ファームウェアバージョン2.0でユーザー管理者モードに移行された項目は?



ファームウェアバージョン2.0でユーザー管理者モードに移行された項目は?
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000002868



ファームウェアVer2にて、以下の項目をシステム管理者モードからユーザー管理者モードに移行致しました。

項目 内容
プロバイダ設定 ・WANポートの設定を追加
・自動切断時間等の詳細設定を追加
発信設定 ・インターネット自動接続、発信者番号通知、課金制限設定が可能
装置環境設定表示 ・MUのIPアドレス、MACアドレス、無線IP端末開始IPアドレスを表示
装置アクセスポイント設定表示 ・MUのESS ID、無線チャネルを表示
プラグ&プレイ設定表示 ・MUがDHCPサーバとして提供するIPアドレスプール状況等を表示
電話クイック設定 ・回線別着信形式、着信先端末指定、転送先電話番号設定項目を追加
・各端末の外線発番号通知設定項目を追加
着信鳴動グループ設定 ・各着信鳴動グループに収容する端末を設定可能
着番号別設定 ・ダイヤルインとiナンバーの設定が可能


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

canoLink 4016ie

 

[TOP▲]
このページのトップへ