください。
  7. 相手先の名前を入力し、[セット]ボタンを押してください。
    登録する必要がなければ、何も入力せずに[セット]ボタンを押してください。
  8. 検索文字を確定後、[セット]ボタンを押してください。
  9. [▲]または[▼]ボタンでオプション設定をするか選択して、[セット]ボタンを押してください。
    YES・・・下記の付加機能を設定できます。
         1.終了・・・手順「10」へ。
         2.時刻指定・・・送信予約ができます。
         3.送信レポート・・・送信後、送信結果レポートを出力するかどうか設定できます。
         4.自動モニタ・・・通信中の音を出すことができます。
         5.海外通信・・・通常の方法でうまく海外通信ができない場合に設定します。
         6.サブアドレス・・・パスワード指定等の通信が必要な場合に設定します。
         7.済みスタンプ・・・読み込み済み原稿にスタンプを押すように設定できます。
    NO・・・手順「10」へ。
  10. [セット]ボタンを押してください。
    ※短縮ダイヤルとワンタッチダイヤルに登録を行う場合はワンタッチボタン(01〜34)を押し[セット]ボタンを押してください。
  11. 続けて登録する場合は手順「4」へ。
    登録を終了する場合は[ストップ]ボタンを押してください。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

T500 / T550 / T560 / T570

 

[TOP▲]
このページのトップへ