同報送信の操作方法(BJシリーズ)



同報送信の操作方法(BJシリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008616



詳細情報:
  1. 同報送信の操作方法(B200)
  2. 同報送信の操作方法(B300/B400)
  3. 同報送信の操作方法(B500)
  4. 同報送信の操作方法(B600)
  5. 同報送信の操作方法(B650)
  6. 同報送信の操作方法(B610/620/630/660/670/680)
  7. 同報送信の操作方法(ファクスホン8)

【詳細1】同報送信の操作方法(B200)

B200は、同報送信の機能がありません。

戻る

【詳細2】同報送信の操作方法(B300/B400)
  1. 原稿をセットして下さい。
  2. 電話番号を順にダイヤルして下さい。
    ・ワンタッチダイヤルでは、20ヶ所まで指定できます。
    ・短縮ダイヤルでは、100ヶ所まで指定できます。
    ・テンキーでは、5ヶ所まで指定できます。
     テンキーの場合、1件の電話番号を指定したら必ずセットボタンを押して下さい。
  3. [スタート]ボタンを押して下さい。
    原稿が読み込まれた後、短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤル、テンキーの順に送信されます。
    送信が終了すると原稿は消去されます。


※次の電話番号をダイヤルするときは5秒以上間隔をあけないようにして下さい。5秒以上経過すると、原稿のメモリへの読み込みが自動的に開始されてしまします。

戻る

【詳細3】同報送信の操作方法(B500)
  1. 原稿をセットして下さい。
  2. 電話番号を順にダイヤルして下さい。
    ・ワンタッチダイヤルでは、40ヶ所まで指定できます。
    ・短縮ダイヤルでは、100ヶ所まで指定できます。
    ・テンキーでは、5ヶ所まで指定できます。
     テンキーの場合、1件の電話番号を指定したら必ずセットボタンを押して下さい。
  3. [スタート]ボタンを押して下さい。
    原稿が読み込まれた後、短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤル、テンキーの順に送信されます。
    送信が終了すると原稿は消去されます。


※次の電話番号をダイヤルするときは5秒以上間隔をあけないようにして下さい。5秒以上経過すると、原稿のメモリへの読み込みが自動的に開始されてしまします。

戻る

【詳細4】同報送信の操作方法(B600)
  1. 原稿をセットして下さい。
  2. 電話番号を順にダイヤルして下さい。
    ・ワンタッチダイヤルでは、20ヶ所まで指定できます。
    ・短縮ダイヤルでは50ヶ所まで指定できます。
    ・テンキーでは、1ヶ所まで指定できます。
     テンキーの場合、電話番号を指定したら必ず[セット]ボタンを押して下さい。
  3. [スタート]ボタンを押して下さい。
    原稿が読み込まれた後、短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤル、テンキーの順に送信されます。
    送信が終了すると原稿は消去されます。


※最初の電話番号をダイヤルして5秒以上、2番目以降の電話番号をダイヤルしてからは10秒以上の間隔をあけると、原稿のメモリへの読み込みが自動的に開始されます。

戻る

【詳細5】同報送信の操作方法(B650)
  1. 原稿をセットして下さい。
  2. 電話番号を順にダイヤルして下さい。
    ・ワンタッチダイヤルでは、20ヶ所まで指定できます。
    ・短縮ダイヤルでは、100ヶ所まで指定できます。
    ・テンキーでは、1ヶ所まで指定できます。
  3. [スタート]ボタンを押して下さい。
    原稿が読み込まれた後、短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤル、テンキーの順に送信されます。
    送信が終了すると原稿は消去されます。


※最初の電話番号をダイヤルして5秒以上、2番目以降の電話番号をダイヤルしてからは10秒以上の間隔をあけると、原稿のメモリへの読み込みが自動的に開始されます。

戻る

【詳細6】同報送信の操作方法(B610/620/630/660/670/680)
  1. 原稿をセットして下さい。
  2. 電話番号を順にダイヤルして下さい。
    ・ワンタッチダイヤルでは、44ヶ所まで指定できます。
    ・短縮ダイヤルでは、100ヶ所まで指定できます。
    ・テンキーでは、1ヶ所まで指定できます。
     テンキーの場合、電話番号を指定したら必ず[セット]ボタンを押して下さい。
  3. [スタート]ボタンを押して下さい。
    原稿が読み込まれた後、短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤル、テンキーの順に送信されます。
    送信が終了すると原稿は消去されます。


※最初の電話番号をダイヤルして5秒以上、2番目以降の電話番号をダイヤルしてからは10秒以上の間隔をあけると、原稿のメモリへの読み込みが自動的に開始されます。

戻る

【詳細7】同報送信の操作方法(ファクスホン8)
  1. 原稿をセットして下さい。
  2. 電話番号を順にダイヤルして下さい。
    ・ワンタッチダイヤルでは、8ヶ所まで指定できます。
    ・短縮ダイヤルでは、100ヶ所まで指定できます。
    ・テンキーでは、1ヶ所まで指定できます。
     テンキーの場合、電話番号を指定したら必ず[スタート/コピー]ボタンを押して下さい。
  3. [スタート]ボタンを押して下さい。

※最初の電話番号をダイヤルして5秒以上、2番目以降の電話番号をダイヤルしてからは10秒以上の間隔をあけると、原稿のメモリへの読み込みが自動的に開始されます。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

B300 / B405 / B500 / B600 / B610 / B620 / B650 / B660 / B670

 

[TOP▲]
このページのトップへ