##345と表示される



##345と表示される
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008341



詳細情報:
  1. ##345エラーコード回避方法

【詳細1】##345エラーコード回避方法

■現象

「##345」のエラーコードが液晶画面に表示され、受信したFAXなどのプリントができません。

 

■原因

##345とは、BJカートリッジのヘッドクリーニングエラーで異物が混入した場合に表示されるプリンタ関係のエラーコードです。

 

■対処方法

  1. 記録紙カセット、背面カバー、プリンタカバーを開け記録紙が詰まっていないかご確認ください。詰まっている場合には、詰まりを取り除き「ストップ」ボタンを押したあと、エラーが消えるかご確認ください。また代行受信している場合には、「スタート」ボタンを押し、受信した内容を出力します。
    ※B600/B610/B620/B650/B660/B670は、エラーが回避すると「スタート」ボタンを押すことなく自動的に出力します。

  2. 記録紙詰まりを確認し特に詰まりがない場合や、「ストップ」ボタンを押してもエラーが回避されない場合には電源再投入で回避されるかご確認ください。
    ※メモリバックアップのない機種(B300/B405)では、メモリ内の画像データが消去されますので、ご注意ください。

以上の点を確認しても改善されない場合や頻繁に現象が発生する場合には、本体トラブルが考えられますので本体の点検修理をご依頼ください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

B300 / B405 / B500 / B600 / B610 / B620 / B650 / B660 / B670

 

[TOP▲]
このページのトップへ