デスクトップマネージャーをアンインストール/再インストールする方法



デスクトップマネージャーをアンインストール/再インストールする方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008147



詳細情報:
  1. MultiPASS L100ソフトウェアの削除と再インストール方法
  2. MultiPASS B-10ソフトウェアの削除と再インストール方法
  3. MultiPASS B-20ソフトウェアの削除と再インストール方法
  4. MultiPASS B-30ソフトウェアの削除と再インストール方法
  5. MultiPASS B-25ソフトウェアの削除と再インストール方法
  6. MultiPASS C50/C70ソフトウェアの削除と再インストール方法

【詳細1】MultiPASS L100ソフトウェアの削除と再インストール方法

■概要

MultiPASS L100プリンタドライバやMultiPASS L100ファックスドライバを含む、MultiPASS Desktop Managerを再インストールするには、次のようにドライバソフトを削除した後にインストール操作してください。

■削除方法

  1. Windowsの「スタート」ボタンから「Canon MultiPASS L100ユーティリティ」グループのなかの「MultiPASSアンインストール」を使って、既存のDesktop Managerをアンインストールします。
  2. 同じく「スタート」ボタンから「プリンタ」を選択し、「Canon MultiPASS L100 Printer」と「Canon MultiPASS L100 FAX」のアイコンを削除します。
  3. Windowsを再起動します。 ※必ず、再起動してください。

■インストール方法

  1. 「スタートボタン」をクリックし、「設定」にポインタをあわせ、「プリンタ」をクリックし、「プリンタ」ウィンドウで「プリンタの追加」アイコンをダブルクリックします。
    そうすると「プリンタウィザード」ダイアログボックスが表示されます。
  2. 「次へ」をクリックします。「ローカルプリンタ」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
  3. プリンタドライバの製造元、プリンタを指定するダイアログボックスが表示されましたら、「ディスク使用」をクリックします。
  4. プリンタドライバのフロッピーディスクをFDドライブにセットします。
  5. 「配布ファイルのコピー元」欄にフロッピーディスクをセットしたドライブを指定して、「OK」をクリックします。
    通常はA:\です。
  6. 「プリンタ」欄に「Canon MultiPASS L100 Printer」と表示されていることを確認し、「次へ」をクリックします。
  7. 「利用できるポート」の一覧からMultiPASS L100を接続したポートをクリックして選び、「次へ」をクリックします。
    通常は「LPT1:プリンタポート」を選びます。
  8. 「プリンタ名」欄に「Canon MultiPASS L100 Printer」と表示されているのを確認し、「通常のプリンタとして使用しますか?」では「はい」をクリックして、「完了」ボタンをクリックします。
  9. プリンタドライバがインストールされると、続いてMultiPASS Desktop Managerのインストールの開始となります。
    FDドライブからプリンタドライバのフロッピーディスクを取り出し、Desktop Managerの1枚目のフロッピーディスクをセットします。
  10. 「ディレクトリ」欄にフロッピーディスクをセットしたドライブとインストールプログラムのファイル名「setup.exe」を指定して、「OK」をクリックします。
  11. 説明を読んで、「次へ」をクリックします。
  12. Desktop Managerをインストールするドライブ、フォルダを指定して「次へ」をクリックします。説明に従ってインストールボタンをクリックします。
  13. インストールが開始されます。
    インストール中は画面の指示に従ってフロッピーディスクを入れ替え、「OK」ボタンをクリックしてください。続いてハードウェアのテストが行われます。
  14. テストが終わったら、「次へ」をクリックします。
  15. 各種設定(氏名・FAX番号等のユーザー登録、受信設定など)の項目を入力します。
  16. 設定を確認して「はい」をクリックします。
  17. Readmeファイルを表示するかどうか、MultiPASSバックグラウンドを起動するかどうかを選んで、「終了」をクリックします。
    以上でDesktop Managerのインストールは終了です。

 

 

 

戻る

【詳細2】MultiPASS B-10ソフトウェアの削除と再インストール方法

■概要

MultiPASS B-10プリンタドライバやMultiPASS B-10ファクスドライバを含む、MultiPASS Desktop Managerを再インストールするには、次のように削除した後にインストールを行ってください。

■削除方法

  1. Windowsの「スタート」ボタンから「コントロールパネル」のなかの「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックし、「Canon MultiPASS Desktop Manager3.0」を選択し「追加と削除」ボタンをクリックします。
     ※このときMultiPASSサーバは必ず終了してください。終了していないと削除は出来ません。

  2. 指示に従い削除していきますが、出来るだけ完全に削除するようにしてください。この場合、電話帳などのデータも消えますのであらかじめ電話帳データのエクスポートなどバックアップを行ってください。
  3. 以上で「Canon MultiPASS Desktop Manager3.0」と「MultiPASS ODBC Interface」は削除できます。次に同じように「Canon ScanGear MultiPASS 4.0」を選択し「追加と削除」ボタンをクリックし削除します。
     ※完全にディレクトリも削除したい場合は、C:\Prigram Files\canonフォルダも削除してください。
  4. 同じく「スタート」ボタンから「プリンタ」を選択し、「Canon MultiPASS B-10 プリンタ」と「Canon MultiPASS B-10 ファクス」のアイコンを削除します。
  5. Windowsを再起動します。 ※必ず、再起動してください。

■インストール方法

  1. CD-ROMを挿入すると必要なアプリケーションが自動的にインストールされます。Desktop Manager、Scan Gear、プリンタドライバの順で続けてインストールされます。
  2. 「MultiPASS B-10 CD-ROM」を、CD-ROMドライブにセットします。
    MultiPASSのMaster installerが起動します。
  3. 「次へ」をクリックします。
    Desktop Manager 3.0用のインストールプログラムが起動します。次の画面が表示されるまで、しばらくおまちください。
  4. 「次へ」をクリックします。
    Desktop Managerのインストール先のドライブ名、フォルダ名が「インストール先のフォルダ」欄に表示されます。
  5. 「次へ」をクリックします。
    Desktop Managerのインストールするドライブやフォルダを変えたいときは、「参照」ボタンをクリックして、インストール先を変えて「次へ」をクリックします。
    ※ルートディレクトリへのインストールは避けてください。
  6. 受信モードの説明が出ましたら「次へ」をクリックします。
  7. 接続の確認ダイアログで「OK」をクリックします。
  8. 「留守番電話接続モード」にするとき(B-10に留守番電話を接続しているとき)は「はい」を、他のモードにするときは「いいえ」を選んで、「次へ」をクリックします。
    「はい」を選んだ時は「留守番電話接続モード」になり、それを確認するダイアログボックスが表示されるので、11の操作に進んでください。「いいえ」を選んだときは、次のダイアログボックスが表示されます。
  9. 「自動受信モード」にするとき(電話回線をファクス専用に使うとき)は「いいえ」を、他のモードにするときは「はい」を選んで、「次へ」をクリックします。
    「いいえ」を選んだときは「自動受信モード」になり、それを確認するダイアログボックスが表示されるので、11の操作へ進んでください。「はい」を選んだときは、次のダイアログボックスが表示されます。
  10. 「手動受信モード」にするとき(ファクスのときも、いちど受話器を取って自分で切り替えたいとき)は「はい」を、「FAX/TEL切り替えモード」にするとき(ファクスのときは自動的に受信し、電話の時は呼び出し音を鳴らすとき)は「いいえ」を選んで、「次へ」をクリックします。
  11. 選んだ受信モードを確認するダイアログボックスが表示されます。表示の内容は受信モードによって異なります。
  12. その受信モードでよければ「次へ」をクリックします。他の受信モードに変えたいときは「やりなおし」を選んでから「次へ」をクリックして、8の操作からやり直します。
  13. 「次へ」をクリックすると、インストールが始まります。
    しばらくすると「プログラムフォルダを選んでください」と出ます。
  14. 「次へ」をクリックします。
  15. ファクス発信元情報の各項目を入力します。
  16. 設定が終わりましたら「OK」をクリックします。
    インストールが終わると「セットアップの完了」ダイアログボックスが表示されます。
  17. 「完了」ボタンをクリックします。
    これでDesktop Managerのインストールは終わりです。続けてScan Gearのインストールが始まります。
  18. 「次へ」をクリックします。
    「インストールするフォルダの選択」ダイアログボックスが表示され、「インストール先のディレクトリ」欄にインストール先のドライブとフォルダが表示されます。
  19. 「次へ」をクリックします。
    Scan Gearをインストールするドライブやフォルダを変えたいときは、「参照」をクリックしてインストール先を変えてから「次へ」をクリックします。これでインストールが開始されます。
    インストールが終了すると、「セットアップの完了」ダイアログボックスが表示されます。
  20. 「終了」をクリックします。
    これでScan Gearのインストールは終わりです。Scan Gearのインストールが終わるとプリンタドライバのインストールが始まります。
  21. Windowsの再起動を促すダイアログボックスが表示されましたら、「はい」をクリックし、再起動します。

以上で、再インストールは終了です。

戻る

【詳細3】MultiPASS B-20ソフトウェアの削除と再インストール方法

■概要

MultiPASS B-20プリンタドライバやMultiPASS B-20ファクスドライバを含む、MultiPASS Suiteを再インストールするには、次のように削除した後にインストールを行ってください。

■削除方法

  1. Desktop Managerやカバーページ編集、MultiPASSツールバーなど、MultiPASSに関するユーティリティをすべて終了します。
  2. MultiPASSステータスモニタを終了します。
  3. Windowsの「スタート」ボタンから「コントロールパネル」のなかの「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックし、「Canon MultiPASS Suite 3.10」を選択し「追加と削除」ボタンをクリックします。
     ※このときMultiPASSステータスモニタは必ず終了してください。終了していないと削除は出来ません。
  4. 画面の指示に従い削除していきますが、出来るだけ完全に削除するようにしてください。この場合、電話帳などのデータも消えますのであらかじめ電話帳データのエクスポートなどバックアップを行ってください。
  5. 以上で「Canon MultiPASS Suite 3.10」と「Canon MultiPASS ODBC Interface」、「Canon ScanGear 4.0 for MultiPASS」の削除が行えます。
     ※完全にディレクトリも削除したい場合は、C:\Prigram Files\canonフォルダも削除してください。
  6. 同じく「スタート」ボタンから「プリンタ」を選択し、「Canon MultiPASS B-20 プリンタ」と「Canon MultiPASS B-20 ファクス」のアイコンを削除します。
  7. Windowsを再起動します。 ※必ず、再起動してください。


■インストール方法

  1. CD-ROMを挿入すると必要なアプリケーションが自動的にインストールされます。Desktop Manager、Scan Gear、プリンタドライバの順で続けてインストールされます。
  2. 「MultiPASS B-20 CD-ROM」を、CD-ROMドライブにセットします。
    MultiPASSのMaster installerが起動します。
  3. 「次へ」をクリックします。
    MultiPASS Suite 3.10用のインストールプログラムが起動します。次の画面が表示されるまで、しばらくおまちください。
  4. 「次へ」をクリックします。
    MultiPASS Suiteのインストール先のドライブ名、フォルダ名が「インストール先のフォルダ」欄に表示されます。
  5. 「次へ」をクリックします。
    MultiPASS Suiteのインストールするドライブやフォルダを変えたいときは、「参照」ボタンをクリックして、インストール先を変えて「次へ」をクリックします。
    ※ルートディレクトリへのインストールは避けてください。
  6. 受信モードの説明が出ましたら「次へ」をクリックします。
  7. 接続の確認ダイアログで「OK」をクリックします。
    ※MultiPASSの電源を入れてパソコンと接続されていないとインストールできません。
  8. 「留守番電話接続モード」にするとき(B-20に留守番電話を接続しているとき)は「はい」を、他のモードにするときは「いいえ」を選んで、「次へ」をクリックします。
    「はい」を選んだ時は「留守番電話接続モード」になり、それを確認するダイアログボックスが表示されるので、11の操作に進んでください。「いいえ」を選んだときは、次のダイアログボックスが表示されます。
  9. 「自動受信モード」にするとき(電話回線をファクス専用に使うとき)は「いいえ」を、他のモードにするときは「はい」を選んで、「次へ」をクリックします。
    「いいえ」を選んだときは「自動受信モード」になり、それを確認するダイアログボックスが表示されるので、11の操作へ進んでください。「はい」を選んだときは、次のダイアログボックスが表示されます。
  10. 「手動受信モード」にするとき(ファクスのときも、いちど受話器を取って自分で切り替えたいとき)は「はい」を、「FAX/TEL切り替えモード」にするとき(ファクスのときは自動的に受信し、電話の時は呼び出し音を鳴らすとき)は「いいえ」を選んで、「次へ」をクリックします。
  11. 選んだ受信モードを確認するダイアログボックスが表示されます。表示の内容は受信モードによって異なります。
  12. その受信モードでよければ「次へ」をクリックします。他の受信モードに変えたいときは「やりなおし」を選んでから「次へ」をクリックして、8の操作からやり直します。
  13. 「次へ」をクリックすると、インストールが始まります。
    しばらくすると「プログラムフォルダを選んでください」と出ます。
  14. 「次へ」をクリックします。
  15. ファクス発信元情報の各項目を入力します。
  16. 設定が終わりましたら「OK」をクリックします。
    インストールが終わると「セットアップの完了」ダイアログボックスが表示されます。
  17. 「完了」ボタンをクリックします。
    これでMultiPASS Suiteのインストールは終わりです。続けてScan Gearのインストールが始まります。
  18. 「次へ」をクリックします。
    「インストールするフォルダの選択」ダイアログボックスが表示され、「インストール先のディレクトリ」欄にインストール先のドライブとフォルダが表示されます。
  19. 「次へ」をクリックします。
    Scan Gearをインストールするドライブやフォルダを変えたいときは、「参照」をクリックしてインストール先を変えてから「次へ」をクリックします。これでインストールが開始されます。
    インストールが終了すると、「セットアップの完了」ダイアログボックスが表示されます。
  20. 「終了」をクリックします。
    これでScan Gearのインストールは終わりです。Scan Gearのインストールが終わるとプリンタドライバのインストールが始まります。
  21. セットアップの完了ダイアログが表示されたら、「完了」ボタンをクリックします。
  22. Windowsの再起動を促すダイアログボックスが表示されましたら、「はい、直ちにコンピュータを再起動します」をクリックし、再起動します。

以上で、再インストールは終了です。

戻る

【詳細4】MultiPASS B-30ソフトウェアの削除と再インストール方法

■ 概要

MultiPASS B-30プリンタドライバやMultiPASS B-30ファクスドライバを含む、MultiPASS Suiteを再インストールするには、次のように削除した後にインストールを行って下さい。

■ 操作方法

Windows NT/2000 の場合、MultiPASS Suite を削除(アンインストール)するときは、管理者または管理者権限でログオンする必要があります。

アンインストールすると、自分で作ったものも含めて、すべてのカバーページは削除されます。つぎのようなファイルやフォルダは、MultiPASS Suite を再インストールしたときに続けて使えるように、自動的には削除されません。
    ・  MultiPASS フォルダ
    ・  フ ァクスログ、電話帳などのデータのファイルやフォルダ
    ・  他 のアプリケーションと共有しているシステムファイル

Windows 98/Me でUSB 接続しているときは、USB ドライバも削除する必要があります。USB ドライバの削除にはMultiPASS Suite CD-ROM を使います。

● MultiPASS Suite のアンインストール

  1. Desktop Manager やカバーページ編集、MultiPASS ツールバーなど、MultiPASS に関するユーティリティをすべて終了します。
  2. MultiPASS ステータスモニタを終了します。
  3. Windows のデスクトップで[スタート]をクリックし、[設定]にを合わせ、[コントロール パ ネル]をクリックします。
  4. [コントロールパネル]で[アプリケーションの追加と削除]をダブルクリックします。
  5. [アプリケーションの追加と削除のプロパティ]画面で、[CanonMultiPASS Suite 3.20 ]をクリックして選び、Windows 95/98/Me/NT では[追加と削除]を、Windows 2000 では[変更/削除]をクリックします。
  6. 画面の指示にしたがって操作します。
    メッセージが表示されたら、Desktop Manager データベース(ファクスログや電話帳)を削除するかどうかを選びます。
    [Canon MultiPASS Suite 3.20 ]を削除すると、[Canon MultiPASSODBC Interface ]と[Canon ScanGear 4.0 for MultiPASS ]も自動的にアンインストールされます。

    ※  Windows 95 の場合、MultiPASS ODBC インタフェースとScanGear が自動的には削除されないことがあります。[アプリケーションの追加と削除のプロパティ]画面で、一覧にこれらのアプリケーションが残っていないかチェックし、残っている場合は自分で削除してください

 

● USB ドライバの削除(Windows 98/Me でUSB 接続の場合)

  1. MultiPASS Suite をアンインストールしてから、コンピュータのUSB ポートからUSB ケーブルをはずします。
  2. MultiPASS Suite CD- ROM をセットします。
    Autorun が起動したときは、[キャンセル]をクリックします。
  3. Windows のデスクトップで[スタート]をクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
  4. [ファイル名を指定して実行]画面で、つぎのようにMultiPASS Suite CD-ROM のフォルダとファイルを指定します。

    \ Setup\ USBDrvW98\ Disk1\ Unsteins.exe
  5. 画面の指示にしたがって操作します。
    削除したら、必ずコンピュータを再起動してください。

● MultiPASS Suite のインストール

  1. 「MultiPASS B-30」CD-ROMを、パソコンのCD-ROMドライブにセットします。
    パソコンの画面に「MultiPASS Master Installer」と表示されます。
        ※ 「MultiPASS Master Installer」と表示されなかった時・・・
             パソコン画面の「マイコンピュータ」をダブルクリックして開きます。
             CD-ROMのアイコンを右クリックし、表示されたメニュー「開く」をクリックします。
             CD-ROMのウィンドウが開いたら、Setupフォルダをダブルクリックし、その中の「Setup」(または「Setup.exe」)をダブルクリックします。
  2. 「次へ」をクリックします。
  3. 「続行」をクリックします。
    パラレルケーブル接続している場合7へ進んで下さい。
    USBケーブルで接続している場合は、4へ進んで下さい。
  4. 「デバイスを検索中」と表示され、「MultiPASSプリンタが見つかりません」と表示されたら、パソコンではなにも操作しないで、USBケーブルを、B30の後ろにあるUSBケーブル接続部に差込み、もう片方の端を、パソコンのUSBポートに差込みます。
    USB接続でWindows98、Meを使っているときは5へ、USB接続でWindows2000を使っているときは6へ進んで下さい。
  5. Windows98、Meの時は、「新しいハードウェア」という画面が表示されます。ここで、プリンタドライバがインストールされます。
    次に、「MultiPASSプリンタが見つかりません」という画面の「はい」をクリックします。
    「次のコンポーネントは・・・・」という画面が表示されたら、「OK」をクリックします。7へ進みます。
  6. 「ドライバを検索中」と表示されたあと、「新しいハードウェアの検索ウィザードの開始」と表示されるので、「次へ」をクリックします。
    「ハードウェアデバイスドライバのインストール」画面で「デバイスに最適なドライバを検索する(推奨)」にチェックが入っていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    「ドライバファイルの特定」画面で「CD-ROMドライブ」だけにチェックが入っていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    「ドライバファイルの検索」画面で「次へ」をクリックします。次に「・・・デジタル署名・・・」と表示されることがあります。この時は、「はい」をクリックして下さい。ここで、プリンタドライバがインストールされます。
    次に、「MultiPASSプリンタが見つかりません」という画面で「はい」をクリックします。
    「次のコンポーネントは・・・」という画面が表示されたら、「OK」をクリックします。
  7. 「ようこそ」の画面で「次へ」をクリックします。
  8. 「インストール先のフォルダを選択して下さい」の画面で、「次へ」をクリックします。
    MultiPASS Suiteのインストール先を変えたい時は、「参照」をクリックして、インストール先を指定してから、「次へ」をクリックします。
  9. 「MultiPASS B-30インストール」画面の表示をよく読んでから、「次へ」をクリックします。
  10. 受信モードを設定します。
    「留守番電話接続モード」にするとき(B-30に留守番電話を接続しているとき)は、「MultiPASS B-30に留守番電話をつけていますか?」で「はい」をクリックして「次へ」をクリックします。他のモードにするときは、「いいえ」をクリックして「次へ」をクリックします。
    「はい」を選んだときは、11の操作へ進んで下さい。
    「自動受信モード」にするとき(電話回線をファクス専用に使うとき)は、「この電話番号をファクスと電話の両方に使いますか?」で「いいえ」をクリックして「次へ」をクリックします。
    「いいえ」を選んだときは、11の操作へ進んで下さい。

    「手動受信モード」にするとき(ファクスのときも、一度受話器を取って自分で切り替えたいとき)は、「電話だけでなくファクスのときも、受話器を取って応答しますか?」で「はい」をクリックして「次へ」をクリックします。
    「FAX/TEL切り換えモード」にするときは、「いいえ」をクリックして「次へ」をクリックします。
  11. 次に、選択した受信モードの内容が表示されます。表示された受信モードでいいときは、「次へ」をクリックします。
    他の受信モードに変えたいときは、「やり直し」をクリックして「次へ」をクリックし、10の操作からやり直して下さい。
  12. 選んだ受信モードを確認する画面が表示されます。「次へ」をクリックします。インストールが始まります。
  13. 発信元情報を設定します。
    「MultiPASS Suiteのプログラムフォルダを選択します」画面で「次へ」をクリックします。
    「ファクス発信元情報設定」画面で、氏名、ファクス番号、社名、外線接続番号を入力して下さい。
    社名以外は、半角文字で入力して下さい。
    設定したら「OK」をクリックします。
    インストールが終わると「セットアップ完了」の画面が表示されます。
  14. 「完了」をクリックします。
    パラレルケーブルで、WindowsNTか2000のときは、ここでプリンタドライバがインストールされます。
    これでMultiPASS Suiteのインストールは終わりです。
  15. 続けてScan Gearとプリンタドライバをインストールします。
    「ようこそ」の画面が出るまでしばらくお待ち下さい。表示されましたら、「次へ」をクリックします。
  16. 「インストールするフォルダの選択」の画面が表示され、「インストール先のデイレクトリ」欄にインストール先のドライブとフォルダが表示されますので、「次へ」をクリックします。
    インストールするドライブやフォルダを変えたいときは、「参照」をクリックして新しいインストール先を指定してから、「次へ」をクリックします。
    これで、インストールが開始されます。
  17. インストールが終了すると、「セットアップの完了」画面が表示されます。「終了」をクリックします。
    これで、Scan Gearのインストールは終わりです。
    パラレルケーブルでWindows95や98、Meの場合は、この後続けてプリンタドライバのインストールが始まります。
  18. インストールが終わると、MultiPASSツールバーが表示されます。
    次の画面が表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
  19. 「セットアップの完了」の画面が表示されたら、「完了」をクリックします。
    これで、インストールは終わりです。
  20. Windowsの再起動を促す画面が表示されたら、「はい、直ちにコンピューターを再起動します」をチェックし、再起動します。

以上で、再インストールは終了です。

 

 

戻る

【詳細5】MultiPASS B-25ソフトウェアの削除と再インストール方法

■ 概要

MultiPASS B-25プリンタドライバやMultiPASS B-25ファクスドライバを含む、MultiPASS Suiteを再インストールするには、次のように削除した後にインストールを行って下さい。

■ 操作方法

Windows NT/2000 の場合、MultiPASS Suite を削除(アンインストール)するときは、管理者または管理者権限でログオンする必要があります。

アンインストールすると、自分で作ったものも含めて、すべてのカバーページは削除されます。つぎのようなファイルやフォルダは、MultiPASS Suite を再インストールしたときに続けて使えるように、自動的には削除されません。

  • MultiPASS フォルダ
  • フ ァクスログ、電話帳などのデータのファイルやフォルダ
  • 他 のアプリケーションと共有しているシステムファイル

Windows 98/Me でUSB 接続しているときは、USB ドライバも削除する必要があります。USB ドライバの削除にはMultiPASS Suite CD-ROM を使います。

● MultiPASS Suite のアンインストール

  1. Desktop Manager やカバーページ編集、MultiPASS ツールバーなど、MultiPASS に関するユーティリティをすべて終了します。
  2. MultiPASS ステータスモニタを終了します。
  3. Windows のデスクトップで[スタート]をクリックし、[設定]にを合わせ、[コントロール パ ネル]をクリックします。
  4. [コントロールパネル]で[アプリケーションの追加と削除]をダブルクリックします。
  5. [アプリケーションの追加と削除のプロパティ]画面で、[CanonMultiPASS Suite 3.21 ]をクリックして選び、Windows 95/98/Me/NT では[追加と削除]を、Windows 2000 では[変更/削除]をクリックします。
  6. 画面の指示にしたがって操作します。
    メッセージが表示されたら、Desktop Manager データベース(ファクスログや電話帳)を削除するかどうかを選びます。[Canon MultiPASS Suite 3.21 ]を削除すると、[Canon MultiPASSODBC Interface ]と[Canon ScanGear 4.0 for MultiPASS ]も自動的にアンインストールされます。

※ Windows 95 の場合、MultiPASS ODBC インタフェースとScanGear が自動的には削除されないことがあります。[アプリケーションの追加と削除のプロパティ]画面で、一覧にこれらのアプリケーションが残っていないかチェックし、残っている場合は自分で削除してください。

● USB ドライバの削除(Windows 98/Me でUSB 接続の場合)

  1. MultiPASS Suite をアンインストールしてから、コンピュータのUSB ポートからUSB ケーブルをはずします。
  2. MultiPASS Suite CD- ROM をセットします。
  3. Autorun が起動したときは、[キャンセル]をクリックします。
  4. Windows のデスクトップで[スタート]をクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
  5. [ファイル名を指定して実行]画面で、つぎのようにMultiPASS Suite CD-ROM のフォルダとファイルを指定します。
    \ Setup\ USBDrvW98\ Disk1\ Unsteins.exe
  6. 画面の指示にしたがって操作します。
    削除したら、必ずコンピュータを再起動してください。

● MultiPASS Suite のインストール

  1. 「MultiPASS B-25」CD-ROMを、パソコンのCD-ROMドライブにセットします。
    パソコンの画面に「MultiPASS Master Installer」と表示されます。
      ※ 「MultiPASS Master Installer」と表示されなかった時・・・
          パソコン画面の「マイコンピュータ」をダブルクリックして開きます。
          CD-ROMのアイコンを右クリックし、表示されたメニュー「開く」
          をクリックします。
    CD-ROMのウィンドウが開いたら、Setupフォルダをダブルクリックし、
    その中の「Setup」(または「Setup.exe」)をダブルクリックします。
  2. 「次へ」をクリックします。
  3. 「続行」をクリックします。
    パラレルケーブル接続している場合7へ進んで下さい。
    USBケーブルで接続している場合は、4へ進んで下さい。
  4. 「デバイスを検索中」と表示され、「MultiPASSプリンタが見つかりません」と表示されたら、パソコンではなにも操作しないで、USBケーブルを、B-25の後ろにあるUSBケーブル接続部に差込み、もう片方の端を、パソコンのUSBポートに差込みます。
    USB接続でWindows98、Meを使っているときは5へ、USB接続でWindows2000を使っているときは6へ進んで下さい。
  5. Windows98、Meの時は、「新しいハードウェア」という画面が表示されます。ここで、プリンタドライバがインストールされます。
    次に、「MultiPASSプリンタが見つかりません」という画面の「はい」をクリックします。
    「次のコンポーネントは・・・・」という画面が表示されたら、「OK」をクリックします。7へ進みます。
  6. 「ドライバを検索中」と表示されたあと、「新しいハードウェアの検索ウィザードの開始」と表示されるので、「次へ」をクリックします。
    「ハードウェアデバイスドライバのインストール」画面で「デバイスに最適なドライバを検索する(推奨)」にチェックが入っていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    「ドライバファイルの特定」画面で「CD-ROMドライブ」だけにチェックが入っていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    「ドライバファイルの検索」画面で「次へ」をクリックします。次に「・・・デジタル署名・・・」と表示されることがあります。この時は、「はい」をクリックして下さい。ここで、プリンタドライバがインストールされます。
    次に、「MultiPASSプリンタが見つかりません」という画面で「はい」をクリックします。「次のコンポーネントは・・・」という画面が表示されたら、「OK」をクリックします。
  7. 「ようこそ」の画面で「次へ」をクリックします。
  8. 「インストール先のフォルダを選択して下さい」の画面で、「次へ」をクリックします。
    MultiPASS Suiteのインストール先を変えたい時は、「参照」をクリックして、インストール先を指定してから、「次へ」をクリックします。
  9. 「MultiPASS B-25インストール」画面の表示をよく読んでから、「次へ」をクリックします。
  10. 受信モードを設定します。
    「留守番電話接続モード」にするとき(B-25に留守番電話を接続しているとき)は、「MultiPASS B-25に留守番電話をつけていますか?」で「はい」をクリックして「次へ」をクリックします。他のモードにするときは、「いいえ」をクリックして「次へ」をクリックします。
    「はい」を選んだときは、11の操作へ進んで下さい。
    「自動受信モード」にするとき(電話回線をファクス専用に使うとき)は、「この電話番号をファクスと電話の両方に使いますか?」で「いいえ」をクリックして「次へ」をクリックします。
    「いいえ」を選んだときは、11の操作へ進んで下さい。
    「手動受信モード」にするとき(ファクスのときも、一度受話器を取って自分で切り替えたいとき)は、「電話だけでなくファクスのときも、受話器を取って応答しますか?」で「はい」をクリックして「次へ」をクリックします。
    「FAX/TEL切り換えモード」にするときは、「いいえ」をクリックして「次へ」をクリックします。
  11. 次に、選択した受信モードの内容が表示されます。表示された受信モードでいいときは、「次へ」をクリックします。
    他の受信モードに変えたいときは、「やり直し」をクリックして「次へ」をクリックし、10の操作からやり直して下さい。
  12. 選んだ受信モードを確認する画面が表示されます。「次へ」をクリックします。インストールが始まります。
  13. 発信元情報を設定します。
    「MultiPASS Suiteのプログラムフォルダを選択します」画面で「次へ」をクリックします。
    「ファクス発信元情報設定」画面で、氏名、ファクス番号、社名、外線接続番号を入力して下さい。
    社名以外は、半角文字で入力して下さい。
    設定したら「OK」をクリックします。
    インストールが終わると「セットアップ完了」の画面が表示されます。
  14. 「完了」をクリックします。
    パラレルケーブルで、WindowsNTか2000のときは、ここでプリンタドライバがインストールされます。
    これでMultiPASS Suiteのインストールは終わりです。
  15. 続けてScan Gearとプリンタドライバをインストールします。
    「ようこそ」の画面が出るまでしばらくお待ち下さい。表示されましたら、「次へ」をクリックします。
  16. 「インストールするフォルダの選択」の画面が表示され、「インストール先のデイレクトリ」欄にインストール先のドライブとフォルダが表示されますので、「次へ」をクリックします。
    インストールするドライブやフォルダを変えたいときは、「参照」をクリックして新しいインストール先を指定してから、「次へ」をクリックします。
    これで、インストールが開始されます。
  17. インストールが終了すると、「セットアップの完了」画面が表示されます。「終了」をクリックします。
    これで、Scan Gearのインストールは終わりです。
    パラレルケーブルでWindows95や98、Meの場合は、この後続けてプリンタドライバのインストールが始まります。
  18. インストールが終わると、MultiPASSツールバーが表示されます。
    次の画面が表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
  19. 「セットアップの完了」の画面が表示されたら、「完了」をクリックします。
    これで、インストールは終わりです。
  20. Windowsの再起動を促す画面が表示されたら、「はい、直ちにコンピューターを再起動します」をチェックし、再起動します。

以上で、再インストールは終了です。




戻る

【詳細6】MultiPASS C50/C70ソフトウェアの削除と再インストール方法

■ 概要

MultiPASSプリンタドライバやMultiPASSファクスドライバを含む、MultiPASS Suiteを再インストールするには、次のように削除した後にインストールを行って下さい。

■ 操作方法

Windows NT/2000/XP の場合、MultiPASS Suite を削除(アンインストール)するときは、管理者または管理者権限でログオンする必要があります。

アンインストールすると、自分で作ったものも含めて、すべてのカバーページは削除されます。つぎのようなファイルやフォルダは、MultiPASS Suite を再インストールしたときに続けて使えるように、自動的には削除されません。

  • MultiPASS フォルダ
  • フ ァクスログ、電話帳などのデータのファイルやフォルダ
  • 他 のアプリケーションと共有しているシステムファイル

● MultiPASS Suite のアンインストール

  1. MultiPASSステータスモニタやMultiPASS ツールバーなど、MultiPASS に関するユーティリティをすべて終了します。
  2. Windows のデスクトップで[スタート]をクリックし、[設定]にを合わせ、[コントロール パ ネル]をクリックします。
  3. [コントロールパネル]の[アプリケーションの追加と削除(Windows XPでは、プログラムの追加と削除)]をダブルクリックします。
  4. [アプリケーションの追加と削除(Windows XPでは、プログラムの追加と削除)のプロパティ]画面で、[CanonMultiPASS Suite 4.00 ]をクリックして選び、Windows 95/98/Me/NT では[追加と削除]を、Windows 2000/XP では[変更/削除]をクリックします。
  5. 画面の指示にしたがって操作します。
    再インストール後に、現在のMultiPASSデータベース(スキャンした画像やファクスログなど)を使用する場合には、[スキャンした画像を含む現在のMultiPASSデータベースを完全に削除しますか]と表示されたら[いいえ]をクリックします。完全に削除する場合は、「はい」をクリックします。なお、[Canon MultiPASS Suite 4.00 ]を削除すると、MultiPASSに関連するプログラムについては自動的にアンインストールされます。

● MultiPASS Suite のインストール

パラレルケーブルを使用する場合には、ケーブルを接続した上でインストールを行います。また、USBケーブルを使用する場合には、インストール中にケーブルを接続します。詳しくは、次の手順をご参照ください。

  1. 本体付属のCD-ROMを、パソコンのCD-ROMドライブにセットします。インストーラーが起動し、インストールメニューが表示されます。
    インストーラーが自動的に起動しない場合には、CD-ROMの[Setup.exe]をダブルクリックします。
  2. インストールメニューが表示されたら、[MultiPASS Suite]をクリックします。
  3. [MultiPASS セットアップ画面]で「次へ」をクリックします。
  4. 「続行」をクリックします。
  5. 使用許諾書の内容に合意するときは、「はい」をクリックします。
  6. [プリンタの選択]のダイアログでは、インストールするプリンタを選択し、「次へ」をクリックします。
      ※ USBケーブルで接続している場合は、7へ進んで下さい。
      ※ パラレルケーブルで接続している場合は、8へ進んで下さい。
  7. プリンタケーブルを本機とパソコンのケーブルに接続するようにメッセージが表示されたら、プリンタケーブルを接続してください。接続後、USBドライバがインストールされていることを示すメッセージが表示されたら、インストールが終わるまで待ち、「はい」をクリックします。
  8. あとは、メッセージの表示にしたがいインストールを行ってください。
  9. 「セットアップの完了」の画面が表示されたら、「完了」をクリックし、Windowsの再起動を行います。

以上で、再インストールは終了です。




戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

L200 / L300

 

[TOP▲]
このページのトップへ